パパの抱っこで赤ちゃんが泣く!私達夫婦が試した効果的な方法を伝授!

パパの抱っこが大好き!
という赤ちゃんもいると思いますが、
「パパ見知り」なんて言葉もあるくらいですので
多くの赤ちゃんは基本的にパパよりもママの
抱っこで落ち着く子が多いのだ思います。

我が家もパパの抱っこで娘が凄まじく泣きました。

泣いている時に、パパが抱っこをすると悲鳴に
近いような泣き方をしるのでパパはかなり
落ち込んでいました。

そこで、なぜ赤ちゃんはパパの抱っこで泣くのか
どうすれば改善されるのかその方法を紹介します。

スポンサーリンク

パパの抱っこで赤ちゃんが泣く!その解決法とは?

パパ抱っこで泣くのはいつごろから?

我が家の場合ですが、新生児の頃はパパが
抱っこをしても泣きませんでした。

もうすぐ1ヶ月になるな~という頃から徐々に
パパの抱っこで泣く回数が増えていき、
1ヶ月すぎた頃には、悲鳴のような声を上げ
ながら泣き叫び最終的には声が枯れてしまう
ほどに叫んでいました。

お風呂はパパが毎日入れてくれているので、
おそらくパパが嫌いとかではないのでしょうが、
お風呂以外での抱っこはまだ首もすわって
いないのに、

動かせる体の部分全てを動かして全身で拒否!

という、かなり困った状態になっていました。

また、生後6ヶ月ごろの人見知りが始まり出す頃
に「パパ見知り」になって、
それまで平気だったのに突然パパの抱っこを嫌がる
子もいるようです。

パパも赤ちゃんのお世話をしましょう!

上記で書いたように、我が家ではパパは全力で
拒絶されていました。

このままでは、私がつきっきりでお世話をする
ことになり、かなりの負担でした。

そこで、色々と原因になりそうな物を調べた所

・パパが抱っこに慣れていない
・パパの不安が赤ちゃんに伝わって不安にさせている

事が考えられるかも?と思いました。

パパが毎回、自分が抱っこをしてギャン泣きされ
る事で「また泣くかも」と不安に思っていると、
赤ちゃんにはしっかり伝わってしまいます。

スポンサーリンク

怖がらずに、泣かれても抱っこをしてパパに
慣れてもらうしかないのですが、
まずはオムツ交換やミルクをあげる回数を
増やして、スキンシップをとると赤ちゃんも
パパもお互いに慣れてきます。

我が家も基本的には母乳で育てたかったのですが
パパにもお世話をしてもらえるよう、お風呂は
完全にパパの仕事で、お風呂からあがった後の
水分補給はミルクに変更しました。

最初はゲップをさせるのも一苦労で、
見ている方も疲れましたが、
徐々に慣れていき、最終的にはお風呂上がりは
パパの抱っこで眠るまでになりました。

次に我が家で実践したのは、

「パパの抱っこのやり方指導」

です。

私は客観的に見て「肩に力が入っているな~」
と感じたのですが、慣れるまでは力が入るようで
気がついたら指摘するようにしました。

さらに、スマホで私が抱っこをしている姿を撮り
次に、パパが赤ちゃんを抱っこしている姿を撮影
します。

この2枚を見比べてみると、パパの抱っこと
ママの抱っこ、どこがどう違うのかがよく分かり
ます。

たくさん話しかけましょう!

赤ちゃんは高いトーンの声は聞き取りやすい
ので、ママの声はお腹の中でも聞いていましたし
良く聞こえています。

ところが、パパの声は少し赤ちゃんには聞き取り
づらく、また大きな声も苦手です。

赤ちゃんを抱っこするときやお世話をするとき
には、最初にいつもより少しだけ高めの声で、
ゆっくり話しかけてから抱っこをしましょう。

もちろん、話しかけても赤ちゃんは意味を
わかっていません。

でも、これからパパに抱っこされる、
オムツを変えてもらえる、ミルクをもらえる
など、なんとなく伝わるようで、何も言わずに
突然抱っこした時よりも素直に受け入れています。

赤ちゃんなりに、心の準備があるのかもしれません…

生後1、2ヶ月の赤ちゃんでもこちらから話し
かけると、じっと見つめてきます。

3、4ヶ月頃になると、話しかけると
足をばたつかせて喜んだり、笑ったりしてくれます。

言葉が分からない赤ちゃんに、何を話しかけたら
いいのか分からない!というパパには、

「これからパパとお風呂にはいろうか!」

など一言声をかけていれば、すぐに慣れます。

パパ抱っこで赤ちゃんが泣かなくなるには、
日頃のお世話とスキンシップ、ママの真似を
して、くじけずに抱っこをしてあげてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ