冷え性なのに汗っかき!?その原因と汗冷えしないための工夫

冷え症の人は冬場でもよく汗をかいてしまいます。

別に運動しているわけでもなく身体が冷えたままなのに、人によって身体のどこか一部がすぐに汗をかいてしまう…

額や首筋、脇や手のひら、お知りに足の裏などなど…

でもどうして冷えているのに汗をかくんでしょう?

健康的な汗なら良いんですが、この場合の汗は自律神経の乱れによるものが多いです

スポンサーリンク
  

冷え症で汗っかき!?その原因は…

汗の役目といえば、みなさんご承知の通り

身体にこもった熱を逃がすためです

汗などの水分が触れている部分の熱を奪って水蒸気になろうとします(気化熱)

なので汗をかいた後や雨で濡れた時、風呂あがりなど濡れたままにしていると風邪をひくと言われているのはそのためなんですね

汗の出る加減は、身体の深部が37度ちょっとくらいになるように自動的に調節されています

ホメオスタシス(恒常性) と言い、人体を正常の状態に保とうとする機能のことで、

他にも体温や血糖値、血中濃度、血液phなど一定範囲内に保ち、病気などしないように調節しています。

人が生活習慣をなかなか変えられないのもホメオスタシスの働きで、

いつもと違う行動は不安や緊張が生まれるため、いつも通りの行動をとって精神を安定した状態に戻そうとします。

その調節している役目が自律神経なんですね

冷え症の人はいつも身体が冷えてるため

冷えた状態=通常の状態

と誤って認識されてしまいます。

そして体が少し温まると、ホメオスタシスの機能が働き、

元の状態=冷えた状態

に戻そうと汗をかいてしまうんですね

なので一時的に温めても結局汗をかいたりして元の冷えた状態に戻ろうとしてしまうので、改善するには冷え症を根本的に治し正常な体温を維持することが重要です。

汗で汗冷えして更に冷えないために工夫しましょう

冷え症による汗かきを改善するには体質から変えないといけないため時間がかかります。

スポンサーリンク

その間でも先程の説明のように、汗などで身体が濡れていると気化熱で体温がどんどん奪われてしまいますので汗をかいても、濡れたまま湿ったままの状態にをならないようにすることが大切です。

正常な人でも冬でも意外と汗をかいていますが、冷え症の人はもっと汗をかきがちです。

人によって汗をかきやすい部位はいろいろですが、衣類など汗でグッショリすることが多い人は衣類を工夫してみて下さい。

特に重要なのが、肌に直接触れるものです。

下着の上下、靴下、手袋に帽子など湿ったままだと汗冷えしてしまいますので、湿ったらこまめに取り替えて下さい。

今では汗を素早く吸収して肌をサラサラに保つ高機能なインナーがあります。

雪山の登山などは冷えが命取りになるためこういったインナーを着用するのが常識になっていますし、スポーツで汗をどんどんかく時にはとても重宝します。

こういったスポーツ用のものは価格が高いですが性能も高くそれに見合う価値はあります。

日常生活用でそこまで高機能でなくても…という人には千円〜二千円台でも売られているものもあります。試してみてそれで十分なようでしたら問題ないでしょう。

まとめ

冷え性でいつも体温が低い状態だと、身体がそれに合わせて体温を調節するようになってしまい汗が出る
汗冷えによってより冷えやすくなってしまう悪循環がおきる
改善するには体質を変え冷え性を改善し常に体温を正常範囲にあげておく必要があるため短期間では治りにくい
汗で冷えないように衣類を工夫をする(こまめに取り換える 高機能インナーなど)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ