夜空の月。君は何に見える?満月でモチつくウサギの影!!

「うーさぎ うさぎ 何見てはねる 十五夜お月様みて はーねる」

と童謡にもある通り、ウサギと月は切っても切れない親密な関係といえます。

また、子供の時に両親から

月でウサギが餅つきをしている

という話を聞いた事はありませんか?

日本人は古くから月にウサギの影を…

影を……

影を………

まぁ、見えなくは無いかなという感覚で見てきました。

うん、多分…

でも、影にウサギの形を見るのはともかく、なぜ月にウサギがいることに
なったのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜウサギが月に住んでいるのか?

ウサギが月にいるという説話は、実はインドからきているのです。

仏教説話集のジャータカが日本に伝わり、今昔物語集の中に収録されている話となります。

以下は要約です。

昔昔、サルとキツネとウサギが仲良く住んでいました。

ある日3匹は倒れている老人を見つけ、その老人のために食事を用意しようと
しました。

サルは木の実や果物を、キツネは川で魚を獲り運んできましたが、ウサギは
何も採ることが出来ませんでした。

ウサギはサルとキツネに火を焚いてもらうと、

「何も用意できないので、せめて私の肉を召し上がってください」

と言い残し、火の中に飛び込んだ。

ここまでで、ウサギが天に昇る理由はわかりませんよね?

実は、この行き倒れの老人は帝釈天という神様の一柱で、ウサギの
献身に感動したことと、可哀そうなことをしたというお詫びも込めて、
ウサギを月へと昇らせたそうです。

身を呈しての献身というのは、説話として美しい話なのでしょうが、
私がこの話を聞いた際に思ったことは、

「神様、暇つぶしになにやってんの?」

でした(笑)

サルとキツネもびっくりしたでしょうね。
言われた通りに火つけたら、友人が火の中に飛び込むんですから。

ちなみに友人方は日本では刑法第202条に触れ、6ヶ月以上7年以下の
懲役または、禁錮に処される可能性があります。
絶対に馬鹿なマネは本当に止めましょう。

ちなみに原本のインド版では

ウサギは火傷一つ負わず、その献身さと信仰心
をたたえられて、神様が月にウサギの絵を描いた

だそうです。

なんか日本版より、インド版の方がまろやかですね。

じゃあ何で餅をついているのか?

これは日本語の満月を指す望月(もちづき)と餅つきを掛けているからだそうです。

世界ではこのように見えている?

みなさん、ルビンの杯というものをご存知でしょうか?

1915年にエドガー・ルビンが考案した、多義図形です。

スポンサーリンク

白黒で記載された図形の中に、杯と人が対面した二つの姿を見ることができる
俗にいう隠し絵とされています。

人によって見え方は変わってきてしまいます。

私たちが月の影に見ていたもの…

それは私たちが幼いころから、

「月でウサギが餅をついている」

という情報で
育ってきたので、そう見えているともいえます。

つまり、日本以外では月の影に、私たちとは違う別の姿が見えているかもしれません。

では、世界ではどのように見えているのでしょうか?

お近くの国、中国も日本と同じウサギです。
しかし日本と違うのは、臼でついているのは餅ではなく、不老不死のお薬
だそうです。

南アメリカではウサギではなく、ロバです。
確かに耳が長い者同士、類似点はあるでしょう。

アラビアではライオンだそうです。
ここで肉食獣?と思いますが、見る角度が違うので、確かに別の国では
違うものに見えるのでしょう。

次にヨーロッパ方面を見てみましょう。

ウサギの耳の部分がハサミとして、カニだそうです。

東ヨーロッパでは本を読む人です。

確かに耳の一本が人の顔で、もう片方は本を持つ手に見えそうですね。

ウサギのように国をまたいで同じものを見るパターンもあります。

東ヨーロッパとアメリカでは人の横顔だそうです。

なんでも黒い部分を髪の毛と目や口の影として見ると人の横顔
見えるそうなのですが…

正直私は「うーん」と首をかしげてしまいました。

南アメリカとインドという離れた地では、ワニだそうです。
なるほど、耳の部分を大きな口と考えることもできます。

動物以外にもバケツを運ぶ少女など、さまざまなものに見られてきました。

もしかしたら日本でも、昔はウサギ以外に何か別の動物を見ていたのかも
しれませんね。

まとめ

子供のころから、月の影をウサギとして見てきたました。

他の見方を知っても、私にはやはり月を見るとウサギの姿を
見つけてしまいます。

皆さんは月を見上げて、その影に何を見つけますか?

あなただけの姿を見つけてみるのも、楽しいものかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ