エアコンの電気代対策!賢く安く快適に過ごすためのエアコンの使い方

エアコンの電気代、少しでも安くしたいのが誰しも思うこと。

エアコンは家庭の電化製品のなかで一番電力を消費しているらしいですから、

エアコンの電気代を節約 = 全体の電気代の節約

になりますね。

使い方次第で電気代が安くなるのなら、知っていた方が良いに決まっています!

ぜひこれを読んで、節電しながら快適な室温を手に入れましょう♪

スポンサーリンク

エアコンはつけっぱなしの方が安く済むって聞いたけどホントなの?

エアコンのつけっぱなしは本当に節電になるのでしょうか?

適温になったら消して、暑くなったら(寒くなったら)つけて…の方が使っていない時間ができるので、電気代の節約になりそうなイメージがありますよね。

実は、エアコンの電気代が1番かかるのは「室温をエアコンの設定温度まで上げたり下げたりするまで」です。

そのあとの室温維持にはあまり電力を使いません。

ですので良かれと思って、こまめにスイッチのON/OFFをくりかえしていると、たくさん電力を使う時間も増えることになるのです。

特に外気温と室内温度の差が大きくなる時期は、設定温度までの差も大きくなるので電気代がかかることになります。

真夏や真冬に電気代が跳ね上がるのはこうしたことが一因になっているんですね(゜o゜)

適切だと言われている設定温度は「夏は28℃」「冬は20℃。」

エアコンの設定温度を1℃変更するだけで、10%以上もの消費電力の違いがでてくるそうです。

まずは室温を「自動運転」で一気に適切な設定温度まで近づけることです。

最初から弱運転にしてしまうと、設定温度になるまで時間がかかって余計な電力を消費してしまいますよ。

しかし、一方でエアコンのつけっぱなしがデメリットになることも!

いつでも部屋が適温で快適ですが、空気が乾燥して喉や肌によくないことになります(^_^;)

暖房時はもちろんのこと、湿度が高い夏でもエアコン使用時は乾燥することがありますよね。

エアコンが空気中の水分も一緒に取りこんでしまいますから。

乾燥はお肌の大敵ですし、風邪の原因にもなりかねません。

「濡れたタオルを干したり加湿器を使用して加湿する」、「換気をする」などの対策が必要です。

夏に乾燥を感じるほどであれば、「カーテンに霧吹きで水を吹きかける」のがいいでしょう。

フローリングを水拭きするのもおすすめです。

適度な保湿になりますし、床がきれいになって一石二鳥。

また、つけっぱなしにするということは、当然フィルターも汚れるのが早くなります。

フィルターの汚れは余計な電力を使う原因となりますので、定期的にお掃除もするようにしましょう(^o^)

スポンサーリンク

更に安く済ませるためのエアコンの使い方をご紹介

サーキュレーターや扇風機を使う

一般的に「冷気は下」に「暖気は上に」たまるもの。

サーキュレーターや扇風機で部屋の空気を循環させ、全体の温度を一定に保つようにしてみましょう。

夏なら、下の冷気を上に行かせるように上向きに回してくださいね。

エアコンの無駄な運転がなくなり電気代の節約になりますし、どこの場所でも快適に過ごせるはずです。

冷房と暖房でルーバー調節

サーキュレーターや扇風機が用意できない場合は、ルーバーで調節します。

「冷房時は平行か上向き」

「暖房時は下向き」

にして、風向きを変えるようにしましょう。

室外機に日よけをつける

夏は室外機に日よけをつけることをおすすめします。

というのも、室内からの暖かい空気を外にだすとき、室外機のまわりの温度が高いと効率が悪くなり余計な電力を使うことになるからです。

日よけで直射日光から守ってあげましょう。

このとき排気口はふさがないように注意してくださいね。

室外機のまわりもチェック!

物を置いたりせず、風通しをよくしておくことが大事です。

排出された空気が逆流して、無駄な運転をすることを防ぎます。

ほんのちょっとの工夫と気遣いで電気代は節約できます。

1日ではあまり変わらないように思えても、1カ月、1年となれば大きく違いがうまれるのです。

これであなたも今日からエアコン節約マイスターに!\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ