外出で赤ちゃんに必要な持ち物は?私の経験上、最低限これは持っていけ!

生後1ヶ月を過ぎると、徐々に赤ちゃんと外出をする機会が
増えてきます。
最初の頃は何を持っていったらいいのか分からなくて困ることも
あると思います。

私も最初は何がどれくらい必要なのかわからず、
足りなくて困るくらいなら沢山あったほうがいい!と考え、
どこかに旅行に行くのですか?というレベルの荷物になった事が
あります。

そこで今後、赤ちゃんと外出をするときに最低限必要な物を
挙げていきます。

「あ~アレを持ってくれば良かったぁ~」;つД`)シクシク

なんて外出先で困らないようにきっと参考になると思います♪

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて外出!最低限必要なものとは?

おむつ&おしりふき

絶対必要ですよね。持っていく枚数は、近くのスーパーに行く
程度の距離と時間なら1、2枚あれば大丈夫です。

外出する時間が長ければさらに5、6枚あると安心です。
ただし、赤ちゃんの月齢が低いほどオムツを変える回数も
多いと思いますので枚数は赤ちゃんの月齢に合わせてください。

ビニール袋

オムツを交換後、オムツを捨てられる場所がない場合がある
ので汚れたオムツを捨てる用に1、2枚あると便利です。

私はおむつケースはかさばるので、「ジップロック」に
オムツを入れていました。
オムツを交換した後に、オムツを入れていたジップロックに
汚れたオムツを入れれば匂いも漏れないです。

授乳ケープ

授乳ケープはエプロンのように前からかけるだけのタイプと、
ポンチョタイプがあります。

私は授乳服をあまり着なかったので、授乳をする際は服を
上まで上げる為、前掛けタイプだと背中が丸出しになって
しまうのでポンチョタイプの授乳ケープを使用していました。

柔らかいコットン素材のケープで、赤ちゃんのひざ掛けとしても
使用できたので、ベビーカーやチャイルドシートに乗せているとき
にも使えてとても便利でした。

タオル、ガーゼ

急にミルクを吐き戻したりすることがあるので、
ガーゼ1枚と小さめのタオル1枚はバッグに入れておくと安心です。

母子手帳・保険証

何かがあった時にすぐに病院にいけますし、お薬手帳も一緒に
持っていればさらに安心です。

スポンサーリンク
除菌シート

オムツの交換台やスーパーなどにあるカートを拭いたり、
おもちゃを落としてしまった時など幅広く使えます。

ミルクグッズ

授乳室が見つからない事もあるので、用意しておくと安心です。

私は、キューブタイプのミルクを使っていましたが、
お出かけする時にはかさばらないので良かったです。

赤ちゃんと長時間でかける場合、あった方がいいもの

おしゃぶり&おしゃぶりホルダー

ぐずった時に役立ちます。

赤ちゃんが小さいと、まだ上手におしゃぶりを咥える事が
出来ず何度もおしゃぶりを落としてしまうので、赤ちゃんの服に
クリップで止められるホルダーがついているものがいいです。

お湯と水

遠出する場合や、ミルクを作れない場合、
水筒にお湯を入れて持っていると、すぐにミルクを作れます。

私は500ml程度入る水筒にお湯を入れてミルクを作り、
自販機で水を買って溶かしたミルクに混ぜて冷ましていました。

高速のサービスエリアや、コンビニでも
「赤ちゃんのミルクを作りたいので」とお願いをすれば
少しお湯を分けてもらえる事もあります。

帽子、日焼け止め、虫よけ

夏なら、日焼け対策は必須です。
日焼け止めは生後1ヶ月から使用できるものも売られています。

出かける場所にもよりますが、蚊に刺されると赤ちゃんの肌は
柔らかいので驚く程腫れます。

私は手首や足首に巻きつけるテープのような虫よけグッズを
使っていましたが、指しゃぶりの時期になると、手首に付けた
虫よけテープは赤ちゃんが口に含んでしまうので、
洋服に貼る小さめのシールやスプレーの方がおすすめです。

赤ちゃんの為にしっかり準備してから出かけましょう

色々と心配になって、上記のグッズ全てを持って行こうとしたら
凄い荷物になりますよね。

他にも、念の為に着替えや、チャイルドシートに付ける
保冷、保温ジェルなどもあります。

もしも何か必要な物があれば途中で買えばいいのですが、
赤ちゃんを連れての買い物は大変です。

出かける場所や、自宅に帰るまでの時間、授乳室があるかなど
事前に把握してそれに合わせて準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ