暑中見舞いと残暑見舞い・・・お中元等・・・夏のあいさつを簡単に解説!

友人からお中元が届いた~
お返しを用意しようとカタログを開く。

翌日

知り合いから暑中見舞いが届く…

さらにその翌日

また取引先から届く残暑見舞い

えっ?どれ!?

このような経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

そもそも夏のあいさつはどのようになっているのでしょうか?

暑中見舞いと残暑見舞いは明確にわかれているの?
お中元との違いは?

ただでさえ似たような行事が多すぎて混乱してくるので、一度ここら辺で
整理してみましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いと残暑見舞い・・・お中元等・・・夏のあいさつを簡単に解説!


そもそも暑中見舞い、残暑見舞い、お中元とはいったいなんのでしょうか?

イメージとしては

暑中見舞い、残暑見舞い:ハガキでのあいさつ
お中元:物品を贈る
というイメージがあり、
重要度で言えば
お中元>暑中見舞い=残暑見舞い
と言った感じでしょうか。
時期については
暑中見舞い→残暑見舞い
というのは分かりますが、お中元は字面からでは、想像がつきません。

実際にはどのような区分になるのでしょうか?
まずは提出時期から比べてみましょう。

そもそも暑中見舞いの暑中とは、うなぎの日・・・じゃなくて土用の丑の日から
立秋の前日である、8月6日までの期間で、
それ以後の処暑までの期間が残暑
となります。

では、お中元は?
お中元については時期が地域ごとによって大きく異なります。
早くに出す関東などでは7月初旬~7月15日までの期間
で、
遅くに出す九州では8月1日~8月15日まで
と、1ヶ月程度差があります。
お中元に関しては、自分の住んでいる地域でご確認ください(汗

次に贈るものを見ていきましょう。

もともと暑中見舞いや残暑見舞いはお世話になっている方を訪ねて、猛暑期を
お見舞いしておりましたが、郵便制度の発達によって簡略化されていきました。

昔は贈り物を持って言っていましたが、現状では年賀状同様に書状の交換でも
問題ありません。

ただし、お中元に関してはお見舞いではなく、感謝の気持ちを贈る物です。
金額の過多や内容ではなく、贈り先の人に会ったものを贈りましょう。

あれ、でも残暑見舞いで物品が届いたことがあるんだが?

スポンサーリンク

それはお中元をいただいたが、お返しの時期がずれていたりした場合、
お中元として贈るので無く、その時期にあった暑中見舞いや、残暑見舞い
と言った形で贈ることがあります。

それぞれの基本的なマナーやルールをご紹介!


それでは、それぞれのマナーやルールはあるのか見ていきましょう。
ハガキを出す暑中見舞い、残暑見舞いを見ていきましょう。

実は書き方等については特にマナーやルールはありません。
そして二つの内容の違いは「季節の言葉」だけです。
簡単ですが例を挙げましょう。

・暑中見舞い
 

暑中お見舞い
 暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 近況本文~~~~~~
 まだ暑い日が続きますので、体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。
                                    ××年 盛夏

・残暑見舞い
 

残暑お見舞い
 立秋を過ぎましたが、残暑なお厳しき日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 近況本文~~~~~~
 秋風を感じるころはまだ少し先になりそうですが、くれぐれもご自愛ください。
                                    ××年 新秋

現代では暑中の時期も、残暑の時期も夏と言った時期に感じることが多いですが、
暦のうえでは暑中は「夏」、残暑は「秋」となります。

次にお中元ですが、紅白の蝶結びの水引とのしをつければ、問題ありません。
ただしお中元で贈ってはいけないものがあります。
靴のような履物類は、踏みつけるという意味があり、贈り物として適切ではありません。
また時計や筆記用は勉強を想起させるため、年上の人に送るものとしては、履物同様
不適切といえるでしょう。

まとめ

これで分かったでしょう?
えっ?分かりにくい?
ではもっと簡単にまとめましょう。

暑中見舞い:挨拶、暦のうえでは夏に送る。
残暑見舞い:挨拶、暦のうえでは秋に送る。
お 中 元 :お礼、地域によって贈る日は変わってくる。

こんな感じでしょうか?
見舞い状やお中元の中身に関しては、実はそんなに重要視する必要はありません。
自分が貰った場合、うれしくはあっても、文句なんかは言いませんよね?
大切なのは贈るための気遣いです。
円滑な人間関係を保つために、近況報告がてら送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ