赤ちゃんの便秘が何日も続く…病院?その前に読んで欲しい私の体験談

赤ちゃんのうんちが1・2日出ていない。
もしかして便秘!?
なんて思うことありませんか。

実は赤ちゃんの便秘はよくあること。

我が子も便秘には何度もなりました。

大切な事は、便秘かな?と思った時に赤ちゃんの様子を
しっかり見てあげることです。

・機嫌が悪い
・うんちをするときに苦しそう
・おっぱいやミルクの飲む量が少なくなった
・嘔吐した

このような症状があるようであれば、
病院に受診することをおすすめします。

特に症状がなければ病院に行かなくてもいいの??
って不安になりますよね。

そんな時に不安にならないように、
便秘の原因を知っておきましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘!主な原因と解消方法

赤ちゃんの便秘は何が原因??

生後4か月くらいまでの赤ちゃんは
母乳・ミルクのみで成長します。

なので、一番多い便秘の原因は
母乳・ミルクの量が足りていないことです。

特に母乳の場合は実際に赤ちゃんが飲んでいる量が
はっきりわからないので、注意が必要です。

母乳をあげた後にミルクを飲ましてもゴクゴク
飲むようなら足りていないのかもしれませんね。

離乳食が始まる時期の赤ちゃんは、
今まで母乳やミルクから摂っていた水分量が
少なくなり、便秘になりやすい時期です。

また、初めて食べる食材で消化しきれずに
うんちにそのまま出てきたり、うんちの状態が
ゆるかったり、固かったりと安定しない時期でも
あります。

食べた食材がそのまま出てきた!!
なんて良くあることです。

ウンチの色もほうれん草を食べたら緑だったり、
ブルーベリーを食べたら紫のウンチが出てきて、
さすがにびっくりした覚えがあります。

また、ハイハイを始めると運動量が増え、
汗をかきます。汗をかくことによる水分不足も
便秘の原因に繋がります。

その他の原因

生まれつき腸や肛門などに異常を持っている
赤ちゃんもいます。

我が子は生後24時間たってもおしっこ・うんちが
一度も出ず肛門の異常を疑われ、検査をするか
相談されました。

看護師さんに浣腸をしてもらい、
やっと出たのですが、その後もおしっこの回数や
うんちの出る量には注意するよう言われました。

治療が必要な場合もあるので、
おかしいなと思ったら受診をおすすめします。

赤ちゃんの便秘を予防するためにはどうすればいい??

離乳食が始まるまでの赤ちゃんは
母乳・ミルクが基本です。

特に母乳で育てているママは、
自分の食べる食事で脂肪の多く含まれる食材は
控え、食物繊維の多い食材を取り入れるように
しましょう。

子育て中、イライラすると甘いものが欲しく
なりますが、グッとこらえて週1回くらいの
ご褒美にしましょうね。

また、母乳をあげているとママ自身も
水分不足になり、母乳の出が悪くなったりします。
ママの水分補給も忘れずにしましょうね。

私は子育てで忙しく毎回お茶をコップに入れるのが
面倒だったので、
1リットルのペットボトルにお茶を入れて部屋中、
持ち歩いていました。

赤ちゃんの便秘を解消する方法は??

赤ちゃんの便秘を解消する方法として
一番効果的なのは、
綿棒で肛門を刺激する事でしょう。

でも、小さな赤ちゃんのお尻に綿棒を入れるなんて
怖くてできない!!

そんなママも多いはず。
私も怖くて実践したことありません。

なので、
実際に私が実際に取り入れた解消法を紹介します!

スポンサーリンク

即効性はありませんが、
赤ちゃんとのスキンシップにもなりますので、
楽しく取り入れてください。

「の」の字マッサージ

赤ちゃんのお腹を「の」の字を書くように
優しくマッサージします。
くれぐれもお腹を圧迫しないよう注意
しましょう。

私が通っていたベビーヨガの先生は、

「特に女の子の赤ちゃんは子宮があるので、
優しくマッサージしてあげてください。」

と言っていました!

足のストレッチマッサージ

赤ちゃんのひざと太ももでお腹を押すように
マッサージします。

ひざをもって股関節をゆっくり回すように
ストレッチすると腸の刺激になり便秘解消に
繋がります。

ベビーヨガなどでよく取り入れられている
ストレッチです!

白湯や麦茶 果物の果汁を飲む

離乳食が始まるタイミングで白湯や麦茶、
果物の果汁も少しずつあげてもいいでしょう。

また、便通をよくするヨーグルトはペースト状
なので食べさせてあげるのもいいですね。

まだ、離乳食が始まってない赤ちゃんには白湯
いいかもしれません。
何かアレルギーがあっては大変ですからね。

私は便秘の時だけでなく、お風呂上りには
白湯か1か月から飲める麦茶を常温で作ってあげて
いました。

便秘になってから急に白湯を飲ませても嫌がる
ことがあるので、毎日の習慣にするといいかも
しれません。

生活リズムを整える

赤ちゃんがハイハイして動くようになり、離乳食の
回数も増えたら生活リズムを整えましょう。

1日の運動量や睡眠時間や食事の時間を決め、
生活のリズムを整えることでうんちのタイミングも
ある程度決まってきます。

排便のタイミングや回数も把握しやすく
なりますよ。

離乳食に食物繊維の多い食材を取り入れる

離乳食に食物繊維の多い野菜や、乳酸菌の多い
ヨーグルトなどを取り入れてみましょう。

まとめ

小さい赤ちゃんの少しの変化に気づくことは
とっても難しい事です。

また、どのタイミングで病院を受診するべきかの
判断はもっと難しいですよね。

そんな時、自宅でできる対処法を知っておくと
安心できます。

赤ちゃんの様子を見て、紹介した解消方法を
取り入れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ