夏休みの工作まとめ!簡単に安く手早く作れるもの10選!低~高学年編

楽しい夏休み♪(∩´∀`)∩

小学生にとっては、ワクワクドキドキの毎日でしょう~♪

・・・が、しかし!!Σ(゚Д゚)

忘れてはいけない「自由研究」という課題がありますね。

夏休みは40日近くあるのだから、コツコツやればいいのだけれど…

子供も大人も楽しい事を目の前にするとコレがなかなか腰が上がりません。(ヾノ・ω・`)ムリムリ

それに特に低学年の場合、

「何を作っていいかわからない~!ヽ(`Д´)ノ」

となってしまう為、お家の人と相談して課題を決めて取り組む様に指導している学校が多い様です。

結局、「親子の共同作業」となってしまうので課題選びも結構大切なのですよね~。(´ヘ`;)ウーム…

出来るだけ簡単で手早く作成でき、あまりお金がかからないものだと有難いな~と言うのが正直なところです。

スポンサーリンク

でも子供の好奇心をくすぐるものでないと、すぐに飽きてしまい大人が全部やる羽目になってしまいますから、子供が楽しく取り組めるという事が最重要課題ですね!

ここでは楽しく簡単に作れる様な夏休みの工作をご紹介しますよ!

この夏は子供の自由研究を上手くサポートし、残りの夏休みを余裕で満喫しちゃいましょう~!(*´艸`*)

夏休みの工作のまとめ!簡単に安く手早く作れるもの5選!低学年編

まず低学年の場合、危険な道具を使わず安全に作業できる事が第一です。

そして作業工程もシンプルで複雑でないものが良いです。

ご紹介するものは、大人に手伝ってもらわなくても出来る様な簡単な工作ばかりですよ♪(´▽`*)

もちろん子供の柔軟な想像力も十分発揮できます!(/・ω・)/

「手作りフォトフレーム」

材料
100均などにあるフォトフレーム/紙粘土/ボンド/絵具/ニス/スパンコールやビーズ/レースやリボン/貝殻やビー玉・ボタン等

1.フォトフレームの枠部分に紙粘土を付けていきます。

2.パーツを取り付けていきます。

落ちない様に周りをしっかりと紙粘土で埋め込んで下さいね。

3.風通しの良い場所で、1~2日乾かします。

4.絵具で色を塗りましょう♪

5.絵具が乾いたらニスを塗って完成

こちらもテーマをあらかじめ決めると作りやすいですよ!(・ω・)ノ

例えば「海系」「スイーツ系」「アニマル系」「ナチュラル系」等、お子さんの興味のある分野で一緒に考えて作ってみて下さいね♪

紙粘土マグネット

材料
紙粘土・磁石(100円ショップで10個入りのものなど。)/絵具/ニス/ボンド/ビーズ・スパンコール等

1.紙粘土で好きな形を作る

紙粘土で好きな動物や人形、フルーツや食べ物等を作ります。

ベースを均等な色にしたい場合は、あらかじめ紙粘土に絵具を少量まぜて練るか、色付きの紙粘土を作っても良いですよ。

ビーズやスパンコールを付ける場合は、そっと紙粘土に押し当ててくぼみを作り、ボンドを付けてくっつけましょう。

2.紙粘土の裏に磁石を埋め込みます。

磁石を埋め込む部分を磁石の厚みに合わせてくぼませ、指でならします。

磁石にボンドを付けくぼみに埋め込みましょう。

キレイにならして1~2日乾かします。

3.紙粘土が十分乾いたら絵具で色を塗ります。

4.絵具が乾いたらニスを塗ってツヤツヤにします。

ニスが乾いたら完成!

動物シリーズ・魚シリーズ等・野菜シリーズ等、シリーズ物で作ると楽しい作品になりますね♪( *´艸`)

出来上がったマグネットは、仕切りのあるケース等に並べて入れるととても完成度が高く見えますよ!ォオー!!(゚д゚屮)屮

※この動画では磁石を瞬間接着剤で引っ付けています。小さな子供に瞬間接着剤は危ないので注意して下さいね。
紙粘土で作るペン立て

材料
紙粘土/ペンが立てられる空き瓶等の容器/ビー玉やおはじき、貝殻/絵具/ニス

1.ペンが立てられる大きさ、高さの容器を用意します。

ジャムの空き瓶や綿棒のプラスティック容器等、お好みの大きさのものを選んで下さい。

2.容器に紙粘土を付けていきます。

3.ビー玉やおはじき、貝殻などのパーツを取り付け。

パーツが取れてしまわない様に周りを紙粘土で埋め込んで下さい。

その後、風通しの良い場所で乾かします。

4.乾いたら絵具で色を塗りましょう。

絵具が乾いたらニスを塗って完成です♪

ペン立ては制作した後も結構便利に使えます!( ´∀`)bグッ!

パーツを生かして素敵なペン立てを作ってみて下さいね♪

石のペーパーウェイト

材料
適当な大きさの小石(川原にある様な表面がツルツルの石がおすすめ)/絵具/ニス

1.表面がツルツルの石をいくつか集めてきます。

2.鉛筆等で下書きをして絵具で色を塗りましょう。

石全体に色を塗る場合は一度乾かしてから次の作業をして下さいね。

3.絵具をよく乾かして、仕上げにニスを塗って乾けば完成!

石はじっと眺めていると色んな形に見えてきますよね~。

子供達の柔軟な想像力に驚かされる事もあります。(´∀`*)

子供と一緒に色んな形の石を探すのも楽しいですよ♪

出来上がったペーパーウェイトは仕切りのあるケースや、木箱等に入れて展示するとおしゃれに見えます♪

芝生マット等を利用してみるのも良いですね!(*´ω`*)

ミニチュアハウス

材料
段ボールやお菓子の空き箱、百均の木箱等/ハウスのベースになる素材/壁紙に使う布や、折り紙、フェルト等/家具等を作る厚紙又は紙粘土/ハウスをデコレーションする素材(レースやボタン、リボンやスパンコール等)/ボンド等

1.ハウスのベースになる素材を用意します。

どの様な箱でもいいのですがなるべく丈夫なものが〇

同じ大きさのお菓子の箱を2つくっつけて「二階建て」にしてもいいですね!

100均の木箱を利用すると結構本格的な感じになりますよ♪

2.ハウスの壁紙に、布や折り紙・フェルト等を貼ります。

窓を作ったり時計をつけたりして、子供の自由な発想でデコレーションして下さい。

3.家具を作りましょう!

厚紙で作っても良いですし、時間があれば紙粘土で作って色を塗ってもOKです♪

家具をボンド等で固定して完成です!

固定はしなくてもいいですが、学校に持って行く時に壊れてしまったり、失くしてしまったりする事もあるので注意して下さいね!

ミニチュアハウスは昨年、我が家の娘も自由研究の課題にしましたよ!

娘は「猫カフェ」を作りたいとの事だったので、猫や家具は紙粘土で作りました。(*´ω`)

ミニチュアサイズに作るのが結構大変そうでしたが、とても楽しそうに作業していましたよ~。

作品は今でも子供部屋に飾ってあります♪(*´艸`*)

スポンサーリンク

夏休みの工作のまとめ!簡単に安く手早く作れるもの5選!高学年編

小学生も高学年になると、自分で作りたいというものが明確になってきますね!

ある程度自分の思う様に制作出来るようになってきますので、ここはなるべくサポートに徹したいところです。

スノードーム

材料
ジャムなどの蓋つき空き瓶/スポンジや発泡スチロール/液体洗濯のリ・水/瞬間接着剤(防水)又はグルーガン/瓶の中に入れるフィギュア・フェイクグリーン等/キラキラ素材/スノーパウダー・ビーズ・スパンコール等/かき混ぜる棒(割りばし等)

1.土台作り

瓶の蓋裏側に、スポンジや発泡スチロール等をカットし接着剤で固定し土台を作ります。

瓶の蓋をしめた時に、フィギュアがどの位置にくるか確認して土台の高さを決めて下さいね。

2.土台にスノードームの中に入れるフィギュア等を接着剤で固定。

3.空き瓶の中に「液体のり:水」=「3:7」の割合で入れます。

割り箸等でゆっくりとかき混ぜましょう。

4.スノーパウダー等のキラキラアイテムを入れます。

あまり入れ過ぎない様に注意して下さいね。

瓶にフィギアをセットした蓋をはめ、ひっくり返せば完成!

フィギュアは鉄や紙は避けてプラスティック等の水に強いものにしましょう。

空き瓶を利用する他に、100均でも「スノードーム工作キット」が販売されていますのでこちらを利用してみても良いですね!

宝物の様にキラキラ光るスノードーム。

意外と簡単に出来ますのでおすすめですよ♪

卵の殻モザイク画

材料
ベニヤ板(白)/卵の殻/アクリル絵具/木工用ボンド/ピンセット/ニス

1.卵の殻は薄皮をむいて洗い、よく乾かしておきます。

2.乾かした卵の殻に色を塗って乾かします。

制作する絵に使いたい色を何色か作ります。

3.乾いたら着色した卵の殻を細かく砕きます。

4.ベニヤ板に鉛筆等で薄く下書きし、ボンドを塗って卵の殻をピンセットで並べていきましょう。

5.絵が完成したらよく乾かしてニスを塗ります。

ニスが乾いたら出来上がり!

絵の背景もモザイクにした方が見栄えします!

時間がない時は背景の色を絵具で塗っておきましょう!

額を付けるとまた一段と引き立ちますよ♪Σd(゚∀゚d)イカス!

絵が好きなお子さんにおすすめです!

ビー玉迷路

材料
お菓子等の空き箱(高さが低めの物)/段ボール紙(迷路の壁を作ります)/仕掛け用の材料・割り箸や爪楊枝等お好みで/木工用ボンド/セロハンテープ/ビー玉

1.迷路の壁用に段ボールを細くカットします。

2.壁を作成

最初にスタート位置とゴール位置を決め、箱に自由な発想で壁を並べてボンドで固定していきます。

障害物になる坂道を作ったり、トンネルを作ったりして色々と工夫してみて下さい♪

3.転がして見る。

ボンドが乾いたらビー玉を転がしてみて、上手く遊べたら完成!

高学年のお子さんなら、もっと緻密な迷路にしても面白いですし、あらかじめ箱の底に絵を描いたり、壁に折り紙を貼ってカラフルにしたりしても楽しいですよ!ヽ( ´ー`)ノ

これでお友達からも注目の的♪

男の子が夢中になりそうな自由研究ですね!

ビーズアクセサリー

材料
テグス/お好みのビーズ

1.テグスを用意して好みの長さにカットします。

2.ビーズを通してブレスレットやネックレスを作りましょう。

テグスを伸びるタイプのものにして、ヘアアクセサリーや指輪を作っても良いですね!

端をしっかり結めば完成!

アクセサリーは女の子が大好きなアイテムですね♪

100均にはとても可愛いアクセサリーパーツが沢山ありますので、きっと女子力も上がると思います!。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

市販の手芸工作キットなら、大人も欲しくなる様な繊細なアクセサリーを作る事も出来ますので、手先が器用なお子さんなら是非、チャレンジしてみて下さいね♪

貝の標本

材料
高さが低いお菓子等の箱や木箱/厚紙/綿/小さな紙/ボンド・ラップ

1.海に遊びに行った際に貝殻を採集しておきましょう。

2.貝殻を綺麗に洗って乾燥させます。

3.カットした厚紙を仕切りにして箱に並べて固定します。

4.綿を敷いて、綺麗に洗った貝殻を並べます。

5.小さく切った紙に貝殻の名前を書き添えます。

6.箱の上からラップをかけ、しわにならない様にピンと張って止めたら完成です!

高学年のお子さんなら、自分で貝殻の種類も調べられると思いますので、探求心や学習意欲を伸ばすきっかけになってくれそうですね!( ゚д゚)ウム

スポンサーリンク

まとめ

夏休み自由研究の工作、いかがでしたでしょうか?

どれも100均で手に入る材料で出来ますし、比較的短期間で完成させる事が出来ると思いますよ♪

夏休みの自由研究の参考にしてみて下さいね!(´∀`*)ノ

一年間の学校行事の中で、小学生の子供達が心待ちにしている「夏休み」(´▽`*) 子供達にとっては、学校から解放され...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ