プールや海での髪への影響は?髪を染めている人は要注意!理由と対策

もうすぐ本格的な夏到来!!(∩´∀`)∩

夏は海やプールと、楽しいレジャーが盛り沢山ですね♪

しかし、海やプールで思い切り遊んだ後、女性にとって、
気になるのは髪への影響ではないでしょうか?(´ω`)‥トホー

「プールに行ったら髪の毛がパサパサになっちゃった~!(´ε`;)ウーン…」

「海で遊んだ後、髪の毛が痛んじゃった・・・。((+_+))」

なんて言う経験がある人も、多いと思います。Σ(・∀・|||)ゲッ!!

海やプールは、髪の毛が痛んでしまう原因が潜んでいます。
髪の毛が痛むだけでなく、髪や頭皮へのダメージで、
抜け毛や薄毛が加速してしまう事もあるんですよォオー!!(゚д゚屮)屮

でもせっかくのレジャーなのに、髪の痛みばかり気にしていたら、
楽しめませんよね~!(*´▽`*)

そこで夏を思い切り楽しむ為に、海やプールでの髪への影響や、
ダメージを軽減させる方法を、覚えておきましょう!(・ω・)ノ

正しいヘアケアやアフターケアをする事で、海やプールで、
遊んだ後でも、健康で美しい髪の毛を維持する事が出来ますよ♪

是非、夏のレジャーの参考にしてみて下さいね~!(´∀`*)

スポンサーリンク

プールや海での髪への影響は?


暑い夏になると、プールや海に行く機会が増えますね♪(*´ω`*)
しかしプールや海は、どちらも髪に負担がかかります。

それでは、何故プールや海で髪が痛んでしまうのかと言う事を、
ご説明いたしますね!(゚Д゚)ノ

【プール】

プールは不特定多数の人が利用する事から、殺菌消毒の為、

「塩素」が使用されています。

この塩素のお蔭で、水中でウイルスや細菌が繁殖するのを、
防いでくれているのです。(`・ω・´)

しかしこの塩素が、髪にとっては大敵なのですよ~!(;´゚д゚`)エエー

塩素にはその名の通り、塩分が含まれています。
この塩分により髪のキューティクルが痛み、潤い成分が、
外に流れ出して、髪の毛がパサパサ・ゴワゴワになる、
原因になってしまうんですね~。Σ(`Д´ )

しかもプールの塩素は、濃度は薄くされていますが、
台所用漂白剤と同じ成分なんです!Σ(゚Д゚;エーッ!

塩素の漂白作用で、頻繁にプールに入っていると、
髪の毛が脱色され、痛んで茶色っぽくなってしまうんですよ。

もちろん、プールの塩素は安全に調節されていますが、
しっかりとアフターケアをしないと、髪へのダメージは、
避けられないのです。Σ(゚◇゚;)

【海】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海の水を舐めると、とてもしょっぱいですよね!.∵・(゚ε゚ )ブッ!!

海には高濃度の塩分が含まれています。

塩分は髪の水分や栄養、潤い成分を流してしまう為、
髪がパサパサになってしまいます。( ゚Д゚)アライヤダ!!

また、海水に濡れた髪が乾くと、髪の表面に塩の結晶が、
付いてしまい、手触りもゴワゴワになってしまうんですよ。

それに海水は、弱アルカリ性なのでたんぱく質を、
溶かす作用があります。∑(゜∀゜)

ここに強い紫外線のダメージが加わると、髪の毛を保護している、
キューティクルを剥がしてしまい、髪の内部から水分や、
たんぱく質が流れ出し、さらに髪へのダメージが、
強まってしまいます。(;´д`)トホホ…

海は髪にとって、過酷な環境なのですね・・・。(ノД`)シクシク

髪を染めている人は要注意!その理由とは?

「明日は皆で海水浴に行くから、綺麗にヘアカラーしていこうかな~♪(。・ω・。)ノ♡」

なんて思っている人、ちょっと待ってくださいね~!(;´д`)ノ

意外と知られていませんが、ヘアカラーしている髪は、
プールや海で濡れてしまうと、色落ちしやすいのです!∠( ゚д゚)/

せっかく綺麗にヘアカラーをしたのに、プールや海に行ったら、
一気に色が抜けてしまった~!なんて事にも。(´;ω;`)

でも、

「水に濡れただけなのに、何故色落ちしてしまうの?」

と思いますよね。(。´・ω・)?

「海水」

原因は主に、海水の「弱アルカリ性」の成分や、
プールの「塩素」にあります。(・ω・)ノ

髪は元々弱酸性ですが、ヘアカラーやパーマをする時は、
髪のキューティクルを開き、成分を浸透しやすい様にする為、
アルカリが入った薬剤を使う事が多いんですよ。

海水はヘアカラー液やパーマ液と同じくらいの「弱アルカリ性」なのです。

スポンサーリンク

と言う事は、海水にもキューティクルを開く、
作用があるんですね。(;゚Д゚)エエー

ヘアカラーした髪が海水に濡れると、海水の弱アルカリ成分で、
髪の色が外に逃げやすくなり、色落ちしやすくなるのです。

ヘアカラーだけでなく、縮毛矯正した直後の髪も、
強いアルカリ性になっていますよ。( ゚д゚)ウム

施術後48時間は不安定な状態になっていますので、
髪を濡らしたり縛ったり、帽子を被ったりすると、
新たな癖が付いてしまいます。(/ω・\)チラッ

髪が安定するまで、プールや海で泳ぐのは、
避けた方が無難ですね。

「プール」

プールでも、ヘアカラーした色が落ちてしまうので要注意です!
プールには「塩素」が含まれていますね。
先ほどご説明した様に、塩素には漂白作用があります。

海水ほどのアルカリ成分や、強いダメージはありませんが。
回数を重ねるごとに、徐々にカラーが退色してしまいますので、
注意が必要ですよ。(`・ω・´)

プールや海で髪へのダメージを軽減させる方法をご紹介

さて、プール・海での髪への影響をご説明しましたが、
髪へのダメージを考えると、何だか思いっきり楽しむ事が、
出来ませんよね~。(゚д゚)(。_。)ウン

でも大丈夫!!(/・ω・)/

髪へのダメージを軽減させる方法がありますよ♪

髪の毛が出来るだけ濡れない様にする
髪の長い人は、出来るだけ高い位置で結び、
髪が濡れない様にする事で、ダメージを防ぐ事が出来ます。(*´ω`)

スイムキャップを被る
泳ぐ時はスイムキャップを被り、髪を保護しましょう。

メッシュタイプのものより、水を通さないシリコン製のものが、
おすすめですよ♪(・∀・)

トリートメントで保護する

泳ぐ前に、洗い流さないトリートメントや椿油をつけて、
髪の表面をコーティングしておくと、海水や塩素による、
髪のダメージを防げます。ε-(´∀`*)ホッ

髪用日焼け止めスプレーを使う
海やプールでは、塩分や塩素による髪の痛みに加えて、
紫外線による髪のダメージも心配ですね。( ゚д゚)ノ

紫外線もヘアカラーを退色させたり、髪のキューティクルを剥がし、
枝毛や切れ毛の原因にもなりますよ。

髪にも日焼け止めスプレーをして、紫外線対策をしておきましょう!

泳いだ後は早めにシャンプーする

髪が海水やプールの塩素に触れている時間が長いほど、
髪へのダメージが進んでいきます。Σ(゚Д゚;)アラマッ

海やプールから出た後は、なるべく早く髪に付いた塩分や、
塩素を洗い流す事が大切ですよ。’`ィ (゚д゚)/

まず、お湯でしっかりと洗い流してからシャンプーして下さい。
シャンプーの後は、髪のダメージを修復する為にも、
トリートメントで保護しましょう!( ´ー`)ノ

洗髪後、自然乾燥はNGですよ!
しっかりとドライヤーで乾かして仕上げて下さいね。(*‘ω‘ *)

まとめ

プールや海での髪への影響と、ダメージを軽減させる方法、
いかがでしたでしょうか?(´∀`*)

髪へのダメージが気になるからと言って、せっかくのプールや海を、
十分楽しめないのはもったいないですよね♪(゚д゚)(。_。)ウン

プールや海の後の髪も、前後にしっかりとヘアケアする事で、
美しい髪をキープする事が出来ますよ!(*´艸`*)

この夏はプールや海を、思い切り楽しんでくださいね~♪ヽ(^。^)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ