食中毒を効果的に予防する対策グッズの数々!これでもう安心♪

だんだんと暖かくなってきたこの頃… 
食中毒が流行ってくるときが近づいていますね。

しかし、もう食中毒で恐れることはありません。
なぜなら、現在では、食中毒に効果的な対策グッズなどが販売されているからです!

どんなものがあるのか、その効果はどうなのかをこれから紹介していきますね。

スポンサーリンク

どんなものがある?食中毒を予防する対策グッズや商品をご紹介

実は、テーブルなど水拭きだけだと付着している菌は取り除かれていません。
逆に菌が残っているまま、どんどん増殖していく一方なのです。
その原因は、拭いている台ふきんが雑菌まみれだからなんです。

水洗いをしたふきんは一夜そのままにしているだけで、菌は増え続けて
います。
なので、翌朝は、菌がたくさんのふきんで拭いていることに
なっているのです。
そこで、おすすめのキッチングッズがこれです!

「カビキラー アルコール除菌」(キッチン用)

・高濃度のアルコールで99.99%除菌
・成分が100%食品添加物(原料)なので、食器にかけても安心
・洗い流し、二度拭き不要。 詰め替え用もあり

※まな板、包丁などの調理器具には、水分を落とし、濡れる程度にスプレーをして、洗い流さずにそのまま乾かします。
テーブルなどを拭くときは、水洗いあとの乾いた台ふきんの、表と裏にスプレーし、その状態で拭きます。シンクや調理台、冷蔵庫の外側中にも、その他のキッチン家電も同様に使用できます。
大幸薬品 「クレベリンG」(室内空間用)

特許製品 濃度長期保持型 二酸化塩素分子の力!
6畳の閉鎖空間で、空気を循環させた場所に使用して調べた
結果、浮遊ウイルスが3時間で99%、浮遊菌は2時間で99%
除去できることが確認されている商品です。

キッチンやトイレ、脱衣所に使用することがおすすめです。
流し台に置くことで、ノロウイルスを不活化できる可能性がある
結果も得られています。
ただし、塩素系の臭いが苦手な人には向かないです…

お弁当の食中毒グッズ 商品をお探しならこれがおすすめ!

ワサオーロ

ワサオーロとは、香辛料の1つであるわさびのアリルカラシ油という
成分に強い抗菌力があることが科学的に立証されていて
食品等の日持ちをさせることが可能な抗菌剤です。
昔からわさびには、食品に発生するカビを防ぐ作用、細菌増殖の
抑制などの抗菌力があると言われています。

そしてワサオーロには、食中毒菌、腐敗細菌などに制菌効果を
発揮することができるため、食品の日持ちだけでなく、鮮度の保持や
食中毒の回避に役立つのです。

「RNシート」を作ったお弁当の上に置くだけで、抗菌効果を発揮!
お弁当だけでなく、調理後の食品などにも効果があります。

定番!

「保冷剤」

保冷剤も現在では、可愛いのから、キャラクター、など色々な種類
が販売されていますよね!
キャラクターものの保冷剤画像一覧(Google)
この保冷剤ですが、おすすめの使い方があるのです。

お弁当箱の上に置いて、さらに下にも敷いて、サンドした
状態で保冷バッグに入れます。上と下からの両方からで
保冷力はアップします。

「保冷剤一体型お弁当箱」

これはまた、びっくりな商品ですよね!お弁当箱のフタのところに
保冷剤が入っていて、冷凍庫でフタを一晩入れておきます。
翌朝、お弁当を作ったらフタを閉めるだけで、おかずをひんやりと
守ってくれる優れものです。

「繰り返し使える彩り野菜カップセット」

この商品は、冷凍ができちゃう小分けシリコンカップなのです。
おかず同士のくっつき防止もありますが、おかずをそれぞれの
シリコンカップに入れて、冷凍することもできてしまうので
凍らせていれることで、保冷剤代わりにもなります。

まとめ


食中毒に効果的なグッズをいくつか紹介してきましたが
いかがだったでしょうか?知っている商品もあったと思いますが
少しでも参考にしていただき悩みの解消となれば幸いです。
家族みんなが健康で元気に暑い時期を乗り越えましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ