妊婦のお風呂掃除は危険がいっぱい!?塩素系洗剤の使用は?洗い方は?

妊娠中、特に妊娠後期のお腹が大きな時期になると
家事もやりにくい事が増えてきますよね。

特にお風呂掃除はお腹が圧迫される体勢になることが多く、
とても辛く感じる家事の一つです。

私も妊娠後期、お風呂掃除は負担が大きいので嫌いでした。

それとなく旦那に「お風呂掃除大変」と伝えたら

「無理せずに、休みながらやりなよ」

と言われ、一瞬労いの言葉と思ったのですが、
よく考えたら遠まわしに自分で頑張れという意味だと
気づいて後から腹がたったことがあります。

そこで!

出来れば旦那さんにお願いした方がいいのですが、
妊娠中でも出来るお風呂掃除の方法をご紹介していきます。

お風呂掃除の危険を前もって知り、注意出来れば「万が一」
を防ぐ事ができます!
ぜひ参考にして、後悔しないようにして下さいね。

スポンサーリンク

妊婦でもお風呂掃除は出来る?妊娠中の風呂掃除の方法

柄のついたスポンジ

柄の長い先端にスポンジが付いたタイプの物が100均にあります。

立ったまま掃除が出来るので、お腹への負担が減ります。

腰を曲げなくても済むため、お腹の圧迫もなく楽に掃除ができます。

私の母は腰を曲げるとお腹が苦しくて、気分が悪くなるので
スポンジを足で踏んで浴槽を掃除していたそうです。

最初は「それいいかも!」と思いましたが、滑ると危ないので
こういった便利グッズに頼りましょう。

座って掃除

普通のスポンジで浴槽などを洗う場合は、中腰になり、
お腹にも腰にも負担がかかります。

ですので、浴槽の中を掃除する時は安全面も考えて、
べったり浴槽に座って掃除をしましょう。

床は、お風呂用の椅子に座りながら磨けば少し楽にできます。

このやり方はどうしても服に洗剤がついたり、
濡れてしまうので、先にお風呂に入って上がる時についでに
裸のままで掃除をする人も多いようですが、
私はせっかくお風呂に入ったのに裸で掃除をしている間に、
体が冷えてしまいそうだと思ったので、服が濡れてもすぐに
お風呂に入って暖まれるように、最初に掃除をしてからすぐに
お風呂に入っていました。

スポンサーリンク
カビ対策

妊娠中はもちろん、赤ちゃんにも害を及ぼすカビ対策は
しっかりしておきたいですよね。

でも、市販の塩素系の薬品って妊娠中は使っていいのか
私も悩みました。

妊婦検診に行った時に助産師の方に相談したところ、

「マスクをして換気をしっかりして手袋をすれば、
そこまで神経質にならなくても大丈夫!」

と言われました。

きちんと、薬品に記載してある使用上の注意を守れば
問題ないとの事ですが匂いがキツイので、気分が悪くなる事があります。

私は特に気分が悪くなることは無かったのですが、
やっぱり赤ちゃんへの影響があったら…と心配になったので
塩素系以外のカビ対策にエタノールを使用していました。

エタノールはドラックストアなどに置いてある消毒用のものです。

やりかたは、カビのある場所もしくはカビが出やすそうな場所
(天井など)にエタノールをかけます。

そのままだとすぐ乾いてしまうので、ティッシュか
キッチンペーパーをエタノールをかけた場所の上に貼り付けてください。

私はキッチンペーパーだとすぐに剥がれてしまうので
ティッシュを使っていました。

そのまま30分ほど放置して、あとはシャワーで流すか
軽くこすればカビ予防にもなります。
万が一手についてしまっても消毒なら特に害はないので安心です。

ただ、エタノールも匂いが強いので換気は忘れないでください。

出来れば誰かにお願いしましょう

パパの帰りが遅いなど、誰かにお願いするのが難しい家庭も
あるかもしれませんが、出来る限りお風呂掃除は誰かにお願い
するのがやはりいいと思います。

お腹が大きくなると、前かがみになるお風呂掃除の体制は
お腹に負担がかかり、張りやすくなります。

また、お腹の重さでバランスを崩す事もありますし、
石鹸などが床に残っていると滑りやすくなっているので、
転んでしまう危険性もあります。

お腹がまだ目立っていなくても転ぶと大変な事になりますし、
冬は体が冷えるので赤ちゃんにも良くないです。

何か起こってから後悔をしても遅いので妊娠中は、
無理をしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ