7月、8月に植える野菜は何?初心者に超おすすめ!野菜嫌いの娘も…

「自宅で野菜を育てて収穫出来たら良いな~♪」

なんて思った事ありませんか?

「でも本格的に始めようと思うと、野菜を育てる場所や専門的な知識も必要になってくるよね~。(´ε`;)ウーン…」

確かにそう言ったイメージがありますよね。

準備が大変だからと家庭菜園を始める事を躊躇している人も多いと思います。

しかし!家庭菜園は意外と気軽に出来ます。

自宅でも、立派でとっても美味しい野菜を作る事が出来るんですよ!

スーパーに買い物に行くと季節によっては野菜の価格が安定しません。

昨日まではいつもの値段だったのに、いきなり驚くような高値で売られている事もありますね。Σ(゚Д゚)

自宅で野菜を育てる事が出来れば家計の足しにもなりますし、何より自分で収穫する楽しみもあります。

私も毎年自宅の庭にプランターを置いて家庭菜園をしていますが、きっかけは節約の為でした。

ホームセンターで簡単に育てられそうな苗を選んだり、家庭菜園が得意なご近所さんに育て方を聞いたり…

また、インターネットで調べたりと超初心者からのスタートです。

試行錯誤しながら毎日野菜のお世話をしていると自然と愛着がわいてきますよ。(*´ω`*)

段々成長し実を付けて収穫できた時は本当に感動ものです!

そして!

何より野菜嫌いの我が家の娘が、自宅で野菜を育て収穫する楽しさを知り、苦手野菜を食べられるようになった事もとても嬉しかったです♪

野菜を育てる楽しみに加え、節約にも食育にもなる家庭菜園!

ここでは初心者でも簡単に育てられる「夏に植える野菜」をご紹介いたします♪

ぜひ家庭菜園を始める時の参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

どんなものがある?7月、8月に植える野菜

夏の7月・8月に植えて、食費の足しになる様な野菜

  • 小松菜
  • チンゲン菜
  • ワケギ
  • 葉ネギ
  • 水菜
  • ニンジン
  • ジャガイモ
  • ブロッコリー

等です。

7月に植える初心者でもおすすめな野菜

7月から植えるのであれば小松菜・葉ネギ・ブロッコリー等が育てやすくておすすめですよ。( ̄ー ̄)bグッ!

小松菜

小松菜は特に丈夫で育てやすい野菜です。

暑さや寒さに強い品種を選べば、真冬以外の周年育てる事が出来ます。

種から育てる場合、種まきは3~10月頃まで可能です。

収穫までの期間は25~30日ほどと短いです。

種まきの時期をずらせば途切れることなく収穫できるのも魅力ですね!

小松菜はコンテナの深さが15cmほどあれば栽培可能ですよ。

大きく育ちすぎると味が落ちる為、丈が25~30cmになったら
収穫しましょう!(゚∀゚)ウマウマ

ただし、葉物は虫が付きやすいです。

防虫ネット等で害虫対策を忘れない様にしましょう!

家庭菜園初心者にはとても育てやすい野菜ですよ!

小松菜は、野菜炒めやお浸し等「あと品欲しい!」と言う時に重宝する野菜です♪

ブロッコリー

ブロッコリーは種まきの場合は7月下旬~8月中旬頃からで、苗の場合は8月中旬~9月中旬頃に育てるのが適しています。

コンテナの深さは30cmほどあれば栽培可能ですよ!(´▽`*)

葉ネギ

葉ネギも暑さ寒さに強く育てやすいです。

病害虫にも強く初心者にはおすすめの野菜ですね!

葉ネギは種からでも苗からでも簡単に育てられます!

スポンサーリンク

種まき時期は4月下旬~9月下旬までで、種まきから2か月ほどで収穫時期を迎えます。

苗の方は園芸店などで5月頃から出回り始めますよ。

収穫後も根元を5cmほど残しておけば、再び葉が伸びて繰り返し収穫する事が出来ます。

「調理にちょっと薬味が欲しい~」なんて時にはとても重宝しますよ♪(*´艸`*)

再収穫の後は、また美味しい葉ネギを頂く為にも追肥を忘れずにしておきましょう!

葉ネギの主な品種は九条ネギ・夏扇・小夏・小春等です。

お好みに合わせて栽培してみて下さいね♪(b´∀`)ネッ!

8月に植える初心者でもおすすめな野菜

8月はジャガイモやニンジン、チンゲン菜等があります。

ジャガイモ

ジャガイモは育てやすいのですが、8月に植える秋植えは暑さで腐ってしまう事もある為、注意が必要です!

深さが30cm以上あれば、コンテナでも十分栽培できます。

ニンジン

ニンジンは20cm以上の深さがあれば栽培可能です。

春まきと夏まきが出来ますが、夏まきの方が育てやすくニンジンの生態に適しています。

120日前後で収穫する事が出来ますよ。

ミニニンジン

ミニニンジンなら70日前後で収穫できますので挑戦しやすいです。

ミニニンジンは普通のニンジンより小さく丈が短いのでコンテナ栽培に向いています。

夏植えの方が害虫被害は少なく初心者向けの野菜ですよ。

種まきは7月中旬~8月下旬が適しています。

「春植え用」と「夏植え用」の品種がありますので間違えない様に気を付けて下さい。

ベランダ菜園で育てやすいミニニンジンの品種は「ベビーキャロット」「ピッコロ」「短根ニンジン」等です。

ミニニンジンは根が柔らかく甘みがありとても美味しいです。

スティックサラダにしたり、ニンジンのきんぴらやマリネ等にしても良いですね♪(´~`)モグモグ

健康野菜としても優秀なニンジンですのでぜひ栽培してみて下さい!

チンゲン菜

チンゲン菜は暑さに強く、真冬以外はほぼ1年中栽培できます。

しかし虫が付きやすいので害虫対策は必須です。

防虫ネット等で覆ってあげましょう。

また、時期的には少々遅めになりますが7月の初めなら「キュウリ」「ミニトマト」もおすすめです!

私が初めてキュウリの栽培に挑戦した時は苗からでしたが、家庭菜園初心者でも面白い様に新鮮なキュウリが収穫できましたよ~!(´∀`*)ノ

市販品を買わなくていいぐらい大豊作になりました!

日々すくすくと成長するキュウリを見るのは楽しいですし、収穫したてを食べる喜びも味わえます。(゚д゚)ウマー

料理でもサラダにしたり酢の物にしたりと、幅広く活用できますので家庭菜園にはピッタリの野菜だと思いますよ♪

ミニトマトも育てやすく次々に可愛い実を付けてくれます。

初心者の人は、苗からなら簡単に育てる事が出来ます♪

我が家では小学生の娘がミニトマトの収穫係をしてくれていましたが、トマト嫌いな娘もお世話している内にトマトに愛着を感じるようになった様でいつの間にかトマトが食べられるようになりました!

家庭菜園は野菜嫌いのお子さんがいるご家庭では「食育」にもなりますよ!

まとめ

夏に植える野菜と家庭菜園初心者におすすめの苗や種、いかがでしたでしょうか?

家庭菜園の初心者は、育てやすさや収穫までの期間を考えて栽培する野菜を選ぶと良いですよ♪

最初は上手く育たなかったり、虫が付くなどのトラブルもあるかもしれませんが、その失敗を次回の栽培に生かして上手に育てるコツを習得して下さいね♪(*´ω`*)

この夏は是非、新鮮で美味しい野菜を育ててみて下さい~♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ