妊娠初期の便秘でいきんでしまったら取返しつかない?本当に大丈夫?

妊娠すると体質が変わり、便秘になる妊婦さんはよくいらっしゃいます。

私も妊娠前までは便秘とは無縁の体質だったので、
妊娠中によく便秘になった!という話は聞いていましたが
自分には関係ないと思っていました。

ところが妊娠7週以降から便秘になり、
初めての頑固な便秘に苦しめられた経験があり、
気をつけていたのですが、たまに無意識にいきんでしまう
こともありヒヤヒヤしたこともありました。

そこで!

妊娠中にいきんでも大丈夫なのか、
そして、妊娠中の便秘対策について紹介していきます。

あなたの不安が少しでも和らぐように、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
妊娠初期の便秘

妊娠が分かってしばらく経ってから、便秘がちになってきました。

最初は2、3日に1回のお通じも1週間に1回と少しずつ
悪化していき、ただでさえツワリで苦しい時に便秘のせいで
余計に辛くなりました。

また、貧血気味の妊婦さんは鉄剤を処方されると思うのですが
鉄剤を飲むことで便秘になる方も多いようです。

妊娠初期にいきんでしまった!

思わずいきんでしまって「ああっ!」と、
いきんだ後で我にかえる事が何度かありました。

結果的には私は母子共に何ともなかったのですが、
凄く不安になりますよね。

私も不安になって、妊婦検診の時に先生に確認をしたことが
あるのですが、妊娠初期にいきむのは良くはないけど、
物凄くいきんだり、長い時間お腹に力を加えるような事を
しなければ基本的には大丈夫なのだそうです。

「トイレで思わずいきんだ程度では赤ちゃんに
何も影響はないから安心して!
でも妊娠後期は勢いで破水するかもしれないけど!」

と笑いながら言われた経験があります…

ただ、トイレで思わずいきんだ(お腹に力を入れた)=流産
という事にはならないけど、いきむことで血圧が上昇し
立ちくらみなどを起こす危険があるそうです。

妊娠中でも便秘薬が使えます

先生に「いきんでしまった!」と相談した事もあり、
産婦人科で便秘薬を処方されました。

スポンサーリンク

毎日飲み続けると薬でしか便意を感じなくなると言われ、
私は妊娠前は便秘体質ではなかったこともあり、
2日に1回、3日に1回など日にちをあけながら服用して
いましたが、薬の効き方は個人差があるので自分で勝手に調
整しないようにしてください。

私が処方されたのは酸化マグネシウムというよく子供にも
処方されているような軽い便秘薬で、妊娠中でも服用が
できるためよく妊婦さんが出される薬です。

効果は、市販の便秘薬のように急にお腹が痛くなる
こともなく、ごく自然にお通じがくるようになるので、
いきんでしまう心配もなくなりました。

生活習慣の改善

妊娠中は運動不足になりがちです。

あまり激しく動きまわる事はオススメできませんが、
1日15分程度ウォーキングなど軽めの運動を取り入れて
みてはいかがでしょうか?

急激な体重増加も防ぐ事ができますし気分転換にもなるので
オススメです。

また、水分をしっかりとって食物繊維が多めの食事を作ったり
基本的な事を続けていれば、すぐに改善はされませんが
少しずつ体質が改善されていきます。

おすすめの飲み物

私が助産師のかたにオススメされた飲み物で
「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」「ルイボスティー」
などがおすすめです。

便秘の改善、予防にもなりますし、むくみの対策になりました。
どれもスーパーやドラッグストアですぐに手に入るものですので
試してみてください。

冷たい状態ではなく、ホットで飲むとなお効果的ですし
リラックス効果もありますが、香りが独特の為、
慣れるまでは常温で飲んだほうが飲みやすいかもしれません。



さいごに

そこまで酷い便秘でなくても、先生に相談すればすぐに
便秘薬は処方してもらえます。

運動や食事の見直しももちろん大切な事ですが、
便秘でストレスが溜まったり体調を崩したり、
いきんで毎回不安になるのなら、早めに相談をして
薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ