庭でバーベキューなら煙対策を万全に!ご近所さんに迷惑かけない楽しみ方

バーベキューはみんなで美味しいものも食べられお喋りも弾む楽しい時間!

しかし自宅の庭とかで行う場合、注意をしなければならないこともあります。

それは「ご近所さんに迷惑をかけないようにすること」です。

そこで、今回は庭でバーベキューする際の「煙対策」をメインにお話していきます!

スポンサーリンク

自宅の庭でバーベキュー!意外と多いご近所さんからの苦情

ご近所さんから多い苦情…一体どのような内容なのでしょうか?

大体、以下のような内容が多いようです。

●煙の臭いが気になって、外に洗濯物や布団を干したいのに干せない。

●煙の風向きによっては、家の中にまで臭いが入ってくることもある。

●ずっと大騒ぎをしていて、その騒ぎ声がうるさくて困る。

●バーベキューをするなら一言声をかけて欲しい。

と、色々あります。

そして、そういった苦情は相手側に言えないまま我慢をしている人が大半です。

自宅の庭でのバーベキューは法律上では問題にはなりません。

法律的に問題はなくとも、他人への迷惑のことも考えずに好きにすることはマナー違反となってしまいますよね。

スポンサーリンク

自宅でバーベキューを行うにあたって、どこからどこまでが迷惑な苦情を言われてしまうかどうかという範囲の基準はないため、ある程度の相手への価値観を理解する必要性があります。

そこで事前に挨拶をしておくことでそのときの相手の反応や価値観が分かってくるので、当日に余計な気遣いをする必要も軽減できます。

そして当日に具体的な対策をして行えば、苦情を受ける確率もなくなり楽しくバーベキューを行うことができます。

迷惑をかけずにバーベキューを楽しもう!煙対策方法やグッズのご案内

「煙」で一番注意なのが「お肉の脂分が炭に落ちたときの煙」

この煙を抑えることができれば一緒に臭いも抑えることができます。

原因となる「脂」を極力軽減する対策として、

●赤身肉などの脂身の少ないお肉を選ぶ

●シーフードを中心にする

があります。

「炭での火起し」の際に出る煙や臭いも、場合によってはもくもくと煙が出てしまいます。

新聞紙を使ったり炭にバーナーで直接火をかけるよりも、一番おすすめしたいのが「着火剤」を使って火を起こす方法です。

そして着火剤でも「液状」(ジェル状)と「固形」のものと2種類あります。

その2つのうちの「固形」のものをおすすめします。

液状のものは使う加減が分かりにくく、途中の追加ができません。

しかし、固形のものでも灯油を含ませているものがあり、煙と臭いが強くなります。

煙が少なく、煙の出ている時間も10分位のものを選ぶことがポイントとなります。

「煙対策」のためのグッズのご紹介!

ロゴス 防水ファイアーライター(21pcs:約400g)

煙も臭いもほとんどありません。

それだけではなく火のもちが良く火力も強いです!

キャプテンスタッグ アルスター 火消しつぼ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)M-7567 アルスター 火消しつ…
価格:2690円(税込、送料別) (2018/3/24時点)

バーベキューの後の炭の残りを水を使わずに消し、火消しつぼで残った炭を持ち帰って、次のバーベキューに使用できるものです。

一度火をつけて使った炭は、次に使うときの着火がすごく早くなるので着火剤としてスムーズに火起こしができます。

無煙炭火バーベキューグリル ロータスグリル

炭火バーベキューの概念を覆すグリル!

着火と煙を気にしなくて済むので、行う場所も選びません。

バーベキューでの悩みとなる「煙」と「着火」、この2つの障害を解消した炭火卓上コンロです。

内部にあるファンによって、木炭への着火スピードが飛躍的に早まったため、今までの炭火バーベキューとはまったく違う新しい体験となります!

脂が炭に落ちる心配はないので煙も出にくいです。

外の容器が熱くならないためテーブルに直接置けます。

スポンサーリンク

まとめ

自宅の庭でのバーベキューを楽しむための対策やグッズをいくつかご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

どうしても「煙」「臭い」に関してはご近所さんの苦情等を受けてしまう場合もあります。

そして、自分たちも気になるものですよね… 

私としては、両方解決できる「ロータスグリル」をおすすめしたいところ。

ですが、自宅に道具があるという場合は「食材」と「火起こし」に気をつけて、きちんとした対策と周り近所への配慮も忘れずに行って気持ちよく楽しんでくださいね!

暖かくなってきたらやりたくなるバーベキュー♪ みんなで買い出しに行ったり、準備をしたり。 外で食べるごはんは何を食べてもおい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ