夜泣きで近所迷惑やトラブルを避けたい…どう対策したら良いの?

赤ちゃんのいるご家庭では、赤ちゃんの「夜泣き」に、
お悩みのお母さん・お父さんも多いのではないでしょうか?(´ε`;)ウーン…

特にアパートやマンション等の、集合住宅にお住いの場合、
赤ちゃんの夜泣きが、近所迷惑になっていないか、
とても気になるところですよね。(゚д゚)(。_。)ウン

「夜泣き」とは、赤ちゃんがお腹を空かせていたり、
熱がある・オムツが汚れている等と言った明確な、
原因がある訳ではなく、原因不明の場合を言います。(゚Д゚)ノ

お母さんが頑張って、泣かせない様に抱っこしたり、
あやしたりしても、泣き止んでくれない事が多いのですよね。(ヾノ・ω・`)

一説には赤ちゃんの成長過程で、眠りのリズムを整えている時期に、
起きる現象だと言われていますよ。(・ω・)ノ

「赤ちゃんの夜泣きは仕方がないもの(;´∀`)」

とは分かっていても、夜中の2時3時に突然泣き出すと、

「お隣さんを起しちゃったかな?ヽ(゚Д゚ )ノ」

「隣人トラブルになったらどうしよう・・・。((+_+))」

と焦ってしまいますね。( ̄▽ ̄;)

何とかしようとすればするほど、イライラが増し、
それが赤ちゃんにも伝わって、益々大泣きしてしまう・・・。

等と言う悪循環にもなりかねません。(´Д⊂グスン

ここでは、赤ちゃんの夜泣きで近隣トラブルを避ける方法と、
夜泣き対策に役立つ、グッズ等をご紹介いたしますよ。

赤ちゃんの夜泣き対策をしっかりとして、ストレスを軽減し、
夜泣きの時期を乗り切っていきましょう~♪(/・ω・)/

スポンサーリンク

夜泣きで近所迷惑やトラブルを避けたい…どう対策したら良いの?

昼間と違って深夜は、少しの音でも響いてしまいますよね。Σ(゚Д゚)

特に壁の薄いアパートやマンション等では、普段から隣人の、
生活音が気になってしまいがちです。( ´Д`)ノ

集合住宅でも、ファミリー層が多い物件であれば、
赤ちゃんの夜泣き経験者も多く、理解がある場合が多いですね。

我が家も集合住宅ですが、ファミリー層が多いマンションで、
ペット可物件と言う事もあり、赤ちゃんの泣き声や、
ワンちゃんの声等、聞こえる事がよくあります。

私も赤ちゃんの夜泣き経験者ですので、泣き声が聞こえても、
「大変そうだな~頑張ってね~!」と思うぐらいですが、

独身男性やお年寄りが多い集合住宅だと、人によっては、
赤ちゃんの夜泣きが、耐えられない騒音として聞こえる事も、
あるでしょう。ヾ(゚д゚;)

元々赤ちゃんの泣き声は、人が不快に感じる様に出来ています。

お世話が必要な赤ちゃんにとっては、生きるための手段なのです。

お母さん・お父さんでも辛い夜泣きですから、
他人が苦痛に感じるのは、仕方がない事ですね。(´ω`)トホホ…

実際赤ちゃんの夜泣きで苦情を言われたり、夜泣きの最中に、
隣人から壁ドンされる、等と言ったケースもあります。Σ(´∀`||;)ドキッ!!

この様なトラブルを避けるには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは、夜泣きで迷惑をかけそうな両隣と、上下階の部屋の方に、
赤ちゃんを連れてしっかりと挨拶をしておく事です。( ノ゚Д゚)

「赤ちゃんの泣き声でご迷惑をおかけしてすみません。(´・ω・)」

と一言挨拶しておくと、随分印象が違ってきますよ。

例え夜中に、赤ちゃんの泣き声が聞こえても、

「この間挨拶にきてくれた赤ちゃんだな~。」

「大変そうだけど、お母さんも頑張っているな~。」

等と理解してもらえる事が多いです。(=゚ω゚)ノ

ちょっとした事ですが、ご近所さんとコミュニケーションを、
取っておく事で、赤ちゃんの夜泣きも理解してもらえる事が多く、
近隣トラブルを、避けられるケースが多いんですよ。(´∀`)

また、外で顔を会わせる事があれば、

「いつもうるさくしてしまい、すみません。(。-人-。) 」

「赤ちゃんの泣き声で、ご迷惑お掛けしていませんか?(^^ゞ」

と一声かけておきましょう。(・ω・)ノ

赤ちゃんの泣き声で、近隣トラブルに発展する場合は、
相手の配慮が感じられない時です。(´・ω・)

自分の生活が無視されていると感じると、苦情の一つも、
言いたくなりますよね。ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ!!

迷惑をかけて申し訳ないと言う気持ちが伝われば、
お隣さんのストレスも、和らいでくれる事と思います。(/ω・\)チラッ

しかし、「挨拶しておいたから大丈夫!」と油断してしまうのは、
いけませんよ~。(ヾノ・ω・`)ナイナイ

自分達で夜泣きさせない工夫をしっかりと、
しておく事も大切です!(`・ω・´)

夜泣き対策として、赤ちゃんの生活リズムを整える為、
朝は早めに起こし、お昼寝はほどほどにしておく事と、
夕方は寝かせない様に心掛けると良いですね。(*´ω`*)

昼間の遊びで赤ちゃんを興奮させすぎてしまうと、
夜泣きの原因になる場合もありますので注意しましょう!(・∀・)

夜泣きのご近所迷惑対策に!少しでも役立つ道具やグッズのご紹介!

「赤ちゃんの夜泣きは仕方がない事(´;ω;`)」

とは言え深夜の泣き声は、ご近所迷惑になってしまいます。

特に集合住宅だと隣人トラブルに発展する可能性も。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

赤ちゃんの泣き声で、迷惑をかけそうな部屋には、
事前にご挨拶しておくのが基本ですが、自分達で出来る防音対策は、
しっかりとしておきたいところです。(`・ω・´)

次に夜泣き対策に役立つ方法やグッズをご紹介いたしますね♪(・ω・)ノ

【防音カーテン】

窓越しの音漏れを防ぐ為に、防音カーテンに変えるのも、
対策の一つですよ。

防音カーテンは、入ってくる音を遮断するだけでなく、
室内の中の音漏れも防いでくれます。(・∀・)イイネ!!

防音カーテンは、床に着く長めのものを選んだり、
二重にしたりする等、工夫する事で効果が高くなりますよ。

【防音シート・ボード】

部屋の壁に防音シートやボードを取り付ける事で、
音漏れを防ぎます。

シート・ボード共にどちらも効果はありますが、
両方組み合わせて使用した方が効果的です。(´・∀・`)ヘー

賃貸でも簡単に取り付けられる様なタイプもありますよ。

ホームセンターやネットでも取り扱っていますので、
チェックしてみて下さいね♪(・∀・)

【隙間テープ】

低コストで手軽に防音対策するなら、隙間テープを使う方法も、
ありますよ。( ゚∀゚)ノ

窓やドアの隙間を、隙間テープで塞いでしまう事で、
外に漏れる赤ちゃんの夜泣きの声を弱めてくれます。

防音カーテンやシート・ボードと、併用して使用する事で、
更に防音効果がアップしますのでおすすめです!ヽ(^。^)ノ

【背の高い家具】

隣室の境目となる部屋の壁には、背の高い家具等を置くと、
防音効果があります。|д゚)

特に棚には、本や衣類等を詰め込んで壁一面に、
設置してしまえば、収納物が音を吸収してくれる為、
高い防音効果が期待できますよ。(∩´∀`)∩

しかし転倒等には十分注意して、耐震対策はしっかりと、
しておきましょう。(゚Д゚)ノ

まとめ

赤ちゃんの夜泣きで、トラブルを避ける対策とグッズのご紹介、
いかがでしたでしょうか?(´∀`*)ノ

赤ちゃんの夜泣きが始まった時、一番は大切なのは、
ご近所さんとのコミュニケーションです。

近隣の方への挨拶や配慮を忘れず、自分達で出来る防音対策を、
心掛ければ、余程の事がない限りトラブルに発展する事は、
ありませんよ。ε-(´∀`*)ホッ

赤ちゃんの夜泣きは早い子で、3か月ぐらいから始まりますが、
一般的には6か月~1歳半前後で始まり、1歳半以降になると、
徐々に少なくなっていくと言われています。(・ω・)ノ

我が家の娘は幸いにも、ちょっと終わるのが早かった様で、
1歳頃にはピタリと夜泣きがなくなりました。(*´ω`*)

もちろん夜泣きの時期は、ご近所さんへの挨拶は気を付けていましたし、
防音カーテンに隙間テープを併用したり、隣室に面した部屋には、
ベビーベッドを置かない等、対策をしていましたよ。

夜泣きが始まると、お母さん・お父さんも大変ですが、
必ず終わりが来ますので、頑張って乗り切っていきましょうね!(´∀`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ