洗濯したのにタオルが臭い!取れない臭いのおすすめ対策をご紹介!

ちゃんと洗濯機で洗濯をしたはずのタオル。

しかし、少しでも湿るとなぜだかイヤーな臭いが残ってしまうこと
ってありませんか?

そんな悩みを抱えてるあなたのために!

効果的な臭いの取り方をご紹介すると共に、臭いの原因から
ご説明していきますね。

タオルの臭いがスッキリ取れれば気持ちもスッキリしますよ~♪

スポンサーリンク

洗濯したのにタオルが臭いのはどうして?臭う原因とは?

タオルを綺麗に洗ったつもりでも、
タオルの繊維の中に殺菌が残っている場合があり、それが臭いの元になっています。

特に梅雨は部屋干しになりがちのため、乾くのに時間がかかり
雑菌も増殖してしまいます。

また、洗濯機の洗濯槽が汚れていることによっても
洗濯ものに雑菌が移ってしまうため、臭いの原因になります。

洗濯機の中は、湿気が逃げにくいためにカビが繁殖しやすい
場所でもあるため、本来であれば綺麗にするための洗濯機が
タオルや洗濯物を汚してしまうのです。

そして、むやみに洗剤の量を増やしてしまうことによっても、
タオルに洗剤の洗い残しがついてしまいます。
なので、洗濯機も定期的に掃除をするようにしましょう。

基本的にはカビ、生臭さ、汗の3種類から臭いが発生しています。
タオルの中にそれぞれの菌が存在しているため、イヤーな臭いが
発生してしまうのです。
更に、菌が発生しているタオルは、水を吸収することで臭いが
発生しているパターンもあります。

それは、水を吸うとタオルの臭いが余計と目立ってしまうのです。

濡れたまま放置することで、雑菌は繁殖して臭いの原因となって
しまいます。

更に、タオルが少しでもピンク色がかって見える場合には
「酵母菌」が繁殖しています。

そして、これらを完全に除去しない限り何度洗濯を繰り返しても、
原因物質が取れないため生乾き臭は再び復活してしまいます。

オススメの効果的な臭いの取り方をご紹介!

スポンサーリンク

生乾きの臭いは、一度ついてしまうとなかなかなか
とれません…

それは、菌が付いているタオルが水を吸って臭いを発している
ためであり、湿気の多い中、例えば部屋干しとかにしていると
菌はどんどん増えて臭いの原因となってしまうのです!

そしてその一度ついてしまった菌は、
天日干しや柔軟剤を変えるということでは効果を発揮しないのです。

対策その1「酵素系の漂白剤」をつかうこと

30℃~40℃のお湯に酵素系の漂白剤を入れてつけ置きをしておき、
そのまま洗濯機で普通に洗濯します。

そうすると不思議なことにピタリと臭いはなくなりますよ!

また、一度ついてしまったしつこい臭いの場合、
殺菌は60℃以上のお湯で死滅するといわれているため
熱消毒の効果が抜群!

対策その2「汚れをしっかり落としましょう!」

タオルは、風通しの良いカゴに入れて早めに洗濯をしましょう。

ただし濡れたままの状態でカゴの中に放置しておくと、
菌はどんどん増えてしまうので注意!

そして洗濯をするときは、タオルの入れる分量を
洗濯機の8分目位にし、残り湯では菌が多いため
水道水で洗濯することをおすすめとします。

<忘れてはいけない洗濯槽の掃除>

洗濯槽の汚れやカビは、思っている以上に汚れているものです。

その洗濯槽の汚れやカビがタオルなど、菌の発生の原因に繋がる
ということなのですね…

おまけ:洗濯機のフタは、閉めておくことで、菌は増殖します

なので、湿気を飛ばすためにも開けたままにして
乾燥させるようにしましょう!

まとめ

タオルを洗濯する際の臭いの原因や対策方法をご紹介
してきましたが、参考になりましたでしょうか?

タオル類は、日常茶飯事にみんなが使うものなので
綺麗さっぱり洗いあげたいですよね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ