妊娠中に泣く事で胎児への影響は?ネットカフェへ脱走した私の体験談

妊娠して嬉しいはずなのに、やたらとイライラしたり涙もろくなったり…

ホルモンバランスの乱れで情緒不安定になっているという理由もありますが、妊娠中は様々な不安や体調不良によるストレスなどがあり、気持ちが落ち着かなくなる事が多いものです。

ただ、あまりにもよく泣いてしまったり、怒ったりしていると赤ちゃんに悪影響!?と気になりますよね?

今回は、

妊娠中に泣くと赤ちゃんに何らかの影響があるのか?

と言う事などをまとめてみました。

スポンサーリンク
妊娠中に泣いてしまう…赤ちゃんに悪影響?

妊娠中は、ほんの些細なことでもボロボロと涙がでてしまったり、「なぜここで泣ける!?」というシーンで泣いたりする事はよくあります。

それは仕方のないことですし、赤ちゃんに特に悪影響はありません。

ただ、問題なのは「ストレスを感じて泣く事」です。

同じ「泣く」でも訳もなく涙もろくなるのと、辛くて悲しくて「泣く」のでは全然違います。

辛くて泣いている場合は、体はストレスを感じているという事です。

妊娠中のストレスは胎児へ影響が!

ストレスを感じると血管が収縮し、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、赤ちゃんへ送られる酸素の量が減りますし妊婦さん自身の体も冷えやすく、むくみやすい状態になってしまいます。

そして最悪の場合、切迫流産の危険性まで出てきてしまいます。

また、妊娠初期の場合でも過度なストレスはホルモンに悪影響がでますので、胎児の成長過程に悪い影響が出る可能性もあります。

ホルモンバランスのせいだけではない

妊娠中に情緒不安定になって、よく泣いたり怒ったりするのはホルモンバランスのせいだけではありません。

自分の体の中にもう一つ命を抱えているのですから、精神的に不安にもなりますし、思うように動かなくなる体にストレスを感じる事だってあります。

ですので、やたらと涙もろくなってもおかしな事ではないですよ!!

私は旦那と喧嘩をして泣く事は滅多にありませんでしたが、乳児を虐待して逮捕されたというニュースを見ただけで、自分でもビックリするくらい号泣していました。

他には

スポンサーリンク
・妊婦検診で指導をうけた
・体調が悪く、思うように行動が出来ない
・自分は動けないのに旦那は飲みに行った
・何となく腹立つ

などなど、妊娠中は怒ったり泣いたり忙しかったです。

私の精神的な不安定さにようやく気がついた旦那が、家事を手伝ってくれて、体調を気遣ってくれた時、

「ありがとう!あなたは家事も手伝ってくれるし優しいし、本当に私にとって最高の旦那だよ!!」

と確かに思っていたはずなのに、5秒後くらいに「何でこんなことが出来ないの!!ダメ夫かっ!!」と悪態をつくようなタチの悪さでした。

しかし先輩ママや妊娠中に仲良くなったママ友なんかに聞いてみると、結構みんなそんな感じでした。

辛くて泣いてしまう場合

辛い原因はなんですか?

私は妊娠中、旦那があまりにも頼りない事から産後の漠然とした不安や、旦那に対する怒りで1回だけ号泣して家出までしたことがあります。

しかも当時妊娠8ヶ月。

パンパンのお腹でネットカフェへ脱走。

結果的にはその行動で、旦那が改心してくれましたが、もうその時は「この子は私一人で産んで育てる!!」まで考えていたほど辛い精神状態でした。

私の場合は泣いてしまうほど辛い原因が旦那だったので、どうにか辛いと感じる根本を退治できましたが、どうにもならない悩みや、旦那の事で悩んでいるけど旦那に言えない…など自分で解決が出来ない人もいらっしゃると思います。

そんな時は、通院している病院で助産師に相談したり、専門の相談機関にメールや電話で相談をしてみましょう。

私の通院していた産婦人科は、何かしらの悩みがあって辛い!と感じる妊婦さんの為に、専属のカウンセラーの方がいました。
最近では、婦人科にカウンセラーがいる病院も珍しくないそうです。

また大体、市や県が行っているものが多いのですが、妊婦さんやママ専用の相談窓口もありますので、利用してみるのはいかがでしょうか?

また、胎教やストレス軽減に効果のある音楽なども使えるものはどんどん活用しましょう!

ストレスを感じて泣いてしまうのは、赤ちゃんにももちろん良くないのですが、ママの体がたなくなる可能性も考えられます。

自分を責めたりせず気楽に!

他人&旦那が何か言ってもだいたい腹立つ事の方が多いので聞き流しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ