ひな祭りの由来がスーパー簡単にわかる!意味や桃の節句の違いは?

3月3日といえば「こち亀の両さん」の誕生日ですよね!

えっ…知らなかった? (´・ω・)スマソ

ならこの話は辞めて「ひな祭り」について話すことにしますね。

…ん?

ひな祭りて…

何なん?( ゚д゚)what

なぜ女の子の日?

なんで雛人形を飾るの?(雛人形って…そもそもアイツら一体誰なんだよ)

なんで3月3日なの?

桃の節句?

なぜ桃?

節句ってなによ?

って、こっちが訊きたくなる程わかんない事だらけので調べてみました(*´ω`*)

こういう行事って、意味も分からずただ周りに合わせて見よう見まねでやってることって多いと思くないですか?

私もその一人で間違いないですけどね。

でも、どうせやるなら(やらなくても)多少なりともその行事について知識があれば、興味が湧いて今までよりきっと行事を楽しめると思いますよーヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

スポンサーリンク
  

ひな祭りの由来を分かり易く!意味や目的がわかる!

※ひな祭りの由来や起源ですが、あくまで云い伝えであって本当はどうなのかは分からないそうですのでご承知ください

昔から中国で行われていた上巳の節句(「じょうし」または「じょうみ」)の行事が日本に伝わったときに変化したものといわれています。

なんで3月3日?

上巳とは3月の巳の日のことですが、年により日にちの変動がある為に、ある年から3日に定められ3月3日となりました。

節句って?

節句の「節」とは季節の変わり目という意味。

節句は季節の節目に無病息災、豊作、子孫繁栄などを願ってお供え物をしたり邪気を祓う行事のことです。

雛人形の起源は?

その上巳の節句の時に中国では川などの水で心身の穢れ(けがれ)を洗い流し、身を清めて邪気を祓う習慣があり、それが平安時代の日本に伝わりました。

日本では紙や藁、草などで人形をつくり(簡易で質素なもの)その人形に自身の厄災などを身代わりになってもらい、無病息災を願って川に流すという風に変化します。(で、この時までは女の子だけではなく老若男女関係のない行事でした)

そしてその頃の女の子の間では、 紙の人形で着せ替えやママゴトをする「雛あそび」(ひな祭りの雛(ひいな)ともいいますが「ちいさくて可愛いもの」という意味です)が流行っており、上巳の節句とひいな遊びが結びついて人の厄を身代わりにする今の雛人形の原型である男女一対の紙人形ができました。

スポンサーリンク

最初は川などに流されていた人形も次第に簡易なものだったのが丁寧に作られていく上で遊ぶものから飾るものへ。

武家子女など身分の高いところから「より立派なものを」と見栄えを良くしようと、男女一対一段だったものが二段三段、人形の数も二体からどんどんと増え、着せている衣装やひな壇、小物なども豪華になっていき嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなりました。

超カンタンどころか若干ややこいですね…(´∀`;)

なので要約すると…

元々は季節の節目で厄払いしたいという目的。

川で身を清める。

紙などの簡易な人形を自身の厄と共に川に流す。

女の子のママゴト「雛遊び」と結びつき、男女一対に。「川に流す」から「飾るもの」に。

武家から雛人形が立派なものになるにつれ人形や家財道具などが増えていった。

といった具合に変化していきました

桃の節句とも言うけど違いはあるの?

ひな祭りといえば「桃の節句」ともいいますね。

あれ…「上巳の節句」はどこいった?

実は桃の節句とは上巳の節句の呼び名が変わっただけで同じです。

桃の開花時期は今では4月頃ですが(地域によって異なります)旧暦ではちょうど上巳の節句頃に開花していました。

桃には邪気を祓う力、魔除けの力があるといわれている事から中国ではももの花を見ながらお酒に桃の花びらを浮かべたり、桃の葉を浮かべたお風呂に入っていたりしていたそうです。

童話の「桃太郎」ご存知ですよね。

えっ、知らない?

そんなわけないよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

「桃が邪気=鬼を祓うという意味合いで桃から生まれた」という事になっているとも言われています

テキトーに桃から産ましとこーって理由ではなさそうです・

ちなみに節句は五つあり、「五節句」といいます

1月7日 人日 じんじつ(七草がゆ)ななくさがゆ

3月3日 上巳 じょうし(桃の節句)ももの節句

5月5日 端午 たんご(菖蒲の節句)しょうぶの節句

7月7日 七夕 たなばた(星祭)ほしまつり

9月9日 重陽 ちょうよう(菊の節句)きくの節句

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ