お花見に持っていくもののポイントや意外に必要なもの、あると便利なもの

各所で桜の咲き乱れる時季、お花見を楽しみにしている人も多いですよね。

せっかくのお花見ですから

「あっ、アレを持ってくれば良かったー(;´・ω・)」

なんて事の無い様に、

●お花見に持って行くもの

●意外と必要なもの、便利なもの

をまとめました。

定番の持ち物でも、どういったものの方がより良いのかポイントとしてあげています。

ぜひ参考にして頂けましたら幸いです\(^o^)/

スポンサーリンク
  

お花見に持っていくもの定番

先ずはお花見で持っていく定番の持ち物から

レジャーシート

説明が不要なくらい定番ですが重要ですね。

自分たちの陣地の確保、座って飲み食い、休憩…カップルやお一人での散策でも、ちょっと座って休みたい時に重宝します。

混雑具合によってベンチで座れなかったりしますし…

ポイント 

四隅にハトメがあり、ペグ(土に突き刺すピン)で固定出来るものだと風で飛ばされたり揺らめいたりせず、オススメです。

既にお持ちのシートにハトメがない場合は、100円ショップなどで”ハトメパンチ”という名称でご自身でハトメを加工する事も出来ますよー♪

あと、ペグが禁止されてる場所(主に校庭とかなのでお花見場所は大丈夫だと思います)又はアスファルトの上などペグが使えない所でシートを固定したい場合は、よく使われる手段としてビニール袋やペットボトルの中に水か砂を入れた物を重石にします。

ペットボトルは丸いものだと転がってしまいますので、角張ったもの若しくは紐でシートと括ってしまえばOKです。

あとシートと言えばブルーシート(青色)が定番ですが、トイレなどに離れて戻る時に大体みんな同じ色で見分けがつきにくいという事もあります。

他の色、若しくは目印などがあれば迷わずに済みますね

紙コップ、紙皿、割り箸

ポイント 

紙コップはサイズの大きめの方がこぼしにくくて安心です。ホット対応でないと熱湯を注いだ際、熱くて持てないことも!

コールドドリンクは透明の使い捨てプラスチックのコップなら見た目も美味しく飲めます(特にビールやメロンソーダ!)

紙コップと半々で持っていくと良いと思います。

飲み物

お酒、お茶、ジュースなど。

ウイスキーや焼酎で水割りをつくるならミネラルウォーターと氷も!

ポイント
運転する人やお酒が飲めない人用にノンアルコールのビールやカクテルなどがあれば雰囲気も味わえますね。

それに運転手さんは雰囲気に飲まれて

「ちょっとくらいなら…」

「時間が経てば大丈夫だろう…」

と、飲むつもりが無かったにも関わらずついついお酒を飲んでしまう…

なんてことが絶対にないようにも予め運転手さんにノンアルコール飲料をどんどん飲ませておけば飲酒運転を防ぐ効果もありそうですね。

お弁当

ポイント
おにぎりなら一つ一つアルミホイルやラップくるんでおけば食べるときに手を汚さず食べれます。

唐揚げ、玉子焼、ウインナーは定番ですね。これも串にさせば手は汚れませんね♪

サンドイッチや”おにぎらず”もグッド!

おつまみ… ビールなら枝豆!ワインならチーズが人気!

お菓子… ポテチもいいですが、手が汚れにくいクッキーなどもおすすめです。

お団子や桜餅も欠かせません(個人的に)

※日中は気温が上がる日が多いので、生モノなどは食中毒に十分気をつけて下さいね。
ウェットティッシュ

おしぼり代わりや口元を拭く時、何か汚れを拭く時など使い道が多いです。

ポイント
人数が多い時はボックスタイプで各々が好きなときに使えるようにシートの真ん中に置いていてあげると喜ばれます。
ゴミ袋

ゴミ箱が設置されていてもゴミ箱から溢れている光景を色んな場所で見受けられます。

またゴミが一箇所にまとめておいてあっても、本来ゴミ置き場でもないのに勝手に捨てている事もあります。

ゴミは持ち帰りが基本として、ゴミ袋をご持参下さいね。

ポイント
基本大きめのサイズで多めが良いです。

小さいと無理やりに詰め込んだ際、割り箸の先などで袋が破けたりします…

また、多めに持っていくことで破けた時のスペアや燃えるゴミ、燃えないごみ用に分けれます。

意外に必要なもの

小銭

お花見会場の自動販売機はよく釣り銭切れが見受けられます…

絆創膏

もしもの時に。ちょっとしたキズでも絆創膏があるとないとでは全然違います。

トイレットペーパー

混雑した所などはトイレに入ってもトイレットペーパーが切らしている可能性があります((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

タオルや雑巾

スポンサーリンク

人数が多ければ多いほど飲み物をこぼす確率は高いですね。

さすがにティッシュでは代わりになりません(;´・ω・)

万が一衣類に飲み物が掛かってしまった場合にタオルやキレイな雑巾があれば重宝します!

あと使い終わった後のシートは食べ物や汗など付着していますから、雑巾があれば拭いてから畳めば帰ってからわざわざ拭きなおす必要がありません。

ティッシュ

花粉症の人なら鼻をかむのに必需品ですね。

日焼け止め

まだまだ大丈夫と油断していませんか?四月の紫外線は九月とほぼ同じと言われています…

お花見にあると便利なもの

マスク

花粉症対策にもなりますし、防寒にもなります。

魔法瓶

魔法瓶に温かい飲み物を入れておけば寒い時に温まれます。

もしくはお湯だけ入れておけば、スティックタイプのインスタントコーヒーやティーパック、お酒のお湯割り、味噌汁、コーンポタージュやカップ麺などなど幅広く使えます\(^o^)/)

ダンボール

多少かさばっても大丈夫でしたらダンボールがあると便利です。

シートの下に敷いて地面からの冷え対策や凸凹の土の上に敷けばクッションになり多少和らいで座りやすくなります。

ゴミ箱にすればゴミが投げ入れれる程入れ易いです。

マジックペン

紙コップに名前を書いておけば分かり易いです。

自分のコップが分からなくなると、ついつい新しいものを使って消費が多くなります

折り畳み傘

急な雨の他、陽射しが強いときは日傘代わりに。

クーラーボックス

キンキンに冷えた飲み物が楽しめます。

あとは要冷蔵の食材なども持ち運び出来ますね。バーベキューするなら必須。

折り畳みテーブルと椅子

テーブルがあれば飲み物をこぼしにくくなりますし、地べたよりも食べやすいです。

イスは地べたに座るのが困難なお年寄りに。

タープやテント

急な雨が降っても安心ですし、強い陽射しや紫外線対策にもなります。

以上になりますが、他にも

●お子さま連れの場合

お子様連れの場合
●名札 ●おむつ ●おしりふき ●着替え ●簡易トイレ

●夜桜に

夜桜に
●ランタンもしくは懐中電灯

●バーベキューをするなら

バーベキューをするなら
●クーラーボックス ●バーベキューセット ●軍手 ●チャッカマン ●炭 ●着火剤 ●包丁 ●キッチンバサミ ●まな板 ●アルミホイル ●サランラップ

まとめ

服装と防寒対策について少し…

お花見の記念に写真を撮る方も多い筈!

せっかく写したり撮ったりするんだったら少しでもオシャレな方が良いですよね。

桜に負けないくらい華やかな春らしい装いやメイクも良いんじゃないでしょうか(^o^)

でも注意していただきたいのがこの時期の気温。 

日中は少し動くと汗ばむ陽気が多いですが、急に冷え込んだりと一年で一番、寒暖差の激しい時期です。

ですので、しっかりとした防寒対策もすることをおすすめ致します。

ただ着込めばいいわけではなく、一日の中で上手に気温に合わせるように心掛けてみて下さい。

日中は身体を動かして遊ぶと思っているより汗をかきます。

理想は汗をかいても乾きやすい吸湿速乾性のインナーを着用し、汗をかく前にコートやセーターを脱いで薄着になります(吸湿速乾性のインナーがあれば冬夏関係なく重宝するのでとてもオススメです)

そして乾いたら直ぐに着込むようにすれば快適に過ごせます。

「カイロ」や「ブランケット」があれば、夜桜などの寒さ対策になります。

寒がっている人に分けてあげると喜ばれます\(^o^)/

ズボンならカイロをお尻のポケットに仕込んでおけば座ったときの地面からの冷えに効果的ですよ♪

楽しい思い出が台無しにならないよう、風邪をひかないようにしっかり対策して下さいね(*^-^*)

防寒対策に
●カイロ ●ブランケット
定番のもっていくもの
●レジャーシート ●飲み物…(お酒、お茶、ジュースなど) ●食べ物…(おつまみ お菓子 お弁当など) ●紙コップ、紙皿、割り箸 ●ウェットティッシュ ●ゴミ袋
意外に必要なもの
●小銭 ●絆創膏 ●トイレットペーパー ●タオルや雑巾 ●ティッシュ ●日焼け止め
お花見にあると便利なもの
●マスク ●魔法瓶 ●ダンボール ●マジックペン ●折りたたみ傘 ●クーラーボックス ●折りたたみテーブルと椅子 ●タープやテント
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ