保温タイプの弁当箱は食中毒に注意!気をつけるポイントをご紹介!

最近人気の温かい状態をキープ出来る保温タイプのお弁当箱。

冬場などの寒い時期にはとても重宝しますが、

「夏場でもなるべく温かいお弁当が食べたい!」

という方も多い筈。

そこで!

保温式のお弁当箱の種類&梅雨時期や夏場での使用時の注意

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

保温タイプのお弁当箱は梅雨時期や夏場でも使える?気を付けるべきポイントとは?

冬場は温かい方が良いと保温製のお弁当箱を買ったものの、梅雨時期や夏場も使えないのかな?と思いますよね。

実は少し気をつけるだけで使うことができます!

細菌がもっとも繁殖する温度は「30℃~40℃」で、75℃以上でほとんどの細菌を死滅できます。

ぬるいスープや味噌汁、冷めかけたご飯は危険

汁物はしっかり沸騰させ、ご飯は炊き立てを入れてすぐにフタを閉めることで、冷めにくく細菌の繁殖も防げます。

また、ご飯の容器や汁物の容器そのものを温めるます。

ご飯

ご飯の容器はほとんどが電子レンジ対応です。冷めたご飯などは電子レンジでしっかり温めましょう。

※電子レンジ使用時はフタはしないで下さい。
汁物

容器そのものによりますが、おすすめとしては容器に熱湯を入れて軽くフタをのせます。

しばらくすると容器が温まるので、熱湯を捨てスープや味噌汁を入れてすぐにフタをします。

おかず

おかずに関しては保温タイプの容器はほとんどありません。

しっかりと加熱をしてから、フタや容器に水滴が付かない位まで冷ましてから詰めるようにすることがベストな状態です。

細菌は10℃以下で殺菌は難しいですが繁殖の抑制はできます!

保存場所にも注意

車の中のような高温になるような場所は避けて、できるだけ6時間以内には食事をすませるようにしましょう!

保温タイプのお弁当箱とは?色んな種類がある保温式のお弁当箱

ステンレス保温ランチ

スタイリッシュ&スリムおしゃれで使いやすい!

たっぷりの容量だけどコンパクトな保温ケースの中に、使い勝手の良い容器が2つ、下は保温式のご飯(300ml)、上はおかず入れ(300ml)で汁漏れがしにくいシリコンのフタになっています。

ステンレス真空断熱構造のため温かさをキープできます。

カフェ丼

保温効果を高めるための真空断熱 ステンレス製保温容器で温かさを長持ちさせてくれます。

ご飯(310ml)の容器とおかずの容器(310ml)のセットです。

電子レンジの使用が可能で、フタを外せば温めることが出来、ほっかほっかのご飯が完成できます!

カフェ丼専用の機能的な保温バッグ(別売り)は、保温の効果をさらに上げてくれます。

サーモス 真空断熱フードコンテナー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 270ml 真空断熱スープジャー JBI-273
価格:2408円(税込、送料無料) (2018/3/24時点)

ステンレス製の魔法瓶構造で、「冷たいもの」から「熱いもの」まで色々と持ち運びができるフードコンテナーです。

例えば熱々のカレーやシチュー、冷たいデザートまで色々と使用可能!

容量も0.5Lと、ボリュームたっぷり、ビッグサイズです。

まとめ

私の家でも梅雨時期はご飯と味噌汁に保温容器を使うことがあります。

腐敗&細菌にやられないように、ご飯の容器、汁物の容器も熱湯を入れてしっかりと容器を温めてから沸騰した味噌汁、炊きたて熱々のご飯を入れてフタも閉めるという流れと、おかずはしっかり加熱&しっかり冷ますという作り方をしています。(^o^)

ポイントは細菌が繁殖する温度まで冷めないように気をつけること、逆におかずはしっかりと加熱してしっかりと冷ましてから入れることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ