赤ちゃんの離乳食、ご飯で悩んでいるママへ。私の体験談

生後6ヵ月を過ぎると始まる離乳食。

私の中では子育て大変な事ベスト5に入るのが
離乳食時期です。

離乳食レシピ・食べさせ方・食べる量など
すべてが大変でした。

始めるときママはドキドキ。
ちゃんと食べてくれるかな。
アレルギーは出ないか。喉につまらせないか。

心配ばかりですよね。

また、離乳食を作ることも初めての経験で、
10倍粥ってどれくらいの柔らかさなのか。
赤ちゃんの食べる量の適量はどれくらいなのか。

知らないことだらけですよね。

離乳食が上手に作れなかったり、
レシピのバリエーションが少なかったり、
赤ちゃんが食べなかったり…。

どのママでも離乳食に関しての悩みを持って
いると思います。

スポンサーリンク

我が子も離乳食、全くすすみませんでした。

ノイローゼになるかと思うくらい悩みました。

同じ悩みを持つママに少しでも悩みを解消出来たら
と思い、私流の離乳食の進め方を紹介しますね!

赤ちゃんの離乳食が進まない!!上手な離乳食の進め方と付き合い方

ごはんの味付け次第で豊富なバリエーションと新しい発見!!

離乳食の開始時は10倍粥を1口から。
徐々に他の野菜などの食材を取り入れていくわけ
ですが、味付けは全くなし。が基本ですよね。

初めは素材の味を知ってもらうために味付けしない
ことが大切です。

では味付けはいつ頃からしてもいいのか?
多くのママが疑問に思っていることだと思います。

情報誌や子育て本を見ると、だいたい7か月くらい
から味付けOKと書いてあることが多いです。

でも、この通りにしなければいけない。
と言う事はないと思っています。

私は2人子育てしていますが、1人ひとり離乳食の
食べ方が全く違いました。

上の子は、とにかく食べない。
離乳食が全く進まず、悩んで泣きました。

下の子は、食べすぎる。なんでも食べるので
作ってるこっちも楽しくなるくらい。

兄妹でも両極端なほど違いました。

上の子は、初めてだったので離乳食開始から
1か月超まで味付けなしでした。

初めから食が細いのか、食べる量が少なかった
ですが、いつしかおかゆも嫌がるようになって
しましました。

そこで、昆布だし・かつおだしでおかゆを作ると、
離乳食が進みました。

1か月以上も味なしのご飯を食べていたら嫌に
なりますよね。

それ以来、コンソメや野菜スープ、
ホワイトソースなど、時にはお粥を豆乳で炊いて
野菜を一緒に入れたり。

味付けをすることで、赤ちゃんの好きな味が
分かったり、同じ食材でもレシピのレパートリーが
増え、離乳食作りがラクになりました。

注意したいのは、あまり濃い味で味付けしない事。

離乳食開始時は味付けなしが基本。
食材に慣れてから味付けしましょう。

スポンサーリンク

この経験から、よく食べる下の子には、
離乳食開始1か月弱で味付けをし、
新しい食材を取り入れやすくなりました。

1歳検診では先生に

「1歳でこれだけの種類の食材を食べている子は
少ないよ。お母さんたくさん作ってあげたんだね。」

と褒めてもらいました。

味覚も人それぞれですから、
赤ちゃんに合った味付けを見つけて上手に離乳食に
取り入れてみましょう。

離乳食に焦りは禁物!!赤ちゃんのペースで。

離乳食を始めたママの最大の悩みは
「食べない」ことでしょう。

先にお話ししましたが、我が子も全く
食べませんでした。

離乳食が進まなさ過ぎて10か月くらいまで
1回食でした。
もちろん体重も増え方が悪かった。

当時はすごく悩んだなぁ。そして悩みすぎて
イライラして子供にも旦那にも当たったな。

そして泣いたなぁ。

それでも現在4歳の息子。むっちゃくちゃ元気!!

身長も体重も成長曲線のド真ん中です。

今ではお子様ランチ、ぺろりと完食します。

だから、今は離乳食が食べてくれなくて悩んでいる
ママ、焦らなくても大丈夫。

その子はちょっと食が細いのかもしれません。

以前、体重が増えなくて心配で病院へ行ったら、
かかりつけの先生が

「お母さんもお父さんも大きい人じゃないから、
赤ちゃんも小柄なんだよ。」

といわれました。

とっても心が救われました。

育児本を必死に読み漁り、
離乳食をどうにか食べさせようとしていた自分が
恥ずかしくなり、これも我が子の個性だと思える
ようになりました。

それからは無理せず、もういらない!
となったらきちんと「ごちそうさま」をさせて、
長々と食事をしないように心がけました。

食べない時はあきらめも肝心です。

そうすると気持ちにも余裕ができ、
離乳食が進めることができました。

我が子は1歳半でやっと離乳食が3回食になり、
母乳を辞めることができました。

スポンサーリンク

まとめ

離乳食は初めての「お母さんの味」です。

愛情たっぷりに美味しい離乳食を作りたい!
誰もが思うことです。

しかし、何の悩みもなく上手にすすめられる
ママは少ないと思います。

食事毎に、ママがイライラしている顔でご飯を
あげたら、美味しいわけありませんよね。

食事は楽しく美味しく食べれる環境を作ることが
大切です。

赤ちゃんの気持ちになってゆっくり離乳食を
すすめてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ