お雑煮を大晦日に食べてはダメ?地域による違いや特徴をご紹介!

お正月はおうちでまったりしながら、おいしい料理を食べる…

日本の正月の定番の過ごし方ですが、
これ、最高ですよね?

お正月料理はおいいしいものがたくさん(^O^)/
お雑煮もそのひとつ。

というか、お正月料理のキング的な存在です!!

そのキングについて、
なぜ正月に食べるのか、いつから食べられるようになったのか、
今まで私も知る機会がなかったのですが、

“日本人たるや、雑煮を語れないでどうする!?”

と自分にはっぱをかけて調べてみましたのでご紹介します(*^^)v

スポンサーリンク

お雑煮の由来や歴史など分かり易くご説明!

◆お雑煮はいつから?

お雑煮の始まりは平安時代だと言われています。
ずいぶん昔から食べられていたんですね。

今ではスーパーに行けば1年中買えるお餅も、
その頃は、特別な日にだけ食べられる特別な食べ物だったようで、
お正月には「年神様」のお供えにも上げられていました。

※年神様(としがみさま)とは…
新年の神様。各家庭に幸せや充実をもたらす神様で、
元旦に降りてくると言い伝えられています。

そのお供えしたお餅と、大根やにんじんなどの根菜を一緒に煮込んで
お正月に食べたのがお雑煮の始まり。

それから少し経った室町時代には、武士の宴会の席で最初に出される料理に。

江戸時代には庶民でもお餅に手が届くようになって、今と同じように
お雑煮を食べるようになりました。

◆大晦日にお雑煮を食べるのはNG?

年神様にお供えしたご利益のあるお餅を入れて、
1年の健康や家運の繁栄を願って食べるのがお雑煮の本来の食べ方。

ですから、当然大晦日に食べるのは
形式的にはNGということになりますね(^_^;)

昔は、その年の最初に川や井戸から組んできた「若水」と呼ばれる水で、
最初におこした火でお雑煮を作っていたようです。

お雑煮は関東と関西はどう違うの?地域別の特徴などご紹介!

地域によって味付けや具材がさまざまなお雑煮。

まずは、関東と関西でざっくりと違いを分けてみました。

【関東】
・醤油ベースのすまし汁
・焼いた角餅
・具は鶏肉、にんじん、小松菜、みつ葉、など

関東お雑煮の画像一覧

スポンサーリンク
【関西】
・味噌を使った汁
・ゆでた丸餅
・具は里芋、大根、にんじん、など

関西お雑煮の画像一覧

もともとは、お雑煮には丸餅が使われていたようですが、
関東で角餅が使われ出した理由として、

・人口が多く数をこなすのに、1つ1つ手で丸めていると時間が足りないので
切るだけの角餅は効率が良い。

・四角く切った「のし餅」を食べて“敵をのす”という武家文化の影響。

があります。

そしておもしろいことに、
このお餅の違いの境界線はどうやら岐阜県あたりのようで、
「関ヶ原の戦い」の場を境に分かれたという説があります。

ではここで!

一度は食べてみたい「ちょっとユニーク?なお雑煮」をご紹介します!

【岩手県:くるみ雑煮】

お餅、野菜や山菜の入った醤油ベースのお雑煮。

ここまでは何も変わったことはないのですが、
この中に入っているお餅の食べ方に注目!

別のお椀に盛られている「くるみダレ」につけて食べます(゜o゜)

ほんのり醤油の風味がついたお餅に、
甘いくるみのタレがからまって絶妙な味だそうで…食べてみたい!!

岩手県くるみ雑煮の画像一覧

【福井県:かぶら雑煮】

味噌ベースの汁に、丸餅とカブが入ったお雑煮です。
カブの茎も一緒にいただきます。

なんでも「株が上がる」という縁起を担ぐ意味合いがあるようです。

福井県かぶら雑煮の画像一覧

【島根県:小豆雑煮】

だし汁にゆで小豆を入れて火にかけ、醤油と塩で味付け。
この小豆汁にゆでた丸餅を入れたお雑煮です。

だしの旨みと小豆の甘さが合わさった優しい味なんだそう。

島根県小豆雑煮の画像一覧

【香川県:あん餅雑煮】

いりこで出汁を取ったものに白味噌を溶かした汁に、
大根やにんじんなどの野菜と、あん入りの餅が入ったお雑煮です。

味噌とあんこ…いや、これ絶対おいしいと思います(^^♪

香川県あん餅雑煮の画像一覧

まとめ

いかがでしたか?

醤油ベースの汁に、普通のお餅と野菜が入った
ごくごく普通のお雑煮しか食べたことがない私は、
変り種雑煮に興味深々でした(^o^)

それぞれの地域の特産物が入ったお雑煮は、
そこで育った人にとって懐かしい「ふるさとの味」
となっているでしょうね。

つくづく日本料理っていいな、と思いました(*^_^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ