日焼け止め値段の違い、価格差はこれだった!!もう迷まない選び方

日焼け止め商品というと「100均」で購入出来るものから「千円前後」のもの、化粧品メーカーのものでは「数千円」する商品もありますよね。

しかし!

SPF値とPA値が同じであればどれも基本的な日焼け止め防止効果は同じなんです!

では「値段の安い日焼け止め」と「高い日焼け止め」、一体どの様な違いがあるのでしょうか?

ここでは具体的に日焼け止めの値段の違いをご説明しますね!

合わせておすすめの日焼け止めもご紹介しますので、是非参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

日焼け止めの値段の違いはなに?なぜあんなに価格差があるの?

日頃から美肌と健康を意識している人にとって、日焼け止めは1年を通しての必須アイテム!

使用頻度も高いだけにコストも重要になってきますね。

でも安すぎるのも不安だし…

かといって高すぎると続かない…。

「日焼け止めの価格差ってどんな違いがあるの?」

SPFやPAが同じ日焼け止めでも随分価格の差がありますよね~

基本的に日焼け止めの成分は同じです。

ですが!

オプションに違いがあるのです!

日焼け止めはSPFやPAの値が高くなるほど、肌への負担が高くなってしまいます。

数値の低いものをこまめに塗る方が肌への負担は少なくなりますが、塗り直しがなかなか出来なかったり、夏場は長時間強い日差しを浴びるレジャーに行く事もあるでしょう。

これを補ってくれるのが、日焼け止めに加えられる「美容成分」などのオプションなのですね!

価格の安い日焼け止めは、

●原材料のコストを安く抑えるために肌への刺激が強い成分が使われいる。

●添加物等が多く入っている

などの場合が多いです。

もちろん低価格でも良心的な商品はありますから、パッケージの表記をしっかりと確認する事が大切ですよ!

有名な化粧品メーカーや高価格帯の日焼け止めには、日焼け止め成分による乾燥から肌を守る保湿成分や、ビタミン・ヒアルロン酸等の美容成分・美白成分が一緒に
入っているものが多いんですよ。

スポンサーリンク

また、アンチエイジング効果のあるものや、化粧下地としても使用できるものまであります。

日焼け止めは使用頻度も高く肌に長時間つけるものですから、肌への負担はなるべくなくしたいですよね。

それに日焼け止めしながら肌のケアを同時にできれば一石二鳥です!

しかし、有名メーカーのものは宣伝費や広告費が上乗せされていますので、その分少し割高になってしまうと思った方がいいですね。

数ある日焼け止めの中からどれを選ぶか決めるのは大変ですが、

●どの様なシチュエーションで使用するか。

●肌に対してどのような効果を求めるか。

という事を基準にして考えると価格帯も絞れてくると思います!

紫外線、日焼け止めの豆知識

紫外線は肌の老化を早めたり、シミやしわの原因になるという事はTVや雑誌等でよく耳にすると思います。

紫外線は一年を通して降り注いでいますが、5月から徐々に増え始め、6月には真夏とほぼ同量なっていきます。

参照:気象庁HP

「夏は効果の強い日焼け止めに変えようかな?」

と思っている人も多いかもしれませんね~。

ところで日焼け止めというと「SPF」や「PA+」という表示がありますが、正しい意味をご存知ですか?

SPFの数値が高いほど紫外線を強力にガードしてくれる…

と思いがちですよね。

SPFとは?

20分間何も肌につけていない時に比べて、紫外線が肌にあたってから日焼けが始まる時間をどれだけ伸ばせるかという目安。

例えば、SPF50の日焼け止めを例にすると、

20(分)×50 = 1000分

1000分 = 16時間40分

つまり、日焼けが始まるのを約16時間40分防いでくれるという事になります。

スポンサーリンク
PAとは?

PAは肌の老化の原因となる紫外線Aを防御する値を示します。

PA+・++・+++・++++の4段階で表されます。

+の数が多いほど防御力が高くなります。

海や山など日差しがキツイ場所に行く時には、このPA値が高いものを選ぶと効果的なんですよ♪

日焼け止めの価格帯別おすすめ商品をご紹介!!

1000円前後

日頃から外に出る機会が多く、日焼け止めはたっぷり使いたい!

そんな人向けに千円前後のプチプラだけど品質も優秀な日焼け止めをご紹介しますよ~♪

※画像をクリックすると商品ページに移ります。商品詳細など知りたい方はご利用下さい。
「花王ビオレ さらさらUVアクアリッチウォータリーエッセンス」

ビオレの日焼け止めは種類も多く、使用するシーンによって使い分け出来るところが特長です。

それにプチプラでお財布に優しいのも嬉しいところです♪

「さらさらUV アクアリッチウォータリーエッセンス」は、SPF50+/PA++++と最高値でありながら、肌に付けた感じが重くなくさらっと肌に馴染み全く圧迫感がありません。

ストレスフリーなので毎日使う日焼け止めとしてもおすすめ♪

@コスメベストコスメ大賞で見事殿堂入りしたというコスパ・品質共に優秀な日焼け止めですよ!

汗や水に落ちにくいウォータープルーフ機能も加わり、さらにパワーアップしています!

「キャンメイク 日焼け止めのマーメイドスキンジェルUV」

プチプラコスメで人気のキャンメイク。

「キャンメイクの日焼け止め」は美容成分が85%以上も配合されているので、日焼け止めしながら美肌になれちゃうという優れもの!

化粧水の様な軽い付け心地なのにしっかりと保湿してくれます。

SPF50+・PA++++と日焼け止め効果も高く、化粧下地としても重宝しますよ。( ゚ω^ )

顔だけでなく全身にも使う事が出来るので使い勝手も良いです♪

無香料・パラベンフリー・ノンアルコール・無鉱物油という点も安心出来ますね!

「KOSE コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー」

レジャー等の外出時は、日焼け止めを塗るのに手間がかかるなと思う時がありますよね!

コーセーのサンカット日焼け止めは、シューっとスプレーするだけで、塗りにくい部分も手軽にムラなくUVカットする事が出来ますよ♪

白浮きしない透明スプレータイプなので、メイクの上からも使用できるのも嬉しいですね!

SPF50+・PA++++と最高値ですが、サラサラパウダー配合でべたつかず軽い付け心地♪

髪の毛やサンダルの足元にも手軽に使えるので、夏の日の外出時にはとても重宝する日焼け止めです。

2000~5000円

次に「日焼け止めによる肌への負担を減らしたい!」という人に、肌への美容効果に優れた2000~5000円ぐらいの価格帯の日焼け止めをご紹介します!

「POLA UVブロックシールドホワイト」

SPF50・PA++++と強い紫外線カット効果がありながら、保湿・美白、肌のハリツヤに有効な美容液成分が豊富に配合されているところは、さすがポーラといった感じですね!

美肌をサポートしてくれる優秀な日焼け止め美容液です♪

白浮きやベタつきがなく、快適な使い心地なところも嬉しい!

ウォータープルーフ機能があるのに、いつものボディーソープで簡単に落とす事が出来るのも手間いらずです♪

顔だけでなくボディーにも使えるので使い勝手も良いですよ!

日焼け止めと一緒に肌ケアもしたいと思う人にはおすすめの日焼け止めです!

「資生堂エリクシール ホワイトデーケアレボリューションC+」

乳液・美白・化粧下地を兼ね備えている為、朝の化粧水の後はコレ一本で美白ケアOKと言う優れもの!

忙しい時間帯の時短にもなるお役立ちの日焼け止めです!

美白に効果的なトラネキサム酸配合で、メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防いでくれる効果もありますよ!

SPF50+・PA++++なのに付け心地も軽くベタつきがないので、乳液をつけるような感覚で使用できます♪

同シリーズでSPF30・PA++++もありますので、使用するシーンも選べます。

「資生堂アネッサパーフェクトUVアクアブースター」

「とにかく焼きたくない!」という人に人気のアネッサの日焼け止め!

パーフェクトUVアクアブースターもSPF50+・PA++++という高数値で、強烈な紫外線から肌をガードしてくれますよ!

この日焼け止めの凄いのは、汗や水に触れると紫外線をブロックする機能がさらに強くなるという「アクアブースター技術」が搭載されているところです!

80分の水泳テストに耐えたという「スーパーウォータープルーフ」タイプなので、海やプール・夏のレジャー等には是非おすすめの日焼け止めなんですよ♪(*^ー゚)b グッジョブ!!

こんなに強力な日焼け止めなのに石鹸でスルリと落とせるところも嬉しいですね!

付け心地はサラサラして伸びがよく、高数値の日焼け止めにありがちな重たい感じがありません。

きっと夏のレジャーの強い味方になってくれますよ!

スポンサーリンク

まとめ

日焼け止めの値段の違いとおすすめの日焼け止めいかがでしたでしょうか?

紫外線による肌ストレスは、夏が終わった頃にじわじわとやって来ますので、「いかに夏の厳しい日差しから肌を守るか」が大切になってきますよ!(`・ω・´)

それに日頃からUVケアをきっちりとしておく事で、5年後・10年後の美肌に繋がっていく事を忘れてはいけませんね!

早速、自分の肌に合ったお気に入りの日焼け止めをゲットして、紫外線から肌を守りハリのあるツヤツヤ美肌を目指していきましょう~!

本当に日焼け止めが効いているのかよくわからない。 こんな経験はありませんか?(。´・ω・)? もしかすると「...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ