台所などの水回りの掃除に最強!とっても役立つものや方法とは?

台所や洗面台の掃除は、こまめにしないとすぐに汚れてしまい
ますよね。

特に「水垢」。

1度ついてしまったら、なかなか取れない……。

私も腕が悲鳴を上げるくらい、スポンジでこすり続けたことが
何度も((+_+))

頑張ったわりにはキレイにならないし、腕は疲れるしで
良いことありません(笑)。

そんな水垢が手軽にキレイになる情報をリサーチ!

どれも簡単に出来て、試してみる価値大!の掃除方法を
ご覧ください\(^o^)/

スポンサーリンク

台所などの水回りの掃除に最強!とっても役立つものや方法とは?

突然ですが、水垢ってやつの正体は何なのか知ってます?

洗剤カス???

おおざっぱだからすすぎ残しの蓄積かな???

なんて思ったこともありましたが、「ほぼ水」のはずなのになんで
白くなっているのでしょう(゜.゜)?

しかも蛇口まわりなんか固くこびりついてるし!

調べてみましたよ、白い正体を。

あれは水道水の中に含まれる「カルキ」と呼ばれるもの。

水に溶けると次亜塩素酸イオンに変わり…と、難しい話になって
しまうのでそのへんは置いといて、カルキは殺菌や消毒の役目を
しているんです。

そのカルキを含んだ水が蒸発すると、カルキだけが少し残ります。

また水が蒸発してカルキが残り、蒸発して残り…のくりかえしによって
白くなってしまったものが水垢。

そして、なぜクエン酸が水垢に効くのかというと、

カルキは「アルカリ性」で、クエン酸は「酸性」だから。

アルカリ性の汚れを酸性で中和させて落とす!

というわけです(^_^)v

一方、重曹はアルカリ性。

酸性の汚れに効くので、軽い油汚れなんかは洗剤を使わなくても
きれいにすることができます。

私は電子レンジの中の拭き取りに重曹クリーナーを使います。

洗剤の使いたくない場所をきれいにするには
とっておきのアイテムです。

水垢汚れがアルカリ性なのに、アルカリ性の重曹も効果があるのは
クエン酸と一緒に使うことによって、汚れを浮き上らせるのと
研磨の役割もあるから。

クエン酸と重曹、ダブルで使用するとよく落ちるのですが、
その方法は次へ!

水回りの掃除!クエン酸と重曹を使った方法をご紹介!

まずはクエン酸水を作ります。

水…100ml
クエン酸…小さじ1/2

これをスプレーボトルに入れてよく溶かしたら、
水垢にロックオン!

吹きかけたら水垢に馴染ませるために、
キッチンペーパーやラップでふたをします。

1時間ほど放置して流してみましょう。

基本的な使い方はこんな感じです。

どうですか?きれいになりました?
これできれいになったら、まだ軽い水垢です。

落ちない場合や蛇口まわりのこびりつきは、この方法を試して
見て下さいヽ(^o^)丿

1.クエン酸の濃度を濃くする

スポンサーリンク

2.直接クエン酸をふりかける

3.重曹とのダブル使い

「2」は、粉の状態のクエン酸を水垢にふりかけて、湿らせた
スポンジでこするという方法。

蛇口まわりには歯ブラシを使うと、すき間の水垢にも届いて
きれいに落とせます。

もしこれでもだめなら重曹の出番!

重曹をふりかけて、クエン酸水をスプレー…

シュワシュワと発砲させて水垢を浮かせます(゜o゜)
こうして落としやすくした水垢をこすってみてください。

マイルドな研磨の役割もしてくれる重曹は、傷がつきにくい
のがポイント。

ダブル使いでしつこい水垢もスッキリ!のはず。

でも、頑固なこびりつきは一度できれいにならない場合も。

あまりこすりすぎると傷になってしまっては大変ですね。
その傷にカルキが残ると取りづらいですから。

紹介した方法を何度かに分けて、
少しずつ落としていくなどしてみてください(^_-)-☆

まとめ

いかがでしたか?

クエン酸と重曹で、もう腕がパンプすることもなくなりそう(*^^)v

私はまだ試したことがないのですが、ひとつユニークな方法も!

それは「ジャガイモの皮」。

洗剤は使わず、スポンジでこする代わりに
厚めに剥いたジャガイモの皮を使うという方法です。

なんでもデンプン質が水垢を分解するらしい。

カレーを作ったついでに水垢をこすってみては?

私もやってみよーっと(*^_^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ