やかんはステンレスだけど、やっぱり掃除した方が良い?どんな洗い方?

みなさんはやかんの掃除ってどうしていますか?

水しか沸かしてないからさほど洗ってない?
中はゆすいで外はゴシゴシ??

良いやかんの洗い方が分からないという方のために、
やかんをピカピカにできる方法をいくつか紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

そもそもやかん(ステンレス)って掃除するべきなの?

「やかんなんか水しか沸かしてないんだし…そんな汚れてなくない?」

「汚くても外側だけじゃない?」

そう思ってる時期が私にもありました…

明るいところで一度よく見てみてください…

ある程度使っていて、しかも水洗いしかしていない…
そんなやかんであれば水垢で茶色くなっていたり、
やかんの底や周りに白い結晶みたいなものが付いていたりしませんか?
白い結晶とは「カルキ」です。

水道水に入っている消毒とか殺菌のために入っている成分ですね。

沸騰させて蒸発する際に、底や周りに付着したものがどんどん
固まっていき真っ白でザラザラになってしまうのです。

そんなやかんを使っているからといってすぐ病気になったりは
しませんが、どうせなら綺麗なやかんを使いたいですよね!

カルキ結晶の落とし方

まず水を沸騰させます。

そこにお酢を入れカルキが浮いてくるまで
火にかけてください。

お酢の量はやかんの大きさに合わせてお好みで。

汚れががっつりな場合は水:お酢=1:1くらい。

大体の汚れが浮いてきたら火を止めてよくすすいで
スポンジなどで磨いてみてください。

まだ残ってるな~と感じる場合は上記の方法を何回か
試してみてくださいね。

お酢以外にもクエン酸でもキレイに落とすことが出来ます。

お酢であんまり効果がないなーと感じる方は、一度クエン酸を
使ってみてください。

使用方法はお酢の時と変わりません!
クエン酸の量は大体大さじ一杯から量を増やすか減らすか
調節してくださいね!

スポンサーリンク
水垢を取るときは?

なんとここでも登場するのがお酢とクエン酸です!

カルキ結晶を取るときと同じように沸騰させて
クエン酸、お酢を入れるといいですよ!

そのあと一晩置いておくとさらに効果がアップ!

カルキ結晶を取ろうと思ったら水垢も取れて
やかんが綺麗になるなんてこれこそ一石二鳥ですね!

外側の汚れはどうするの?

内側を綺麗にした後はやっぱり外側もキレイにしたいですよね!

やかんの外側の汚れは主にみなさん油汚れだと思います。

油汚れには重曹!という方が多いとは思いますが、
「エタノール」も結構ピカピカになるんですよ?

エタノールとはケガしたときなどに使用する消毒する薬です。
なのでまず普通に使ってれば身体に害はありません。

使用方法は外側の汚れが気になるところにエタノールを吹きかけ
もしくはエタノールをしみ込ませた布などで
そのキレイにしたい部分をこするだけです。

黒ずみなどは取れなくともヌルヌルはとれて
ツルツルになります。
この方法が重曹なども使わず消毒にもなる一番お手軽な方法です!

でもきっちりピカピカにしたい!

そんなあなたは「重曹」や「みがき粉」を使いましょう。

・水で重曹を溶いた重曹水を作り、それをかけながら布やスポンジで磨く。

または

・重曹をやかんに振りかけて少し置いた後、スポンジや布でこする。

他にはやかんが入るほどの大きなお鍋がある人は
やかんをそのお鍋に入れて重曹水でゆがくという荒業もあるようです。

こういうことをしても汚れが取れない!キレイにならない!な方は…
もう買い替えましょう(笑)

大事に一つの物を使うことも大切ですが「もう僕は寿命だよ…」
な、やかんさんもいると思うので話し合って決めてあげてください(笑)

まとめ

どうでしょうか?あなたのやかんはピカピカになりましたか?

汚いやかんとピカピカなやかんで朝を迎えるのとでは
一日の気持ちが違います!(←大げさ)

いつもは掃除しないという人も気が向いたら
掃除してみてあげてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ