夏野菜でキレイと元気を!夏の旬野菜の栄養や美容効果、おすすめレシピ

夏の食卓に並ぶ、色とりどりの夏野菜。(*´ω`*)
太陽の恵みをたっぷりと吸収した旬の夏野菜には、驚きの効果がある事をご存知でしたか?(・ω・)ノ

夏野菜には水分カリウムがたっぷり含まれているので、
夏の暑さで火照った体を内側からクールダウンしてくれる働きがあるんですよ♪(´・∀・`)ヘー

そして夏の強い日差しから、お肌を守ってくれる成分が豊富に含まれている為、美容効果にも優れています!!
これは女性には、とっても嬉しい効果ですよね♪(*´艸`*)

生で食べられるものが多く、夏に不足しがちになる栄養を簡単に補給できるのも夏野菜の特徴ですね。
それに色がカラフルなものも多いので、見た目にも元気が貰えそうです!(´∀`*)ノ

ここでは、夏野菜の栄養や美容効果をまとめてみましたよ!

この夏は旬の夏野菜を美味しく食べ、体の中からキレイになって夏に負けない強い体、美しい美肌を目指しちゃいましょう~♪

スポンサーリンク

夏野菜はどんなものがある?どんな栄養や美容効果があるの?

それでは夏に是非食べたい、夏野菜をご紹介いたします!!
何気に食べている夏野菜にも、それぞれ効果的な特徴や栄養素があります。
それぞれの特徴を理解しておけば、目的に合わせて栄養素を取り入れる事が出来ますね!( ´∀`)ノ

「トマト」


栄養素:カロチン・カロチンの一種(リコピン)ビタミンC・E・カリウム

強い抗酸化作用があり、老化防止・免疫力強化が期待出来ます。
健康面では、高血圧・動脈硬化等の予防に効果的です。

美容面ではトマトに含まれるリコピンが、夏の強い日差しから肌を守る効果があり、シミの原因となるメラニンの生成も抑えてくれますよ!(・∀・)
ビタミンEと一緒に摂る事で、より強い効果と吸収力もアップする為、オリーブオイル等と一緒に食べるのがおすすめです。(´∀`*)

「キュウリ」


栄養素:カリウム・ビタミンC・カロチン

キュウリの96%が水分と言う事から、栄養のない野菜として知られていますが、夏には有難い効果もありますよ。( ゚Å゚)ホゥ
水分が多いキュウリは、夏の暑さで体の中にこもった熱を発散してくれますし、体の中の余分な塩分を排出してくれます。
利尿効果もあるので、むくみやすい人に効果的なんですよ♪
暑い夏にはキュウリで、体の中からクールダウンしましょう。

「ナス」


栄養素:ポリフェノール・カリウム・アントシアニン・ナスニン

ナスの皮には、ポリフェノールの一種である「ナスニン」と言う色素が含まれ、強い抗酸化作用があります。
体を錆びつかせる活性酸素を抑制し、がん予防や生活習慣病予防にも、効果があると言われています。

また、コレステロールの低下、眼精疲労等にも効果的です。
低カロリーなので、ダイエット食材としても注目されていますよ。(。・ω・。)ノ♡
夏の暑さから体を冷やす役目もしてくれます。~(´∀`~)スズスィー

「カボチャ」


栄養素:ビタミンA(βカロチン)・C・E・食物繊維・カリウム・マグネシウム

カボチャは緑黄色野菜の代表的な野菜ですね!
免疫力強化や細胞の老化防止に効果的です。
ビタミンA・C・Eの3つが揃うと、がん予防に強力な効果を発揮すると言われています。(`・∀・´)エッヘン!!

スポンサーリンク

美容面でも皮膚や粘膜を健康に保つ働きや若返り効果のある、ビタミンEの強力な抗酸化作用でアンチエイジングも期待出来ます。(*´艸`*)
カボチャは油で炒めたり、煮物にする事で吸収力がアップしますよ♪

「ゴーヤ」


栄養素:ビタミンC・カリウム
 
独特の苦みを持つゴーヤですが、その苦みには豊富な栄養素が含まれています♪

ゴーヤに含まれるビタミンCは、トマトの5~6倍と言われていますよ。ヮ(゚д゚)ォ!
ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素ですよね!
夏の肌トラブル防止に一役かってくれます♪

汗をかく事で失われるカリウムも豊富に含み、代謝を促してむくみを解消してくれます。
免疫力アップ・抗酸化作用もあり、老化防止やがん予防にも、効果を発揮してくれます。ォオー!!(゚д゚屮)屮

疲労回復や食欲不振、夏バテ予防等にも効果があるので、夏には是非食べたい野菜ですね!(・ω・)ノ

「トウモロコシ」


栄養素:ビタミンB1・B2・カリウム・食物繊維
 
甘くて美味しいトウモロコシにも健康効果が、沢山含まれていますよ!(*´ω`)
トウモロコシに含まれるビタミンB1・B2は、疲労を回復し、ストレスに対する抵抗力を強めてくれる働きがあります。

食物繊維も豊富で、コレステロール値を下げ便通の改善にも効果があります。
体のむくみをとる作用にも優れ、利尿作用があるのでむくみやすい人におすすめですよ。(*´▽`*)

「ピーマン」


栄養素:ビタミンC・E・カロチン・カリウム

ピーマンには、ビタミンCが多く含まれていてレモンの2倍近い量になります。
肌荒れ等の肌トラブルに効果がある他、疲労回復や風邪予防にも効果を発揮してくれますよ。(・∀・)イイネ!!

ピーマンの青臭さや苦み成分である「ピラジン」は血液をサラサラにし、動脈硬化防止・血圧を下げる効果も期待できます♪
ビタミンCは加熱に弱いのですが、ピーマンに含まれているビタミンPがビタミンCを、熱から守ってくれる為、炒めてもビタミンCが失われないんです!Σ(`Д´ )マヂデスカ!?
美味しく食べて、健康や美肌成分を沢山吸収しましょう♪

「枝豆」


栄養素:ビタミンB1・B2・C・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維

夏のビールのお供として、よく食べられている枝豆ですが野菜の中でも栄養価が高いのが特長です。( ゚∀゚)ノ

枝豆のたんぱく質の中に含まれる「メチオニン」はビタミンB1・Cと共にアルコールを分解し、肝臓の働きを助けてくれるんですよ♪
お酒のお供として枝豆を食べるのは、理にかなっているのですね!
悪酔いや二日酔い防止にも効果があるので、お酒のおつまみに最適です!( ̄ー ̄)bグッ!

また、利尿効果や血圧を下げる健康効果もあります。
枝豆には女性には嬉しい効果のある「イソブラホン」も含まれていますので、ホルモンバランスを整えたり美肌やアンチエイジング効果も期待できますよ♪ヾ(*´∀`*)ノ

まとめ

夏野菜の栄養・美容効果いかがでしたか?

暑さで食欲がなくなりがちになる夏ですが、美味しい調理方法で夏野菜を沢山食べて、厳しい夏を乗り切っていきたいですね!!( `・ω・´)ノ

この夏は太陽の光をいっぱい吸収した、栄養豊富な夏野菜を健康と美容に役立てていきましょう~♪(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ