正月の三が日はどう過ごす?やってはいけない事とした方が良いこと

お正月の計画はきちんとたてていますか?

私は一人の時はひたすらゴロゴロとコタツと一体化していました。

結婚して家族が増えるとそんな時間もなくなってしまうので
あのゴロゴロしていた頃が懐かしい…と思うこともあります(笑)

でも、

「お正月をどう過ごすかで1年の運勢まで決まる!」

という話を聞いてお正月の過ごし方を改めようと思いました。

そこで、お正月に

・やってはいけないこと

・やった方が良いこと

などを紹介していきます。

スポンサーリンク

正月はどう過ごす?三が日の過ごし方

お正月にやってはいけないこと
掃除、洗濯、料理

接客業の方以外は基本的にはお正月は仕事も休みですよね。

お休みの間、多くの方が年末に大掃除をすると思います。

私はずっと大掃除の意味は「1年の汚れをまとめてキレイにする」
くらいの意味だと思っていました。

大掃除の本当の意味は

「年神様をお迎えして、ご利益を授かるため」

という意味があるそうです。

ですので、お正月にいつものように玄関掃除をしたり、家の掃除をすると
せっかくお迎えした年神様を掃き出す、という
とんでもない行為に当たるそうですよ。

三が日はこういった理由もあるので、掃除はしないようにしましょう。
(とくに玄関はダメ)

さらに、洗濯などの水を扱う事も良くないそうです。
細かいことを言えば、何とお風呂も良くないのだそうです。

神様が水で流れてしまうらしいのですが、三が日の間洗濯ができないのは困りますよね。

三が日に洗濯をする場合は、午後から室内で洗濯物を干すと大丈夫とのことです。

料理も同じような理由ですが、三が日に火を使うと年神様を火で追い出す。
ともいわれていますし料理を作る際に包丁を使いますよね?

三が日に包丁を使うのは「縁を切る」という意味から縁起が良くないそうです。

…神様はずいぶんデリケートなんですね。
我が家でお迎えしたであろう年神様は、おそらく毎年燃えて水に流されているんだろうな…

おせち料理をつくるのは主婦を三が日くらい家事から開放する為でもあり
縁起を担いだものでもあったのですね。

大金を使う

新年から大金を使うと、その年浪費をしてしまう年になるので大金は使わない方がいいそうです。

どこから大金の扱いになるのか、人それぞれだと思うので何とも言えませんが
私は福袋が大好きで新年そうそう福袋を大量に買いに出かけてしまいます。

スポンサーリンク

今年は控えてみいようかな…

お賽銭はOKだそうです。

喧嘩

お正月じゃなくても良くないのでしょうが、三が日の間に喧嘩をすると
その1年は喧嘩が絶えないとしになるのだとか…

お正月三が日の正しい過ごし方

正しい過ごし方、というよりも
やったほうが吉と言われている過ごし方です。

歯固め

硬いものを食べる。
鏡餅などの硬いものを食べて歯を丈夫にし、1年間健康に過ごせますように。
という意味があります。

着衣始

新しい服を着て新年をスタートさせようという意味。

祝い膳、おせち料理を食べる

新年は年神様が滞在するので、おもてなしの意味も込めて。

初詣

恵方(えほう)詣りといってその年の吉方に行くといいです。

特に、生まれ育った地域には産土神の力を受け、
どの土地に行っても守ってもらえると言われています。

その他にも「おとそ」「若水」などなどたくさんありました。

その他 お正月の過ごし方

上記以外のお正月の過ごし方で多かった物をまとめてみました。

・ひたすらゴロゴロ
・福袋を買いに行く
・実家に帰る
・海外旅行に行く
・DVDをたくさん借りる

などが多くありました。

「お正月にやってはいけないこと」にお金を使う事が入っていましたが
年末年始は福袋やセールも多くなります。

良くないと分かっていてもやっぱり買ってしまいます(笑)

どの過ごし方でも、新しい年の始まりの日ですから
気持ちよく過ごせるようにしたいですね!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ