意外と知らない夏野菜の保存方法!冷蔵庫で冷やし過ぎると低温障害に!

夏に旬を迎える夏野菜。

太陽の恵みをたっぷりと受けて育った夏野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているものが多く、夏バテ防止や疲労回復・食欲不振等に効果を発揮してくれます。

それに沢山水分を含んでいる為、夏の暑さで火照った体を体の内側からクールダウンしてくれます♪

健康の為に毎日食べたい夏野菜ですが…正しい保存方法をご存知ですか?

「野菜を買ったら、すぐ冷蔵庫に入れているけど…」

「とりあえず冷蔵庫に入れておけばいいかな~」

と、何気に冷蔵庫に入れている人も多いと思います。

しかし!!

野菜の種類によって適切な保存温度があります。

スポンサーリンク

何でも冷蔵庫に入れて冷やし過ぎて保存していると、野菜によってはすぐに傷んでしまったり、栄養価が失われてしまうものもあるんですよ。

今回は、夏野菜の意外と知られていない「保存方法」と「長持ち」させるアイデアや方法をご紹介いたします!

正しい保存方法で新鮮な夏野菜を美味しく頂きましょう~!

夏野菜の保存方法のまとめ!冷蔵庫で冷やし過ぎると低温障害に!

食材を新鮮に保つ為に欠かせない冷蔵庫。

ですが、野菜の種類によっては冷やし過ぎると萎びてしまったり、水っぽくなってしまったりして品質が低下してしまうものもがあります。

これを「低温障害」と言います。

夏野菜にも冷蔵庫に入れて保存すると低温障害を起してしまう野菜が結構あるんです。

野菜の鮮度を保つには、育った環境に近い温度で管理する事が大切だと言われています。

気温の高い時期に旬を迎える夏野菜は、冷蔵庫での保存だと冷えすぎてしまうのですね。

冷蔵庫の温度は、大体「3℃~6℃」、野菜室ではちょっと高めの「8℃」ぐらいに設定されています。

そして夏野菜の適温は「約10℃~14℃」

ですので冷蔵庫での保存は低温障害を起こしやすくなってしまうのです。

ちなみに食品保存でよく目にする「冷暗所」とは、「温度が低く一定で風通しが良く日光が当たらない1~15℃の場所」のことです。

「常温」は「直射日光の当たらない風通しの良い場所で15℃~25℃の場所」を指します。

常温や冷暗所での保存が良いと言われている夏野菜。

ですが!!

真夏の室温は30℃以上になる事もしばしばですよね~。(゚A゚;)アツー

そんな時は低温障害が起こりやすい冷蔵室での保存より、温度が高めに設定されている「野菜室」で保存するのがおすすめ!

スポンサーリンク

野菜室でもちょっと冷えすぎるかなという時は、新聞紙やキッチンペーパーで夏野菜を包めば、直接冷気が当たらず低温障害が起こらずに済みます。

それにカットした野菜は別!

カットした野菜は雑菌が繁殖したり「エチレンガス」が発生しやすくなります。

エチレンガスは他の野菜の傷みも早めてしまいますので、ラップをして野菜室で保存しましょう。

それでは、野菜別の保存方法を見ていきましょう!

トマト

南米原産と言われるトマトは、やはり寒さが苦手です。

冷やし過ぎると甘みが減ってしまいますよ。

赤く熟したトマトはすぐに食べるのがおすすめ。

まだ青みがあるものは常温で追熟してから食べましょう。

冷やしトマトで食べたい時は、食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やしてくださいね!

赤く熟したトマトを少しでも長く保存したい場合は、まずキッチンペーパーで1つずつ包みます。

ヘタ部分を下にしてポリ袋等に入れしっかり口を閉じ、野菜室で保存しましょう!

トマトから出るエチレンガスは、他の野菜を早く熟させてしまいます!密閉して保存した方がいいですよ。

トマト同士がくっついてしまうと傷みやすいので気を付けて下さいね。

4~5日は美味しく食べる事が出来ますよ。

キュウリ

温度変化や低温に弱く、冷やし過ぎるとビタミンCが壊れてしまいます!

なるべく新鮮なうちに食べきりましょう。

冷暗所に保存するのがベストですが、10℃~15℃の野菜室にラップやビニールで包んで立てて入れれば、4~5日は保存可能です。

キュウリは表面の水分をしっかりとってキッチンペーパーで包みます。

さらにラッブで覆い野菜室で保存しましょう。

保存する時はヘタを上にして立てて入れると良いですよ!

牛乳パックやペットボトルの下部分をカットしたものをホルダー代わりにすると便利に保存できます!

10日ぐらいは日持ちしますので一度試してみて下さいね♪

ナス

インドが原産地と言われているナス。

ナスは乾燥と寒さに弱い野菜です。

野菜室でも温度が低すぎてしまって低温障害を起こしやすく、5℃以下で保存すると実が縮んでしまう事があります。

保存する場合は、乾燥を防ぐ為に新聞紙等に包んで常温か冷暗所で保存しましょう。

乾燥を防ぐ為、1本1本ラップで包み、ポリ袋などに入れてその上から新聞紙で包み野菜室で保存しましょう。

この一手間で1週間ほど保存する事が出来ますよ!

ピーマン

南米産と言われるピーマンも寒さが苦手。

冷蔵庫ではなく、冷暗所か野菜室で保存しましょう。

ピーマンは水気が厳禁です。

丁寧に水気を拭きとってポリ袋に入れ、野菜室で保存してください。

まとめて保存する際は、1個でも傷んだピーマンがあると他のピーマンもすぐに伝染してしまいますので、傷んだものは取り除き早目に使いましょう。

こちらも1週間程度保存可能です。

カボチャ

丸ごとのカボチャの場合は、常温保存や冷暗所の保存なら1~2か月保存する事が可能ですよ。

カットしたカボチャは種とワタ部分から痛み始めますので、すぐにスプーン等で種とワタを綺麗に取り除いてください。

そして、ラップで包み野菜室で保存しましょう。

1週間は保存する事が出来ますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

夏野菜の保存方法と長持ちさせるコツはいかがでしたか?

夏野菜は冷やしすぎてしまうと、低温障害を起こし風味や品質が悪くなってしまうものが多いのですね~。

ですが!

保存時に一手間掛ける事で、思ったよりも夏野菜がぐっと長持ちします。

新鮮な状態で長期間美味しく食べられる!という事はとても有難いですよね♪

この夏は栄養たっぷりの夏野菜を毎日食べて、厳しい夏の暑さを乗り切っていきましょう~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ