子育てしながら仕事ができる在宅。私が経験してわかった大切な事

突然ですが、出産から大学卒業までの22年間で、
どれくらい費用がかかるか知っていますか?

学費だけで考えても1000万前後。

習い事や塾、子育て費用ぜーんぶ合わせると
3000万ほどかかると言われています。

この話を聞いただけで倒れそう…。

そうです!
現代は子育てにはお金が必要なのです!!

とは言え、待機児童問題はなかなか解消されず、
小さい子供がいる家庭にとっては働きにくい
状況には変わりありません。

私も子どもが年少になるまで家で専業主婦をして
いましたが、共働きの時とはお金の使い方も全く
違います。

なおかつ、4年近くも子育てしかしていなかった
ので、社会に復帰できるのか不安でした。

子育て中のママの世界って独特で、
狭い範囲でしか行動しないので外の世界から
取り残された気がするんです。

子育てってとっても大変な仕事です。

自分の時間は取れないし、子ども優先第一の生活。
でも、毎日が単調で大きな変化がない。

「今日は何して時間潰す~??」

なんて子どもと相談していました。

何か刺激が欲しい!!そう思っていた時に
雑誌で見たのが、子どもの養育費の事でした。

『大学出すまでに3000万!?』

今のうちから子どものために貯金しなきゃ!!!

でも、貯金できるほど余裕ない!!

仕事しなきゃ!!

スポンサーリンク

子育てと仕事の両立が可能!?在宅ってどんな感じ?

仕事しなきゃ!!と思っても、保育園は空いて
いないし、一時預かり事業所も順番待ち。

まずは自分の身が自由になるときがなければ
仕事できません。

保育園に預けれたとしても、ちょっとパートする
くらいでは保育料に消えていきます。

「うーん。困った。」

そこで友達に教えてもらったのが
『自宅でできる仕事』でした。

スポンサーリンク

『自宅でできる仕事』と聞くと、少し前は
シール貼りやティッシュ詰めなど。

今はほとんどそのような仕事はありません。

PC・スマートフォンでできる仕事がほとんどです。

私はネットショッピングサイトの出品の仕事や、
海外からの商品の梱包の仕事などを経験しました。

子育てしながらなので、1日1時間程度しか
時間が取れませんでしたが、生活にメリハリが
できました。

専業主婦の間は、家に居ることが多いので
家の事は『明日にしよ~。』なんて思うことが
ありましたが、仕事を持ってからは

『今日できる事は今日のうちに!
その分、在宅の仕事に時間を使おう!』

と時間の使い方も変わりました。

なにより、自分で仕事をしてお金を頂ける事が
久しぶりで嬉しかったです。

月に2万円前後でしたが、そのお金で子どもと
ショッピングモールへ行った時にお茶してみたり。

プチ贅沢できて、子育てのストレスも少し解消
された気がします。

仕事をして分かったこと

子育てをしながら自宅でお仕事、
正直期待できるほどお給料はありません。

でも、出産から子育てしかしていなかった私に
とっては刺激的で、忙しいながらにも充実感が
ありました。

独身で仕事をしていた時は、自分のために
お給料を使うのが楽しみでしたが、
専業主婦になってからは、旦那のお給料で
自分の物を買ったり、子どもと楽しんだり
することに少し抵抗がありました。

旦那は「何でも買えるなら買っていいよ~」
「子どもと遊びに行ってきたらいいのに。」
なんて言ってくれますが、
自分のお金じゃないし…。
と変な遠慮がありました。

少ないながらも自分で稼いだお金、自分に使おうが
子どもに使おうが遠慮は必要ありません!

ほんの少しですが、仕事に向き合える時間を作り、
自分の稼いだお金で子どもと楽しめる!

これがストレス解消にもなりました。

子育てが単調で少し刺激が欲しいママ。

将来のために少しでも貯金できる資金を
作りたいママ。

自宅でできることがら始めて見てください。

お金だけではない他の何かも得られる気がします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ