松茸って洗う?洗わない?調理や保存、賞味期限はどの位?

「香り松茸、味シメジ」

という言葉があるように、松茸は香りが命

せっかく奮発して買った松茸は、
香りを損なわずにおいしく食べたいですよね。

洗ったり洗わなかったりで香りが逃げてしまったらもったいないです!

ここで基本的な下ごしらえの仕方や保存方法などを知って、
この秋とびきりおいしい松茸料理を食しましょう(*^^)v

スポンサーリンク

松茸って洗う?洗わない?松茸や他のキノコの基本的な下ごしらえ

まずはおいいしい松茸の選び方。

値段が高いだけに絶対に失敗はしたくないですからね(^o^)

最初に「軸」

軸は固く弾力があるものを選びましょう。

やわらかい軸のものは虫食いの可能性があるとか(―_―)!!
なんといっても食感があまりよくないです。

次に「傘」ですが、
傘は完全に開いてしまうと香りが飛んでしまうと言われています。

傘が開いていない「つぼみ松茸」や、

少し開いている「中つぼみ松茸」がよいでしょう。

松茸ご飯にするなら「開き松茸」(傘が開いて内側が完全に幕切れしているもの)
でもおいしくいただけます。

松茸は、香りは傘に味は軸にあると言われています。

あとはどんな料理で食べるのかや好みで選んでください(^_-)-☆

そして、松茸は洗ったほうがよいのかということですが、
基本的にキノコは洗うと風味が落ちてしまいます。

松茸に限らず、他のキノコもキッチンペーパーで汚れを
拭きとるくらいでよいでしょう。

ただ、なめこはヌメりの部分を洗ったほうが酸味が落ちておいしいという情報も。

マッシュルームをサラダで食べるときは生になるので、
洗ったほうがいいかもしれません。

松茸は洗わないほうが○

水で濡らし固く絞ったキッチンペーパーなどで、軸は石突から
傘のほうに向かって拭きます。

傘の部分はてっぺんから下に向かって拭きましょう。

傘の内側は傘をポンポンとたたいて、ヒダに挟まっている汚れを
落とすイメージで。

キッチンにあるハケでササッとするのもいいですね(^_^)

スポンサーリンク

松茸の保存期間はどの位?長持ちさせる保存方法は?

松茸は生鮮食品。

野菜や魚と同じように、採取してから調理するまでの時間が
早ければ早いほどおいしく食べられます。

買ってきたその日に食べるのがもちろんベストですが、
食べきれない場合(こんなうらやましいことがあるのか…笑)や
少しずつ食べたい場合は保存もできます(*^^)v

気をつけたいのが、保存する場合の下処理です。

雑菌を落としてからのほうが長持ちしますし、
食中毒予防にもなるので、このときは水洗いをしたほうがよいでしょう。

まず鉛筆を削るように石突の部分を削ぎ落とします。

そして水をはったボウルのなかで短時間で土や汚れを落とします。

こうしてから保存するすると衛生的にも安全です。

松茸の保存方法
・冷蔵庫

汚れを落としたあと余分な水分を拭き取ります。

キッチンペーパーなどの紙に包んで、1本ずつラップで包むか、
ビニール袋やタッパーで密封してから冷蔵庫に入れてください。

きちんと密封することで他の食品の匂いが移るのを防げますよ。

このとき、凍らない程度の温度の低い場所(チルド室など)に
入れるとよいです。

できれば1日でも早く食べることがよいのですが、1週間くらいで
食べきるのであればこんな感じで保存するとよいでしょう(^_^)v

 

・冷凍庫

長期間松茸を保存する場合は、冷蔵保存のときと同じように
土や汚れをきれいに落とし真空にして冷凍庫へ。

保存期間は3か月くらいです。

もちろん松茸に限らず食品は、1度冷凍すると風味は落ちますよね。

細胞が壊されるので、コリコリとした食感や、
あの松茸の命である香りも何処へ…となってしまいます(>_<) ただ、冷凍保存の松茸でも松茸ご飯、お吸い物、土瓶蒸しには使えます。 焼き松茸にはちょっと厳しいですが… 冷凍した松茸は、凍ったままか半解凍で調理してくださいね。 最後に常温での保存ですが、これはおすすめできません。 その日のうちに食べられない松茸は、必ず下処理をしてから 冷蔵か冷凍保存をしてください(^_^)

まとめ

いかがでしたか?

下処理をすれば保存もできる松茸。
これで最後までおいしく食べられますね。

秋の味覚を存分にお楽しみください\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ