妊娠後期、食欲が止まらない…妊娠中のドカ食いの影響と私の対策方法

つわりも落ち着いて体調が安定している日が多い妊娠後期になると「やたらと食欲が増す!」という妊婦さんは多いようです。

特に臨月になるとお腹が下へ下がるので、胃の圧迫感が少し解放されるため急激に食べられるようになります。

たまにドカ食いをしてしまった!という程度でしたら問題はないと思うのですが、ドカ食いが習慣化してしまっているのでしたら危険です。

今回は

●妊娠後期にドカ食いを続けるとどうなるのか?

●ドカ食いを防ぐ方法

をまとめました。

スポンサーリンク

妊娠後期、食欲が止まらない…暴食を続けるとどうなる?

妊娠後期に限った事ではないのですが、妊娠中に暴飲暴食を繰り返すとまず分かりやすい最初にあらわれる変化は「体重増加」です。

妊娠後期の体重増加はダイエットも出来ませんし本当に大変です。

私も妊娠後期に体重が増え過ぎたのですが、お腹の張りもあり早産予防の薬も服用していたので、運動も気軽に出来ず

「食べる量と内容には気を付けて!!」

と毎回、助産師の方に言われていました…。

さらに本当に辛かったのが「むくみ」!

浮腫みがあまりに酷く、妊娠後期は外食、間食禁止で質素な食事をしていました。

次に「妊娠高血圧症候群」。

自覚症状があまりないそうですが、妊娠高血圧症候群になると早産などのリスクもあります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に何らかの原因で高血圧になるか、高血圧に加えて蛋白尿が出る病気の総称です。ちなみに、一昔前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

日本産科婦人科学会の定義では、「妊娠20週以降、分娩後12週まで」に起こるものを妊娠高血圧症候群とし、妊娠20~32週未満で発症したものを「早発型」、妊娠32週以降に発症したものを「遅発型」と分類します(※1)。

妊娠高血圧症候群は、全妊婦の約3〜7%に発症し、重症化すると母子ともに命の危険にさらされることもあります

出典:子育てハックブログから引用https://192abc.com/16769

妊娠中のドカ食い、止まらない食欲を抑える方法

私の経験上で感じた事なのですが「食べると体重が増えすぎたりして困るから我慢しよう!」と考えるとストレスが溜まります。

臨月に入ると仕事も産休に入っていますし、日中旦那は仕事で家にひとり…。

暇…時間を持て余すとお菓子に手が出てしまう…。

と、言う訳で「我慢している感」を感じずに自然に「食べたい!」という衝動を抑えられるように色々試しました。

●外出をする

ベビー服を見に行ったり、私は雑貨を見るのが好きなので雑貨屋めぐりをしてみたり…

スポンサーリンク

外出しているとそこまで食べたい!と思いません。

●毎日体重を計る

「妊婦検診でどうせ体重を計るから」と思っていましたが、毎日決まった時間に体重を計るようになってから「昨日は食べ過ぎたから、体重が増えた」と体重管理を意識出来るようになります。

毎日計る事でより体重を意識するようになり、増えた体重を見ると「また助産師さんに何か言われる…」と自然に食欲が落ちました。

●コーヒーやガムなどで紛らわす

妊娠中カフェインの摂取は良くないので、ノンカフェインのコーヒーを飲んでいました。

または、ガムやノンシュガーの飴を舐めていました。

とりあえず口の中に何か入っていれば「食べたい」衝動がでません。

ただ、ガムはキシリトールと砂糖が含まれています。

ガムの注意書きにもありますが、キシリトールのガムを食べ過ぎると下痢をお越しやすくなるので食べ過ぎに注意です。

●食べる順番を意識する

助産師に教えて頂いた食べ方です。

食事の前にトマトやきゅうりなどの水分の多い野菜、または果物を食べるといいそうです。

いきなりガッツリ食事をするよりも食べ過ぎを防ぐことができますし、血糖値も上がりにくいので体重管理にも消化にもいいそうです。

私はトマトを食べるようにしていました。

また、どうしてもお菓子が食べたいのなら極力朝に食べたほうがいいそうです。

朝に接種したものはエネルギーに変わりやすいですし、お昼に間食として食べるよりも朝の方が食べる量が少なくても満足が出来ます。

朝、目覚めた時に旦那の弁当を作りながらチョコレートとコーヒーを飲んでいましたが、確かに朝に食べるお菓子は少量で満足できました。

まとめ

妊娠後期に暴食をすると体重増加、浮腫、妊娠高血圧症候群などのリスクがあります。

口寂しくてたくさん食べてしまう方は、ガムや飴、コーヒーなどで紛らわしたり、外出をして気分転換してみてください。

妊娠後期は体重管理が難しく、太りすぎると出産の時にママも赤ちゃんも苦しい思いをする事がありますし、出産後の体重がなかなか戻りません…

工夫をしながらストレスを溜めない方法で暴食を控えられるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ