もう爆発寸前!私の子育てのストレス発散方法をご紹介!

毎日毎日、子供のお世話に追われる日々…

ストレス発散はできていますか?

妊娠中から含めると、ママはかなり長い期間、
食べ物や行動まで制限されてストレスもたまると思います。

私も今までに無いくらいストレスを感じていました。

爆発する前のガス抜きは本当にした方が、
子供の為にも自分のためにもいいと思います。

そこで!

私の育児中のストレス発散法を紹介していきます。

スポンサーリンク

子育てのストレス!どんどん発散させよう!

好きなものを食べる

私は妊娠中にコーラと和菓子にはまって、出産後も食べたい!
いう欲求が凄かったので、子供が寝ている間に
買いだめしていた和菓子とコーラをガツガツ食べていました。

甘いもので欲求が満たされると、不思議と家事も
やる気がおきるので、

「10時になったらお菓子休憩だ!」

と計画をたて、それまでに子供を寝かしつけて
家事を済ませ、ゆっくりお菓子タイムを楽しんでいます。

授乳中は生クリームを食べ過ぎると、
母乳の出が悪くなるなど影響があるので
「和菓子」はオススメです。

そして、私はお肉が大好きです。

授乳中は油の多い肉は母乳が詰まって出が悪くなったり、
乳腺炎の原因になる可能性があり、
控えるように産婦人科からも指導されました。

これは私にとってかなりのストレスでした。

ですので、助産師の方にどのくらいなら食べてもいい?
と聞いた所、人によるので何とも言えないけれど

「茹でた肉を食べるか、焼肉がどうしても食べたいのなら
安い肉を食べて。あまり質の良くないパサパサの牛肉とか。」

と言われました。

ただ、あまりにも厳しく制限をしたり
気にし過ぎたりすると逆にストレスが溜まります。

週に1、2回揚げ物を食べる。
など食べ過ぎないように気をつけながら食事をしています。

買い物に行く

買いすぎに注意ですが、買い物をしたり
特に用事がなくてもブラブラ見ていたりするのも楽しいです。

スポンサーリンク

子供が小さいとオムツやミルクの時間がありますし、
荷物も多くなるので外出する事自体に疲れてしまい、
逆にストレスがたまる事があります。

パパに子供と留守番をお願いすると、

「泣いたらどうしよう」

「ミルク吐いたら怖い」

と遠まわしに逃げようとするので、私は

「近所のスーパーに買い物にいくからその間お願い!」

と言って2時間弱ほど色々な所へ買い物をします。

パパは強制的に子供のお世話をする事になりますが、
このくらいの息抜きは許されると思っています。

1~2時間もすると授乳の時間になるので、
胸が張ってきますし子供が気になってきます。

それくらいの時間に家に帰れば気分もリフレッシュされて
イライラせず子供のお世話に向かえますし、
パパも日中のママの大変さを身をもって理解してくれるので
一石二鳥でした。

サボれる時はサボる!

掃除も料理も今日はやらない!

という日があってもいいと思います。

仕事は休みも休憩時間もありますが、育児に休みはありません。

全部やろうと思わず、上手に息抜きをして、
今しかない子供の成長を楽しんで子育てをできるようにしましょう。

やらなきゃダメな事(子供のお世話)をしていれば、
別に1日くらい夕食がスーパーのお惣菜や牛丼でも問題ないです。

そう思っていた方気分的に楽です。

一人の時間を作る

子供が生まれてから、一人になる時間って
思い出してみたら無いですよね。

30分だけでも一人になれたら随分違います。

育児中にストレスが溜まる原因を調べてみた結果、

第一位は「パパの育児不参加」でした。

ですので、パパと話し合って少しだけでも休みの日に
子供のお世話をお願いするいうのもオススメです。

お世話に慣れていないパパは大変かもしれませんが、
ほんの少しの時間でも一人になれると気分がリフレッシュされます。

ママが出来るだけイライラせず、
子供に笑顔を見せていられるように家族で協力しあって、
楽しみながら育児をできるように工夫しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ