洗濯の節約方法のご紹介!毎日だからこそ少しの塵も積もれば山となる

家事の1つとして必ずしもやらなければならない洗濯物。

特に家族の多い人たちは洗濯物が毎日毎日、増える一方ですよね…

そして、1日の洗濯でも数回に分けての洗濯にもなってしまうのでは?
と思われます。

そうなると洗剤代や水道代など、意外と出費が嵩んでしまいます!

ほぼ毎日だからこそ塵も積もれば山となる!

節約の方法や回数を見直し方をご紹介しますので、参考にして見て
下さいね!

スポンサーリンク

洗濯の節約方法のご紹介!まずは、洗濯の回数を見直そう!

一般の日本人は、洗濯のやりすぎと言われています。
1日に何回も洗濯をしていると、水も電気ももったいないし
干したり、畳んだりと、手間も増えてしまいますよね。

そして洗濯はすればするほど、衣類も痛みやすくなります。

そこで始めに洗濯の回数の節約をご紹介!

毎回洗濯しない

一度着た服を必ずしも洗濯しなければいけないという思い込みを
なくすということ。

例えば、直接肌に当たっていない衣類は、ほこりなど
ブラシではらったり、シミがついてしまったものは布で
染み抜きをし、衣類の消臭除菌スプレーなど吹きかけて干して
おき、数回着るようにします。

バスタオルやタオル類は毎日洗濯しない

数日は日に干したりすることで、頻度を減らすことができます。

スポンサーリンク

そしてタオルを速乾性のものにすることで、雑菌の増殖も
抑えるので効率も上がります。

ただし、しっかりと乾かしましょう!
キッチンやトイレのマットも同様です。

汚れるような家事をするときはなるべくエプロンを使う

服を綺麗な状態で保ち、エプロンに汚れてもらうようにします。
これで服の洗濯の頻度を減らすことができます。

入浴するときに小物類等を手洗いする

お風呂に入るついでにハンカチやソックス、下着など洗濯板を
使って手洗いすることで、皮脂汚れも落ちやすいので洗濯機を
使わなくても綺麗になります!

ただし、脱水は手絞りだけでは乾きにくいので脱水のみ洗濯機に
かけましょう!

他にもこんな洗濯の節約方法が!

洗濯の節約、そして手洗いの方が利点である衣類が実はあります。

形態安定加工シャツや化学繊維のシャツは、
ぬるいお湯につけて置いて、入浴する時に手洗いすることが
おすすめなのです!

そして濡れた状態で干すことでシワも伸び、脱水もアイロンも
不要になり、洗濯機で洗うよりも痛みも軽減されるのです!

なるべくまとめ洗いに

洗濯機の容量範囲内で洗濯物をため、まとめて1回の洗濯で
済ませてしまう。

それは、一度に少なくても多くても1回の電力の量は同じだからです。
ただし、許容量以上に詰めすぎると余計に電力がかかると同時に、
洗濯も綺麗な状態には仕上がらないので注意しましょう!

お風呂の残り湯を使う

洗濯をするときの水は、お風呂の残り湯を使うようにすることで
冷水よりもお湯の方で洗うことにより汚れが落ちやすくなります。

汚れも落ち、節水もできる一石二鳥な方法ですね!

洗濯機のコースを見直す

全自動洗濯機などではコース設定がいくつか付いています。
これを上手く利用することで節約の1つになります。

洗濯をするときに常に標準コースでなく、汚れが目立たないもの
などは倍速モードを利用して洗濯をするだけでも、節約になるのです。

実は洗濯機で、一番電気を使うのが脱水機能の時!

なので、いい天気のときは脱水時間を短くしたり、若しくは
そのまま天日干しで乾かすことで節約&節電になりますよ!

まとめ

洗濯においての節約方法について、色々とご紹介してきましたが
参考になりましたでしょうか?

生活していく上で、節約や節電をすることはあなたにも、
そして誰にとってもプラスになることには繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ