家事の時短アイデア(料理編)! これで家事の時間が1割引きに!?

「家事と育児に追われて自分の時間なんて持てない!」

という主婦は多いと思います。

その中でさらに仕事もされているママは本当に大変だと思います。

私も毎日家事と育児に追われ、予定通りに行かない事がよくあります。

ただ、あまりにも毎回予定通りに家事も終わらないので「要領が悪いのかな?」と思い自分の1日を見直すことにしました。

するといつもの家事にひと手間をかけるだけで、時短につながりそうな事がいくつかある事に気づきました。

そしてそれを少しずつ実践してみたところ…

以前よりも効率よく家事をこなせるようになりました!

そこで今回は、毎日必ず主婦がやらなくてはならない「料理」を効率よくこなす方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

家事の時短アイデア(料理編)! これで家事の時間が1割引きに!?

何でも冷凍作戦で大幅に時短!

基本的に我が家ではほとんどの物を「冷凍」しています。

例えば、ハンバーグを作る時に玉ねぎをみじん切りにしますよね?

その玉ねぎを多めにみじん切りにして保存用の袋に入れて冷凍します。

ついでにお弁当用に小さめのハンバーグも2、3個作っておきます。

私はお弁当用に毎回夕食を作るたびに肉でも野菜でもちょっとだけ残しているのですが、この「ちょっと残す」のが結構お弁当を作る時に役に立ちます。

この時みじん切りにした玉ねぎの冷凍ストックは、次回シチューやチャーハンを作る時にさっと使えるので楽です。

また、玉ねぎやきのこ類は冷凍した方が甘みが増して美味しくなります。

他にも人参、里芋なども時間のあるときに下茹でをして適当な大きさにカットして保存しています。

この方法で朝、旦那のお弁当作りが10~15分で出来、夕食の準備の時間が大幅に短くなりました。

時間のあるときにストック用の野菜やおかずを作るのもいいのですが、時間のあるときがあまりないので食事を作る時に「ついで」に多く用意する程度でいいと思います。

スポンサーリンク
ちょっとしたひと手間で冷蔵庫を楽々管理

どこに何があるのか分からないと探す事で時間をロスしますし、何が冷蔵庫に残っていて何が賞味期限が近いのかを把握していれば、その日の献立も立てやすくなります。

そこで我が家では、ぱっと見て分かるように付箋に賞味期限を記入して食品に貼り付けています。

冷蔵庫を開けてすぐにどの食品を先に使うべきかわかるので、それによって献立が割とすぐ決まります。

さらに100均などにある「トレイ」にマーガリン、ジャム、ヨーグルトを入れておきます。

朝食にパンを食べる家族がいれば、そのトレイごと引き抜いてテーブルに乗せればいちいちマーガリンを探す手間もなくなります。

確かに最初はトレイやタッパーを用意して食品を入れていくのが面倒です。

でも一度やってしまえばそのあとからは絶対に時短につながるので楽ができますよ!

献立を事前に考えておく

私は別に料理が苦手という訳ではないのですが、献立を立てるのが非常に苦手です。

何も考えずに料理をすると、私は鶏肉が好きなので一週間鶏肉料理が続いてしまったという事もよくあります。

そこで紙に一週間分の献立を決めてみたところ、冷蔵庫の前で「何作ろう~」という事が減りました。

ただ、スーパーに行ったら「こっちの方が安いから、メニュー変更!」という事もよくありますが…。

またワンプレートで料理を出す事も多いです。

ワンプレート皿を使う事で、

●洗い物が少なくなる。

●子供が何をどのくらい食べたのかよく分かる。

というようなメリットがあります。

そのほかに、お米を研ぐときは泡立て器を使ったり、圧力鍋も頻繁に使っています。

まとめ

毎日やらなければいけない事だからこそ、上手に時短して効率よく回したいですよね。

ちょっとした工夫で時短に繋がれば家事が効率よくできます。

すると少しだけママのゆっくりできる時間も増やせるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ