100均セリアで見つけたおすすめ商品「アイヴィーシューズハンガー」

スニーカーや上履き、洗えるトイレのスリッパ…

水洗いできる履物は洗うと気持ちよく履けますよね。

ところで!

洗った後の靴やスリッパはどのようにして干してますか?

ベランダに地べたに置いたり、壁に立てかけたりして
干している方も多いかと思います。

でもベランダに置いて干すと靴底の部分が乾きにくくて
場所も取りますし、壁に立てかけるといつの間にか靴が倒れて
しまっていたりします。

また、家の中で使うトイレのスリッパは地べたには干せないので、
ピンチハンガーで干します。

そうするとスリッパにピンチでとめた跡が残ってしまいます。

このように、洗った後の靴やスリッパを干すのは意外と面倒に
感じることが多いものです。

ですが、場所を取らない上にもっと便利に靴やスリッパを干せる
シューズハンガーが100円ショップの「セリア」にありますよ。

その商品の名前は

「アイヴィーシューズハンガー」

です。

アイヴィーシューズハンガーは、靴やスリッパを省スペースで
干せるハンガーですが、それ以外にも色々と便利な点があります。

アイヴィーシューズハンガーの便利な点について、詳しく
説明していきますね。

スポンサーリンク

100均セリアで見つけたおすすめのシューズハンガー

■アイヴィーシューズハンガーの便利な点

セリアの「アイヴィーシューズハンガー」には、上の部分に
物干しざおなどに引っ掛けられるフックがついています。

下の部分は左右に分かれていて、靴やスリッパを一足分干せる
ようになっています。

フックの部分を物干し竿などにかけ、下の分かれた部分に
靴やスリッパを差し込むような感じで干します。

そしてフックの部分に「これはっ!」と思わせるような工夫が
たくさんあります。

フックの部分は回転するので、日当たりや風向きなどに合わせて
乾きやすいように干す向きを変えられます。

また、アイヴィーシューズハンガーは、二つ以上持っていると
連結して使うこともでき、二足以上の靴やスリッパを省スペースで
まとめて干すことができるのもうれしいですよ。

さらにフックの作りがしっかりしているので、風が吹いても
ハンガーが動きにくいですよ。

スポンサーリンク

せっかく干した靴を倒して汚れをつけてしまったり、ピンチの跡を
つけてしまったりすることもなく、少ないスペースで乾き易い角度に
調節して干せる「アイヴィーシューズハンガー」は、靴やスリッパを
干す時には欠かせない存在です。

実はベランダのスリッパの、「雨の時の保管場」所としても便利
なんですよ。

急な雨の時にベランダにスリッパを置いておくと、吹き込んできた
雨でスリッパが濡れてしまうことがあります。

でも、スリッパをハンガーにかけて、雨のあたらない軒下に
吊るしておけば、急に雨が降ってきてもスリッパがびしょ濡れで困った!
ということがありません。

■アイヴィーシューズハンガーは重い靴をかけても大丈夫なのか?

でも…100均の商品は作りがきゃしゃな感じで、すぐに
壊れてしまうのではないかというイメージはないでしょうか?

実際にアイヴィーシューズハンガーを使ってみた印象について、
詳しくレポートしていきます。

私は「アイヴィーシューズハンガー」を4か月前に買いました。

以前も別の100均で買ったシューズハンガーを持っていましたが、
作りが頼りなく、スニーカーなどの重い靴をかけると何だか
ぐらついて不安定な感じでした。

ですがアイヴィーシューズハンガーは、100均とは思えない程
作りがしっかりしていて、重い靴をかけても靴がふらつくことなく
安定しています。

シューズハンガーも、新しいものはずいぶん改良されている
ものだと感心しましたよ。

アイヴィーシューズハンガーを買ってからは週に1~2回程度
の頻度で4か月ほど使ってますが、今のところはぐらついている
様子は全くないですね。

使う時だけハンガーを外に出し、普段は家の中の日の当たらない
場所に保管しておけば、さらにシューズハンガーが長持ちする
と思います。

■洗える履物をいつも清潔に保って快適な毎日を

「アイヴィーシューズハンガー」の魅力をまとめると、

・壁に立てかけて干す時のように靴やスリッパを倒してしまうことがない
・ピンチハンガーで干す時のようにピンチの跡をつけてしまうこともない
・ハンガー同士を連結して使えるので省スペースで一度に多くの靴やスリッパが干せる
・風が吹いてもハンガーが動きにくい
・100均とは思えないほど丈夫な作りで、重い靴をかけても安定している
・雨の時のベランダのスリッパの保管場所としても便利

アイヴィーシューズハンガーを活用して、スニーカーや
トイレのスリッパなどの洗える履物を、いつも清潔に保って
快適な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ