マンションでの子供の騒音問題!どう解決する?私の対策方法ご紹介!

私は結婚前、10年近く一人暮らしをしていました。

当時、独身でしたので子供がどれくらい騒がしいのかなど
全く知らず、同じマンションの住人の子供の声が本当に
うるさい!!とイライラして引越しをした経験があります。

自分が子供を持つようになったら

「子供がうるさいのは仕方がない事だ。」

と分かるようになり、今ならある程度の騒音なら我慢が
出来ますが、当時は本当にすごくストレスになっていました。

子供にイライラするというよりも、子供が夜遅くまで
騒いでいるのに大人しくさせない親、
そして親が子供を怒る声…

どちらかと言うと親の方に腹が立っていたように思います。

マンションの騒音で悩む住人の気持ちも、
子供の騒音に悩む親の気持ちも体験しました。

今回はマンションの騒音トラブルについて
自分の経験も踏まえて対策法を紹介していきます。

スポンサーリンク

マンションでの子供の騒音問題!どう解決する?私の対策方法ご紹介!

思っているより響く音 

間取りなど構造上の問題もありますが、子供の独特の足音
(トタトタというような軽い感じの小刻みな足音)
は自分が思っている以上に響きます。

下の階の部屋だけでなく、斜め下など音は拡散するので
防音マットだけではあまり音を防ぎきれません。

家族は毎日聞いている子供の足音ですし、慣れもあって
それほど気になるレベルの騒音には聞こえないのですが、
隣や下の住人にはなかなかの大きな音に感じています。

さらに、子供の声は甲高く泣き声に限らずかなり響きます。

我が家の長女は生後4ヶ月くらいから
「いー!!」「きゃー!」などの寄生をあげるようになり、
その声が親の私ですらも「うるさい…」
と感じるレベルでしたので他人には本当に不快な音になって
しまうのだろうな…と思い、気を使って生活をしていました。

ご近所に軽くご挨拶をしておく

私の妹の話なのですが、子供が生後4ヶ月ごろになった頃、
両足を上にあげて(オムツを交換すると気にポーズ)
床にドンっと打ち付ける遊びをするようになりました。

これは私の娘も同じような時期にしていたので、
赤ちゃんにはよくある行動なのでしょうが、
この「ドン」という音が結構響きます。

スポンサーリンク

しかも双子だったので、常に双子が交互に足をドンドン
しているような状態でした。

ただ、妹は防音マットを敷き、さらに子供の足の下に
クッションを敷いていました。

結局それでも真下の住人の方にはかなりの騒音だったらしく、
ついに怒鳴り込みにこられたのですが、
「双子の赤ちゃんがいる」と知った途端に
「それなら仕方ないね。知らなかったから、ごめんね。」
と逆に謝られたそうです。

同じ騒音でも「原因が分からない騒音」というのは余計に
イライラさせてしまいます。

子供だから仕方がない。で済まさずに先に
「極力気を付けるけど、泣き声などうるさくしてしまう
事があるかもしれない」と先に言っておくと
「子供の声(音)かな?」
と思うと、諦めというか余程酷くない限りはそこまで
目くじらを立てられる事も少なくなります。

防音マットはそんなに効果はない

ないよりはマシ程度です。

一応我が家にもありますが、そこまで絶大な効果はありません。

ですので、マットを敷いているからと気を抜かないでくださいね。

大型のオモチャは置かない

子供用の自宅で遊べるジャングルジムや車などの乗り物の
オモチャは、子供が大好きなので買ってあげたいのですが、
こういった大型のオモチャは本当にうるさいです。

とくに車のオモチャは真下の階では、ずっと掃除機を
かけられているような音が聞こえます。

ジャングルジムやトランポリンは、どうしても子供が
はしゃいで飛び跳ねたりするので真下に限らず近隣は
かなり騒音に感じます。

家の中に置く子供おもちゃは座って遊べるような物に
しておきましょう。

まとめ

赤ちゃんの場合は、「静かに!」といっても分かり
ませんし、ある程度大きくなっても
24時間つきっきりで音を立てないよう監視なんて出来ません。

あまり神経質になるとママも辛くなってしまいますが、
赤ちゃんが泣いたら窓を閉める、言い聞かせてもまだ
分からない年齢の子供なら、家の中で走ったり
飛び跳ねたりしないよう日中公園などでしっかり
遊んであげるなどしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ