子育てでイライラしてつい怒鳴る→反省…本当に大切なのはその後!!

子育てをしていると、イライラすることいっぱいありますよね。

私なんて毎日イライラしている!と言ってもいいくらい
イライラしています。

だって、言うこと聞かないんだもん。

・片づけたそばからおもちゃをひっくり返して遊びだす。
・触らないで!と言っている大切なものを触る。
・ご飯の時間に食べずに遊んでいる。
・お昼寝をするために寝かしつけても全く寝ない。

挙げだしたらキリがないほどイライラすることありますよね。

でも、本当はイライラしたくないし、子どもに対しても
怒りたくない。
みんな思っていることですよね。

では、イライラしない親なんているのでしょうか?
私はいないと思います。

少なくとも私は、イライラしすぎて子供に怒鳴って後から反省する。
これの繰り返しです。今現在も…。

子どもにイライラして怒ってばかりいるママさん。
安心してください、あなただけじゃない。

この記事を読んだ後、きっと、お子さんのことを抱きしめたくなりますよ。

スポンサーリンク

子育てはイライラと反省の繰り返し!?

そもそもどうしてイライラしてしまうのでしょう。

・いうことを聞かない
・悪さばかりする
・外出したいのに準備が進まない

上記はママ友と話をしていると、
一番多いイライラの原因かな。

と思います。

私もしょっちゅうこれが原因で怒ってますよ。

でも、怒っている途中にいつも気が付くんです。

「自分勝手に怒っているな。」

って。

例えば、

「服を着替えなさい」と言ったけれど、一向に着替えない息子…

3回4回同じことを言ううちにイライラ度が上がっていきます。

「着替えなさい!って言っているでしょう!!」

と怒ると、

「今レゴ作るのに忙しいの!」

とおもちゃのレゴに夢中な息子。

息子は今、レゴで何かを一生懸命作っていたのに、
私の勝手で一生懸命取組んでいたことを邪魔しようと
してしまったのです。

なぜ、作り終わるまで待ってから言えなかったんだろう。

それには自分の勝手な「枠」に収めたいからなんです。

この「枠」は厄介な物で、どの人だって持っているはず。

このケースでいけば、私は今着替えてもらって、
早く洗濯したかったのです。

自分の中に「家事のスケジュール」ができていて、
その枠から外れた行動をしたことに怒ってしまったのです。

スポンサーリンク

子どもに対して怒るとき、
大抵がこの「枠」から外れた時になりませんか?

自分の中での許容範囲を作ろう!

では、どうしたら怒らないで済むのでしょうか。

まず無理です。

ネットで「子ども 怒る」と検索すると、
イライラせずに怒らずに済む方法なんか書いてありますが、
イライラせずに怒らずにいられるなんて、私には無理です。

イライラや怒ることを少しでも、少なくすることはできる
かもしれません。

それは、「許容範囲を作る」ことです。

掃除したばっかりなのに子どもが部屋を散らかした。

次から次へとおもちゃなどを出してくる。

イライラしそうだけれど、子どもは楽しそう。
その時、私はこう思うようにしています。

私は大人だから、これくらいは大目に見てあげよう。

今までは許せなくて怒っていたことも、
少し大人の目で「許容範囲」を広げて
あげることでイライラが少なくなりました。

もちろん、度を越したときはしっかり怒りますけどね。

子どもとケンカすることも大切な事。

みなさん、どうですか?

イライラの原因を知ることで、少しでも
イライラを少なくすることができそうじゃないですか?

子育てにイライラや怒ることをは避けれません。

親も人間ですから時には感情的になってしまうことも
あるでしょう。

私はそれでいいと思います。

お互い感情的になって子どもと言い合いに
なることもあります。

そんな時、私が大事にしているのは、

「仲直りをすること」

です。

少し落ち着いてから、

「さっきはこんな理由で怒ったんだよ。
ママも言い過ぎたね。ごめんね。」

と。

4歳の息子は

「うん。ママごめんね。」

と言ってハグしてくれます。

私は「大好きだよ~。」と伝えます。

感情的になって怒りをあらわにしたのだから、
好きという感情もしっかり伝えることも大切だと
思っています。

まとめ

ママがイライラすると、
子どもにもイライラが伝わってることがよくあり、
子どもの機嫌も悪くなったりします。

子どもだけでなく、旦那にも八つ当たりをしてしまい、
家庭の空気がどよ~んとなってしまいます。

この記事を読んで、

イライラすること怒ることが悪い事ではない!

と思えたら、ママたちの気持ちも少しはラクに
なるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ