なぜ?パン好きで痩せてる人。パンの方が痩せる?その理由と食べ方!

一般的に

「パンは太りやすい」

「パンはダイエットには不向き」

と言われています。

たしかに私も「パン=たくさん食べたら太る」というイメージがあります。

しかし!!

パンが好きで毎日たくさん食べているのに太らない人っていますよね?あれは体質!?

パンが太ると言われている理由や、パン好きでも痩せている理由などをまとめてみました。

スポンサーリンク

パン好きで痩せてる人は食べ方が違う!?

先ずは、「パンが太りやすい」と言われている理由を挙げていきましょう。

●脂質

ざっくり調べてみた所

ご飯(茶碗一杯)の脂質…0.4g
パン(食パン1枚)の脂質…2.0g

さらに!!食パンを何も付けずに食べる人は少ないですよね?

ほとんどの人が食パンにはジャムやマーガリンなど何かしら塗っていると思います。

そうなると、パンの脂質2、0gにプラス5g以上の脂質が加わりますし、その分カロリーが高くなります。

●食べやすい

時間のない気に手軽に食べられて、それがパンのいいところでもあるのですが…

すぐに食べられる=噛む回数が少ない=唾液が出ない

という事になります。

噛む回数が少ないと、唾液が出ません。

すると満腹中枢が「お腹いっぱいだよ~」と脳に指令を送るまでの時間がかかります。

ですので、どんどん食べてしまい結果食べ過ぎてしまいます。

更にパンは消化、吸収が良く=すぐに消化、吸収されてしまうとすぐにお腹が空きます。

お腹がすくと次のパンに手が伸びる、もしくは間食が増えてしまいます。

パン好きな人が痩せてる理由とは?

パン好きで痩せている人を観察してみると

●何も塗らないで食べる
●バランスがいい(パン以外の食べ物も食べる)
●バケット系が多い

こんな共通点があります。

まず、バランスが良い。

パンが主食で、サラダ、スープ、フルーツやヨーグルトなどを一緒に食べていたり、バケット系の硬いパンを食べている人が多かったです。

固いパンは満腹中枢も刺激され、すぐにお腹いっぱいになれますし、あごも鍛えられるのでいいですね。

二重あごの予防にもなりますよ!

スポンサーリンク

パンを主食にしても太らない方法

パンを主食にしても太らないようにするには

●玄米パンを食べる

ビタミン、ミネラル類が摂れて代謝もあがります。

●バランスよく食べる

パン以外の食べ物をバランスよく食べる

●野菜スープを一緒に食べる

パンだけだと、体の中から温まることがないので温かい野菜スープも一緒にとりましょう。
一度にたくさんの野菜もとれて、体も温まるのでオススメです。

私は、パンが主食の時は野菜スープを必ずつくります。

野菜スープの野菜は適当に家にあるものを皮ごと(皮にたくさん栄養があるので)煮込み、刻んだ生姜と鳥の手羽先を一緒に煮込みます。

圧力鍋で煮込めばすぐにできますし、コラーゲンも摂れて美容にもいいですし、生姜が入っているので体が温まり代謝アップにもなりオススメですよ!

パンだけをたべたらどうなるの?

もちろん、体質によるので個人差はあると思うのですが、昔パンだけを偏って食べていたことがあります。

まだ独身でしたし、ひとり暮らしだったので料理を作るのが面倒で毎日パンだけ食べていました。

ちなみにパンの種類は菓子パンだったりバケットだったりバラバラですが…

その時の私の体重は、誰が見てもガリガリと言われるような体重でした。

しかし!

ガリガリなのに便秘でお腹っポッコリ、さらにひどい肌荒れに悩まされ仕方なく自炊をするようにして食生活を見直すと改善されました。

やっぱりバランスのいい食生活は大切ですね。

まとめ

パンをたくさん食べても太りたくない人は、痩せているパン好きの人の食べ方をマネしましょう!!

菓子パンは食べない、たべても1個。

バケットなどの固いパンを食べて顎を鍛えながら満腹中枢も刺激する。

野菜スープやフルーツなど、パン以外にも野菜、肉、魚もバランスよく食べる。

極端な食べ方(1日にパンのみなど)をすると、時間差で自分の体にダメージが帰ってきます!

「パンだけ」にならないようにバランスのいい食生活を心がけてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ