おみくじのランク解説!引いた後のくじはどうする?

初詣に行った時におみくじを引く方は多いと思います。

私も毎年必ずおみくじは引いていますが、私は過去に一度だけ

「平」

というおみくじを引きました。

へい……????

意外と知らないおみくじの種類とランク。

知っているとおみくじを引くのが楽しくなる、そんな雑学を紹介していきます。

スポンサーリンク

意外かも!?おみくじのランクや種類を知っていますか?

では早速、おみくじのランクを良いものから順番に紹介しますね。

大吉→吉→中吉→小吉→半吉→末吉→末小吉→平→凶→小凶→半凶→大凶

末吉よりも小吉のほうがいいのは意外でした。

神社によっては、吉凶の順番が6段階、7段階と違うようなので
全国統一の並びではないそうです。

ちなみに、私が引いた「平」ですが「たいら」と読むそうです。

場所によっては「へい・ひら」と読む所もあるようですが、
かなりレアなおみくじのようで、「平」を入れている神社はあまりないようです。

かなりレアな「平」ですが、意味は

可もなく・不可もなく。

みたいな、まぁ…普通という意味らしいです。

引いたおみくじはどうするの?

おみくじを引いたあと、多くの方は神社の木におみくじを結んで帰ると思います。

今まで、私は引いたおみくじをなんとなく木に結んで帰っていましたが
「木に結ぶ」という行為にもちゃんと意味があるようです。

木におみくじを結ぶという行為は「神様と縁を結ぶ」という意味があるようです。

ですので、木におみくじを結び付けることで、願いが叶うという願掛けのような意味があり、
利き手と逆の手でおみくじを結びつける事で、
困難な事を成し遂げた!という意味になり凶が吉になるといわれています。

また、

いい事が書いてあるおみくじは松の木(良いしらせを待つ)
悪いことがかいてあったら杉の木(悪い知らせは過ぎ去る)

に結ぶのがいいと考えられているそうなのですが、神社によってはおみくじを結ぶ専用の
場所や木が用意されているところもありますし、景観を損ねるという理由で、
おみくじを結ぶこと自体を禁止している神社もあるので確認しておきましょう。

スポンサーリンク

大吉などのいいおみくじは、福を持ち帰るという意味で、
「凶」や「大凶」を引いてしまった場合は厄を持ち帰らないようにという意味で
どうするのかは自分次第のようです。

ちなみに、おみくじを結ぶときに縦結びやひねったりすると、
死装束の結ぶ方になり縁起が悪いので気をつけましょう。

おみくじで大吉や凶を引く確率は?

凶は、参拝者が減ることから最初から入れていない神社はおおいようです。

神社にもよりますが、

大吉がでる確率は29%

凶がでる確率は約7%

その他、

中吉16%、小吉15%、吉18%、末吉21%

となっているので、むしろ凶を引いたほうがラッキーなのでは?と思ってしまいます(笑)

ちなみに私は、厳島神社で生まれて初めて「凶」を引きました。

近所の神社で凶を引くよりも、パワースポットと呼ばれる場所で「凶」を引くと
物凄くショックでしたが、1年間何事もなく無事に過ごす事ができました。

凶を引いてしまった時、引き直したい!と思いますよね?

おみくじの引き直しはOKのようです。

おみくじの意味とは?

おみくじは「占い」ではなく、その年の神様からのアドバイスという意味だそうです。

そういえば、大吉でも結構厳しいことが書いてある事もありますし、
逆に末吉でも凄くいいことが書いてある事がありますよね。

大吉や吉などはわかりやすいようにランクをつけたものであって、
大切なのは書いてある内容です。

ですので、もしも凶をひいてしまっても、1年間いいことが無い不幸な年になるという意味ではなく、
気が緩んでいるから、悪いものを引き寄せやすくなっているので、気を引き締めて行けば
良い方向に向かいますよ!という助言と考えた方がいいようです。

逆に、大吉を引いていても過ごし方によっては大凶になってしまうこともある…

という意味になるので、神様からのアドバイスをよく読んで、
凶を引いてしまった人は吉、大吉に転じるように、大吉を引いた人は凶に転落
しないように気を引き締めて前向きに行動すれば、きっといい1年間を過ごす事ができますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ