100均キャンドゥのおすすめ商品!「Rmピンチハンガー」は使い勝手良し!

靴下、ミニタオルやハンカチ、ふきん…
ブラジャーやショーツなどの女性用の下着といった小さい洗濯物…

洗濯が終わって干す時、
「ピンチが40~50個ほど付いたピンチハンガー」に干すことが多いですね。

洗濯物がたくさんある時は、大きいピンチハンガーは
一度にたくさんの洗濯物を干せてとても便利です。

でも…

雨で靴下が濡れて1足だけ靴下を洗った時や、
口のまわりをふいて汚れたミニタオルを洗った時などは
干すものはそれほど多くないですよね。

ほんの少しの洗濯物のために大きいピンチハンガーを持ってきて干すのも
面倒で場所を取ります。

それに空きスペースが多くて見ばえも今一つだと思います。
(私だけ?)

このような、ちょっとだけ洗濯物を干したい時の不便を解消するのに
ぴったりの商品が、100均ショップのキャンドゥで売られている
「Rmピンチハンガー」です。

「Rmピンチハンガー」があれば、ちょっとした洗濯物をもっと手軽に干せて
とても便利です。

では、「Rmピンチハンガー」はどのような点で使い勝手が良いのでしょうか?

「Rmピンチハンガー」のおすすめの点について説明していきますね。

スポンサーリンク

キャンドゥ(100均)商品のおすすめ!「Rmピンチハンガー」は使い勝手良し!

キャンドゥ「Rmピンチハンガー」のおすすめの点
1. 少ないスペースでちょっとした洗濯物を手軽に干せる

「Rmピンチハンガー」は、通常のハンガーの形をしたピンチハンガーで
8個のピンチがついてます。

ハンガーの大きさは通常のハンガーと同じなので、
ちょっとした洗濯物を少ないスペースでも効率良く
干すことができますよ。

また、ハンガー1つでは少しピンチの数が足りないかなという時には
もう1つハンガーを追加します。

それでも、かさばらずに洗濯物を干せるのもうれしい点です!

2. 意外に作りがしっかりしていて長持ちする

100均で売っているハンガーは、作りも値段相当で
すぐに壊れてしまうのではないかとイメージしてしまいますよね。

でも、Rmピンチハンガーは値段のわりに作りがしっかりしていて
お得感があります!

スポンサーリンク

もういつ買ったのか忘れた位使ってますが、
壊れたり色あせしたりもせず、とても長持ちしてます。

さらに、さおにかける部分の内側のところにフックがついていて、
物干しざおに差し込むと、フックがさおの下にかかるので、
強い風が吹いてもハンガーが落ちにくいのも特徴です。

「Rmピンチハンガー」は丈夫な上に、物干しの時の悩みの種でもある
強風への対策も考えられているので本当に便利ですね。

3. 3色のカラーバリエーションがある

お手頃価格のハンガーは実用性重視で見た目が今一つの商品も多いです。

でも「Rmピンチハンガー」には、ホワイト・ピンク・グリーンの
3色のカラーバリエーションがあります。

ホワイトはくすんだ感じではなくくっきりとした白、
ピンクはつつじの花のような鮮やかなピンク、
グリーンは新緑をイメージさせる明るい黄緑です。

きれいな色のハンガーだと、長雨で部屋干しが続いている時でも
部屋の雰囲気がぱっと華やぐ気がしますね。

値段が手ごろで丈夫、さりげない強風対策、見た目もばっちりと
魅力いっぱいの「Rmピンチハンガー」ですが、
使う時に少しだけ注意が必要な点があります。

では、その注意点とはどのようなことなのでしょうか?

キャンドゥ「Rmピンチハンガー」のいまいちの点

「Rmピンチハンガー」のハンガーとピンチは、
小さなプラスチックのフックでつながっています。

他のハンガーと一緒に置いていてピンチがからまってしまった時、
無理に外そうとするとプラスチックのフックが壊れてしまうことがあります。

プラスチックのフックの部分は細いので、もしピンチがからまってしまったら
うっかり壊してしまうことのないように、ゆっくり丁寧に外さないといけません。

小物干しならおまかせ!キャンドゥ「Rmピンチハンガー」

多少の欠点はありますが、Rmピンチハンガーは以下のような点で
とてもおすすめできるハンガーです。

・少量の洗濯物を少しのスペースで手軽に干せる
・プチプライスでも丈夫で長持ちする
・さりげなく強風対策も施され、使い心地が良い
・部屋の雰囲気を明るくする3色のカラーバリエーションがある

靴下やミニタオルなどの小さい洗濯物を少量ずつ、
干したいタイミングで干したい時には「Rmピンチハンガー」

大量の洗濯物を一気に干したい時には大きいピンチハンガーと、
洗濯物の量に合わせてハンガーを使い分ければ毎日の洗濯が
ぐんとはかどりますよ(*^▽^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ