ダイソー「収納バスケットモザイク柄」が100均見えないクオリティ!

リビングのテーブルなどに小物入れが置いてあれば、
ちょっとした物をまとめて入れておきたい時にとても役に立ちます。

「小物入れ」と一口に言っても、プラスチックやワイヤー、ラタン、
木など、素材もデザインも色々あってどれが良いか迷ってしまいますよね。

そんな小物入れの中でも、おしゃれなインテリア用品店でも定番の商品に
なっているのが、「ワイヤーとリボンテープを組み合わせたもの」。

ですがインテリア用品店で買うと、意外に値段が高いのが難点です。

もちろん100円ショップでも、様々な種類やサイズの小物入れが
沢山売っていて、使い勝手の面でも100均とは思えないものも多い
ですよね。

でも…

やっぱりデザインの面では、インテリア用品店のものには
かなわないように感じてしまいます。

やはりインテリア用品店のものに見劣りしない小物入れは
100均にはないのでしょうか?

いえ!

そんなことはないですよ!

ダイソーにはインテリア用品店に売っているかのような、
ワイヤーとリボンテープを組み合わせた気の利いた小物入れが
売っているんです。

デザインが100均の商品には見えません!

「収納バスケットモザイク柄」

といって、値段やデザインの面でもちろん魅力的なのですが、
それ以外にも思わず手に取りたくなるような魅力が沢山詰まっています。

収納バスケットモザイク柄にはどのような魅力があるのか、
具体的に説明していきますね!

スポンサーリンク

100円に見えない!ダイソーの小物入れ

■カラーバリエーションに大満足

これまでにインテリアショップで見た
ワイヤーとリボンテープを組み合わせた小物入れは、
濃い茶色やベージュといった地味な色が多いように感じました。

でも、ダイソーの収納バスケットモザイク柄は、
シンプルで落ち着いた色合いのものばかりでなく、
赤・茶色・ベージュなど数色の色を組み合わせた
マルチカラーのものもありますよ。

とにかくカラーバリエーションが豊富なので、部屋の雰囲気や
その時の気分にあったバスケットがきっと見つかりますよ。

私がよく利用しているダイソーでは、
一番豊富に商品があった時で、茶色などの定番色が数種類あったほか、
マルチカラーのものも2種類程見たような気がします。

また、バスケットのサイズも3種類ありました。

スポンサーリンク

もちろん単品で買えますが、3種類まとめて買っても
税込324円と手頃な値段なので、揃うようであれば
まとめて買うのがおすすめです。

1つずつ使いたい場所で別々に使うのも良いですが、
3つを並べて使うと、同じデザインなのでまとまり感が出ます。

使わない時も「入れ子」にしてコンパクトにまとまるので便利ですよ。

私は、赤・茶色・ベージュなどのマルチカラーのものを
セットで買いました。

赤があるおかげか温かみが感じられながらも、全体としては
主張し過ぎない存在感があってとても満足しています。

でも!

100均でインテリア用品店のものに見劣りしない小物入れが
買えるのなら、品薄でなかなか手に入らないということは
ないのでしょうか?

私の家から一番近いダイソーでの様子をレポートしますね。

■ダイソー収納バスケットモザイク柄は、やはり人気!?

私の家から一番近いダイソーは、それほど大きな店ではなく
店の規模としては普通かと思います。

商品を置いている場所は、プラスチックの収納用品(かごやケースなど)
の隣でした。

私が「収納バスケットモザイク柄」を見つけた時は、
ラッキーにも商品が入荷されたばかりの時だったようで、
色の種類もサイズも豊富にありました。

でも、その後しばらく経ってから同じ店を見た時には、
商品がほとんど無くなってて、残念ながら3種類のサイズを
同じ色で揃えて買うことはできなくなってました。

やはり人気の商品のようなので、運よく見つけたらまとめて
購入する方がいいですよ。

■毎日の生活に彩りを

ダイソー収納バスケットモザイク柄は、
ワイヤーとリボンテープを組み合わせた小物入れです。

お手頃な値段と、インテリア用品店のものに負けないデザインで
人気の商品ですが、それ以外にも次のような特徴があります。

・カラーバリエーションが豊富でマルチカラーのものもある
・サイズが3種類あり、3つ買ってセットにしても使える

よく売れているようなので、自分の好みの色やサイズのバスケットが
売っているかはその時の運次第ですが、運よく見つかったら
迷わず購入することをおすすめします。

お気に入りの小物入れで、毎日の生活に彩りを添えてみませんか。

家で過ごす時間が何だかわくわくすることうけ合いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ