敬老の日の始まった由来や意味&海外でもあるの?

敬老の日は、国民の祝日の一つとされていますが、
一体いつから始まったのでしょうか?(。´・ω・)?

毎年敬老の日をお祝いしていても、その由来については、
あまり詳しく知られていませんね。

ここでは敬老の日の意味や由来等について、ご紹介したいと思いますよ♪

敬老の日についてよく知り、もっと敬老の日を、
身近に感じてみましょう~♪

スポンサーリンク

2017年の敬老の日はいつ?そもそも敬老の日とは?

敬老の日は、国民の祝日ですね!
日本の祝日に関する法律では、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

とされていますよ。

敬老の日は、兵庫県多可郡野間谷村(現在は多可町)の村長が、

「老人を大切にして、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう!」

と提唱した事から始まりました。

丁度暑さも落ち着き、農家の仕事が一段落する農閑期の、
9月15日を「としよりの日」と定め、敬老会などを、
開いていたのです。(゚Д゚)ノ

その後、1950年代になると兵庫県全体に広まり、
やがて全国的に知られるようになったのですよ。

全国的に広がると、「としより」と言う呼び方が、
好ましくないとの事で、1964年に「老人の日」と、
改称される事になりました。

そして、さらに発祥の地でもある野間谷村の人々は、
「子供の日」や「成人の日」はあるのに、「敬老の日」がないのは、
おかしいと国に対して働きかけ、

1965年に9月15日の敬老の日

が、国民の休日として制定されたのです。

小さな村のお年寄りを敬う気持ちが、国の定める祝日に、
なるなんてちょっと驚きですよね!

敬老の日は「9月の第三月曜日」と定められている為、
毎年日にちが変わりますよ。

以前は、9月15日が敬老の日とされていた為、
「敬老の日は9月15日」と記憶されている人もいますよね!
実際、2002年まで敬老の日は9月15日に固定されていました。

しかし2001年に成立した「ハッピーマンデー制度」により、
現在の様に流動的になったのです。

ハッピーマンデー制度は簡単に言うと、祝日を月曜日にし、
土日の週休2日とつなげて、3連休以上にしてしまおう!
と言う制度です。

元旦の様にこの日でないとダメ!と言う祝日はそのままですが、
日付に関して、それほど大きな意味を持たない祝日は、
ハッピーマンデーの対象となり、敬老の日も、
その対象となったのです。

連休になる事で、レジャーや泊りがけの旅行を楽しめる反面、
祝日の持つ本来の意味合いが薄れてしまったり、
学校や保育所、医療機関等の対応に問題が生じてくると言った、
懸念の声も出ています。

私は9月15日が、敬老の日とすり込まれている世代ですので、
ハッピーマンデー制度の敬老の日は、少々違和感がありますが、
お休みが増えて、家族で過ごす時間が増えるのは、
単純に嬉しいな~と思います♪(´∀`*)

しかし学校のカリキュラムに、遅れが出てくると、
詰め込み式になってしまい、子供達も大変だと思いますし、
医療機関が利用出来なくて、困る人もいると思うと、
正直少々複雑ですよね~。

でもせっかくの敬老の日ですから、おじいちゃん・おばあちゃんと、
会う機会を増やし、家族皆でゆっくりと食事でもできたら良いな~♪
なんて思いますよ!

海外でも敬老の日はあるの?

日本では馴染み深い敬老の日ですが、海外でも敬老の日は、
あるのでしょうか?(。´・ω・)?

何となく気になるところですよね~。
ちょっと世界の敬老の日も見てみましょう~!

アメリカ

アメリカでも日本の敬老の日に似ている、
「祖父母の日」がありますよ。
9月の第2日曜日と制定されています。

1973年、ウエスト・バージニア州の主婦による孤独な老人への、
慰問活動が話題となり、各地に広がっていきました。
1978年に正式に祖父母の日として制定され、
祖父母を敬う日として、家族が集まる事もある様ですよ。

スポンサーリンク

孫から祖父母へ感謝の気持ちとして、グリーティングカードや、
花を贈る習慣があります。(´▽`*)
ちなみに祖父母の日に贈る定番の花は、「忘れな草」だそうです。

イギリス

イギリスには「父の日」「母の日」はありますが、
敬老の日は制定されていません。

しかし申請すれば、100歳・105歳その後の誕生日には毎年、
女王陛下からお祝いのメッセージがもらえるそうです。
女王陛下から、直接メッセージが貰えるなんて凄いですよね~!
ポーランド

ポーランドは1月21日「祖母の日」
翌日1月22日が、「祖父の日」です。

祝日に制定されていますが、休日ではありません。
祖母の日は、女性雑誌が提唱したのがきっかけで、
祖父の日はアメリカから伝わったとされていますよ。

まだ歴史は浅いですが、国民に広く知られており、
一緒に食事をしたりして、祖父母と楽しむ日となっています。(*´ω`)

イタリア

イタリアは10月2日「祖父母の日」として定められています。
この日は、カトリック教会における守護天使の、
記念日なんだそうですよ。

この日以外でもキリストの祖母「聖アンナ」を敬う日として、
7月26日も祖父母の日となっています。
イタリアも祖父母の日に贈る花として「忘れな草」が、
定番の花の様です。

中国

中国は「重陽節」(旧暦9月9日)「高齢者の日」として、
年長者を敬う日とされていますが、祝日ではない様です。

この時期は高齢者同士で交流したり、健康イベント等が、
開かれるそうですよ。

韓国

韓国は10月2日「老人の日」とされ、10月は「敬老の月」
として指定されています。

しかしあまり浸透していない様です。
と言うのは、韓国では年長者を敬うのは当たり前の事と言う、
思想が根付いている為、その日だけ特別に敬意を示すのは、
逆に不敬に感じる為、と言う事の様ですよ。

世界の敬老の日を見てみると、どうやら祝日として、
休日に指定しているのは、日本だけみたいですね。

そして、日本の様に「多くの人の長寿をお祝いする」と言う、
風習ではなく、家族のおじいちゃん・おばあちゃんを、
敬いお祝いする日としている国が多い様ですよ。(*´ω`)

しかしどの国も、お年寄りを敬う気持ちは変わらないですね♪

まとめ

敬老の日や由来、海外の敬老の日のご紹介、
いかがでしたでしょうか?

敬老の日は、おじいちゃん・おばあちゃんに、
感謝の気持ちを伝える事が大切ですね♪

特に可愛いお孫さんからの言葉や手紙は、
元気の元となってくれると思いますよ♪

敬老の日は、おじいちゃん・おばあちゃんを喜ばせ、
とびっきりの笑顔にしてあげて下さいね~♪(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ