100均おすすめ商品!キャンドゥ「ロングチャック袋8枚」が超便利!

皆さんは「使いかけのキュウリ」や、「封を開けたパスタ」など、縦に長い食品を保存したい時にどのような袋を使っていますか?

冷蔵や冷凍の保存に便利なジッパー付きの袋は、丈夫で破れにくい上に電子レンジでの解凍もできるので毎日の調理に欠かせないものですよね。

でも、普段よく行く食品スーパーやホームセンターで見かけるジッパー付きの食品保存袋というと、「横幅が広いもの」が多いです。

縦横の幅がそれほど変わらない食品を入れる時や、まとめてたくさんの食品を入れる時には便利だけど…

縦に長い食品を入れると袋の横幅が余ってしまい、中に入れた食品が袋の中であちこち動いてしまうことはありませんか?

毎日の食生活でもしばしばお世話になる縦長の食品。

袋に余分なスペースを作ることなく保存するのにぴったりの袋が

「100円ショップのキャンドゥ」で売ってましたよ!

その袋の名前は「ロングチャック袋」です。

もしかしたら昔から売ってたのかもしれませんが、最近初めてこの袋をキャンドゥで見かけた時は前から探していた袋がやっと見つかったとうれしくなりました!

期待して買ったロングチャック袋ですが、実際使ってみてどのような点が便利だったのかレポートしていきます。

スポンサーリンク

キャンドゥ商品「ロングチャック袋」のおすすめの点

縦に長い食品というと、キュウリ、アスパラガス、長ネギなどの野菜。

サンマや干物類、乾物ではパスタやうどんなど日常生活でよく使う食品が思い当たりますよね。

キャンドゥロングチャック袋は食品を入れて冷蔵・冷凍保存をするのに便利な袋です。

縦が32cm、横が12cmと縦に長い形をしていますので、縦に長い食品を入れても袋の横に余分なスペースができずにすみます。

そのため袋の中で食品があちこち動くこともなく、冷蔵庫や冷凍庫の中に入れても少ないスペースで効率よく収納できます。

さらに、冷凍保存した食品を袋ごと電子レンジで解凍できますので、調理時間の短縮にも役立ちそうです。

さすがに長ネギはそのままでは袋には入りませんが、三等分に切って入れれば冷蔵庫の野菜室にすっきりおさまりますし、ネギの乾燥を防ぐこともできて一石二鳥です。

でも…

「100均の袋だとすぐに袋が破れたりしないの?」

と、気になりますよね。

このロングチャック袋と、「旭化成ホームプロダクツのジップロックフリーザーバッグ」(縦長の袋ではありませんが)を比較して、袋の丈夫さやジッパーの閉まり具合にどのような違いがあるのか、さらに詳しくレポートして行きます。

スポンサーリンク
キャンドゥロングチャック袋の丈夫さは?

「ロングチャック袋」は8枚入りで税込108円とお手頃な価格ですが、袋の丈夫さ、厚み、ジッパーの閉まり具合に問題はないのでしょうか?

ロングチャック袋の厚さは0.06mmで、意外にも旭化成ホームプロダクツのジップロックフリーザーバッグと同じ厚さです。

袋を触った感じも、ぺらんぺらんではなくしっかりと厚みが感じられます。

では、ジッパーの閉まり具合はいかがでしょうか?

旭化成ホームプロダクツのジップロックフリーザーバッグは、ジッパーを開け閉めする時にプチプチとした感覚が確実に指先に伝わり、しっかりと密閉できていると実感できます。

一方、ロングチャック袋も開け閉めの時にプチプチとした感覚は十分にありますが、旭化成ホームプロダクツのものと比べると開け閉めの時に力がいるように感じました。

袋の開閉のしやすさでは、旭化成ホームプロダクツのフリーザーバッグに軍配が上がります。

ですが長ネギを入れてみてもすぐに袋が型崩れすることはなく、丈夫さの面で大きな問題はないようです。

キャンドゥの「ロングチャック袋」は縦長の食品の保存に大活躍!!

ジッパー付きの食品保存袋は一般の食品スーパーやホームセンターで様々な種類が販売されています。

しかし、縦長の食品が隙間なくおさまるような細長いジッパー付きの袋は、今のところ「キャンドゥのロングチャック袋」以外はあまり見当たらように思います。

縦長の食品を入れても袋の中で食品がガサガサと動かず、少ないスペースですっきりと収納できますし、袋の丈夫さ、厚み、ジッパーの閉まり具合など実用性も十分です。

縦長の食品の保存に大活躍する「キャンドゥロングチャック袋」

ぜひ一度お試し下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ