他とは違う!100均ダイソーの「ペットボトル洗い」がおすすめな理由

空のペットボトルは使い道が多く、例えば

パスタやお米の保存、子供の工作、植物を育てるプランター…

などなど様々な再利用の方法がありますよね。

ただ、再利用する前に一度ペットボトルの内側をきれいに洗わないといけないですよね。

ペットボトルは口が狭くて縦長の形をしているので、きれいに洗うのが難しいんですよね~

中に水を入れてゆすぐだけでは底の汚れが取れない気がするし…

なので各社から色々なペットボトル用のブラシが販売されていますが、よく見かけるペットボトルブラシはまっすぐな棒状の物が多く、「底の隅っこの部分」や「飲み口の下のネックの部分」にうまくブラシが届きにくいのです。

また、水筒や家で沸かした麦茶などを入れておく冷水筒も、きちんとブラシで洗っているつもりでも隅の方に汚れが残ってしまいがちです。

洗いにくいペットボトル、水筒、冷水筒などの内側を隅々まできれいに洗いたい時におすすめなのが、100円ショップダイソーの「ペットボトル洗い」です!

ダイソーのペットボトル洗いは、見た目は猫じゃらしのような形をしていますが、実際使ってみると見た目よりずっと汚れ落ちが良く、もう何年もリピ買いしてますよ。

ダイソーのペットボトル洗いには、他のペットボトル洗いにはない特徴が色々あるのですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

詳しく説明しますね。

スポンサーリンク

100均ダイソーの「ペットボトル洗い」に施されている様々な工夫

ダイソーのペットボトル洗いの先の部分は、少し起毛した感じのアクリルブラシになっていて、ペットボトルや水筒の口の部分から中の方へブラシを入れて洗います。

ペットボトルや水筒の角の部分には茶渋などの汚れが溜まり易いのですが、ダイソーのペットボトル洗いは先の部分が自在に曲がるのでブラシが角の部分までしっかりと届きます。

また、先の部分の角度をネックに合わせて変えれば、洗いにくいペットボトルのネック部分にもブラシが届きます。

そのためペットボトルや水筒を洗い残しなく本当に隅々まできれいに洗えますよ。

その他にもペットボトルや水筒をきれいに洗うための様々な工夫がされています。

●アクリル繊維が汚れをかき取るので、洗剤を使わず水だけでも
茶渋などの汚れが落ちる

●柄の部分が長いので2Lの大きなペットボトルでもしっかり底まで
ブラシが届く

●柄の部分の端に穴があるのでひもを通せば吊り下げて保管できる

ペットボトル洗いを上手に使えば、ペットボトルや水筒を効率よく洗うことができますが、ブラシ自体に茶渋などがこびりついてすぐに使えなくなるんだったら困りますよね。

スポンサーリンク

ブラシの方にどれほど汚れが付くのか、実際に使ってみた感じをレポートしていきます。

ダイソーのペットボトル洗いのブラシ部分は汚れが付きやすいのか?

ダイソーのペットボトル洗いの先についている白いブラシはペットボトルや水筒の汚れをきれいにかきとってくれます。

そのため何度も使うと茶渋などの汚れがついて、白いブラシが茶色っぽく変色していくのは残念ながら避けられません。
 
3か月も使えばかなりブラシは変色しますし、ブラシの繊維が硬くなって汚れ落ちも悪くなります。

とはいうものの、ブラシを使った後にブラシ自体を丁寧に洗って乾かしていれば、使う頻度にもよりますがしばらくはブラシが茶色く変色してしまうようなことはないです。

また、別の「スポンジ式のペットボトル洗い」は、スポンジが破れてすぐに使えなくなることがありましたが、ダイソーのペットボトル洗いはブラシ部分が汚れたとしてもブラシ部分の繊維がすぐに抜けることはなかったです。

明らかに汚れが目立つようになっても、値段がお手頃なので気兼ねなく新しいものと交換でき、いつも清潔な状態でブラシを使えますね。

使う機会の多い夏にどんどんブラシを使ってペットボトルや水筒をきれいに洗い、1シーズン使ってブラシの汚れが目立ってきたら交換、といった流れでブラシを使うのが良いのではないかと思います。

ダイソーのペットボトル洗いを活用して快適な生活を

ペットボトルを再利用、また水筒などは内側を清潔な状態にして安心して使えるようにしておきたいですよね。

ダイソーの「ペットボトル洗い」の特徴のまとめです。

●柄の部分が長く先の部分が自在に曲がるので、ブラシがすみずみまで届く

●洗剤を使わなくても水だけで茶渋などの汚れが落ちる

●柄の部分の穴にひもを通せば吊るして保管できる

普通に使用すれば、数か月(1シーズン程度)は十分使えますよ。

ダイソーのペットボトル洗いでしっかりとペットボトルや水筒を洗って、ペットボトルの再利用やドリンク代の節約に役立てましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ