夏バテの原因とは?症状や対策など生活習慣を見直して夏を乗り切ろう!

毎年必ずやってくる夏。

夏は楽しいことがいっぱいだけど、
暑さで不調な毎日が続くと楽しさも半減…(^_^;)

でも、毎年調子を落としていたらもったいないと思いませんか?

実は、あまり気にしていなかった生活の「ある」習慣が、夏バテを引き起こしていたら(―_―)!!

さあ、あなたの生活習慣をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

夏バテってどんな症状?原因になるような生活習慣とは?

夏バテの症状は主に2つに分けられます。

身体的なもの
倦怠感や脱力感、疲れが取れないなどの全身の不調や、食欲が落ちる
などが代表的な夏バテ症状です。

また、冷たいものの摂りすぎでお腹が冷えてしまったことによる
下痢や便秘などの消化器官の不調もあげられます。

精神的なもの
暑い日が続くと、体の疲れや食欲不振などの身体的な夏バテ症状から
自立神経が乱れてしまうそうです。

なんだかやる気が出ない、イライラするなどがそうですね。

立ちくらみやめまい、吐き気のような症状が出てくることもあるそうなので
夏バテも軽く見られません(>_<) このような夏バテ症状が起こる原因には、生活習慣も関係しているようです。 たとえば、水分補給。

人は普通の生活のなかでも1日に2.5Lもの汗をかくと言われています。

水分を摂っているつもりでも足りていないことも多いそう。
こまめな水分補給を心掛けたいものですね。

さらに、食欲がないからといって偏った食事をしていると
体にとって必要な栄養素が足りなくなり夏バテに(―_―)!!

汗と一緒に排出されるミネラル分であるカリウム
不足すると脱水症状を起こしやすくなります。

アボカド、納豆、ほうれん草などカリウムを多く含むものを
食べたりすることも大事です。

また、エアコンのよく効いた部屋と外とでは温度差が激しく
自律神経を乱してしまうことも。

精神的な夏バテの原因にもなりかねません。

スポンサーリンク

夏バテ対策に生活習慣を見直そう!


冷たいものの摂りすぎに注意する
暑いと冷たいものがほしくなるのは当然のこと。

しかし、そればかりだと胃腸が冷えてしまい消化力の低下に
つながってしまいます。

アイスクリームや冷たいジュースはほどほどに。
できれば水分補給の飲み物は、常温のものを摂るようにするとよいですね。

そば・そうめんばかりの食事は×
食欲がなくなってきたときの「食べられそうなもの」というと、
そばやそうめんのようなつるつるっとのどを通っていく麺類では
ないでしょうか。

たしかに食べることは大事なのですが、でもちょっと待って!!

炭水化物ばかり摂っていると、糖質をエネルギーに変える
ビタミンが足りなくなってしまいます。

ビタミン不足は「疲れ」の原因にもなりますので、食欲がなくても
バランスのとれた食事は大事なことです(^_^)

野菜を食べる習慣を
野菜にはビタミンだけではなく、ミネラル成分や食物繊維、
水分も含まれています。

特にトマト、ナス、ピーマン、きゅうりなどの夏野菜には
夏バテ予防になる栄養素がたくさん\(^o^)/

サラダや酢の物はさっぱりしたものがほしくなるこの時期に
ぴったりのメニューです。
積極的に夏野菜を摂るようにしましょう。

冷房の設定温度を見直そう
涼しいところで快適にすごすのは悪いことではありません。

しかし、寒さを感じるくらいの場所でがまんしたり、
家のエアコンの設定温度を低くしすぎたりは言うまでもありませんね…

お腹が冷えて調子を悪くしたり、免疫力が低下して夏カゼの原因にも。

環境省が推奨している夏のエアコン設定温度は28℃です。

それでも暑く感じるときは、窓に工夫をするとよいでしょう。

今ではすだれやシートが100均でも手に入りますので
ぜひ試してみてください!

普段から運動をして体力作りに励んでいる人は、
夏バテになりにくいとも言われています。

めんどくさいと思わずに、ちょっとでも生活習慣を見直して
見違えるような夏の自分に出会いましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ