雨で革靴が…梅雨時期でも足元を快適に過ごせる方法やグッズをご紹介!

雨の日が多い梅雨の時期、サラリーマンの皆様は通勤するのも一苦労ですよね~。

雨に濡れない様に気を付けて傘を差しても、やっぱりスーツは濡れてしまいますし革靴の中にも水が染みてきて、靴下までぐっしょりなんて事も!

朝から土砂降りの日は会社に着く頃には全身ずぶ濡れ!

と言う時もあるでしょう。

濡れてしまった革靴もなかなか乾いてくれませんし、仕事前からテンションも下がってしまいますよね。Q(゚д゚ )↓sage↓

スポンサーリンク

特に梅雨の時期は何日も続いてしまいますので、

「少しでも足元が濡れずに通勤する方法はないかな~」

と思っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、

●雨の日の通勤時に足元が濡れない様にするにはどうすればいいか?

●おすすめの対処方法やお役立ち雨具グッズ

をご紹介いたしますよ~!

梅雨時期でも足元を快適に過ごせる方法とは?

雨の日の通勤で一番困るのが「靴が濡れてしまう事」ですよね~。

仕事でどうしても革靴じゃないとダメ!という場合もあると思います。

そこで出来るだけ足元を雨で濡らさない方法をご紹介しますね!

傘の持ち方

雨の日は傘を差しますが、この傘を差す角度が、結構重要なんです!

傘は真っ直ぐに持って差す人が多いと思いますが、梅雨の時期の雨の様にシトシトと降る雨は、落ちてくるスピードが意外と遅く、歩いて移動していると雨は斜め前から降ってきます。

なので、雨に濡れないようにするコツは傘を少し斜め前に傾けて持つと良いのですよ。

そして風の強い時には風の向きに合わせて傘の角度も変えていきましょう~。

傘を持つ位置は、出来るだけ頭の近くの低い位置で持つと濡れにくくなります♪

しかし前が見えにくくなるほど低く持つと前方が確認できず危険ですので気を付けて下さいね!

スポンサーリンク
歩き方

歩き方でも随分と違ってきますよ~。

水溜まりを避けて慎重になるあまり、つま先で歩いていませんか?

つま先で歩くと水の跳ね返りが多くなり、ズボンの裾や靴が濡れやすくなってしまうのです。

歩く時は、かかとから先に着地するように歩くと水はねを少なくする事が出来ます。

また、歩幅を若干狭くする事で跳ね返りが少なく済みますよ!

ちょっと意識して歩いてみて下さいね♪

しかし、どれだけ傘の差し方や歩き方に注意していても歩く距離が長い時や、雨の量が多いと防ぎ様がありませんよね~。

そこで次に、雨の日でもコレで安心できる便利な雨具グッズをご紹介いたしますね♪

雨が続いても大丈夫!足元用の便利な雨具グッズのご紹介!

雨から足元を守る便利グッズは色々ありますが、通勤距離が短い人や低予算で済ませたい人は「シューズカバー」がおすすめ♪

シューズカバー

シューズカバーは100円ショップでも手に入りますし、コンパクトに折り畳んでカバンに仕舞っておけるので急な雨の時にも重宝しますね。

靴の上から簡単に装着でき、脱着の煩わしさがありません。

替えのスニーカーを持ち歩くより、荷物にならなくて良いですね!

それに価格もお手頃です♪( *´艸`)

使い捨てタイプのものから、繰り返し使用できるものまで色々とありますよ。

足首付近までカバーするものや、ひざ下辺りまでカバー出来る長いものもあるので、雨の強さや通勤時間に合わせて使い分ける事が出来ます。

ただ、ちょっと見た目がよろしくないのが難点かな?

でも通勤用と割り切って使うなら問題ないと思います♪

防水スプレー

革靴を雨から守る定番グッズといえば、やっぱり「防水スプレー」。

靴だけでなく鞄や洋服にも使える必須アイテムです!

靴に「シューッ」と一吹きしておくだけで、雨の日の靴の水弾きが全然違います。

それに防水スプレーをかけておくと、汚れが付きにくく、付いてしまった汚れも楽に落とせますよ!

防水スプレーには「フッ素系」「シリコン系」の2種類があります。

フッ素系の防水スプレー

繊維を細かくコーティングし撥水してくれます。一般的な防水スプレーはこちらのタイプですね。

革靴等の革製品にも使用できます。

適度に通気性があって素材の風合いを活かす事ができ、撥水と汚れを寄せ付けない効果がありますよ。

シリコン系の防水スプレー

繊維に膜を張ってバリアを作るという感じで強力な撥水効果がありますが、その分、通気性もなくなるので蒸れやすくなります。

その点が問題にならない、レインコートやレインブーツ、傘等に適しています。

防水スプレーの定番と言えばコチラ!

コロンブス アメダス防水スプレー

革・スウェード、キャンバス地・布地、合皮等、様々な素材に使える万能の防水スプレーです。

靴屋さんに置いてあるのをよく見かけますよね!

ちなみに私も愛用していますよ~。

Collonil(コロニル)防水スプレー ウォーターストップ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロニル ウォーターストップスプレー 400ml 防水スプレー 靴
価格:2376円(税込、送料別) (2018/3/22時点)

世界に定評のある、ドイツのレザーアイテムケアのトップブランド。

皮革に優しい、人体に優しい、環境に優しいがコンセプト。

革素材を傷めずに高い防水効果を与える事が出来ます。

靴に防水スプレーを使用する前はきちんと汚れを落としましょう。

汚れた状態だと一緒に汚れもコーティングしてしまい、汚れも落ちなくなってしまいますよ。

新しい靴を購入したら、汚れていないキレイな状態のうちに防水スプレーをしておく事をおすすめします!

スプレーの頻度は靴の使用状況にもよりますが、基本は週に一回、雨で使用後はしっかり靴が乾いてから、毎回スプレーする事で防水効果が維持されます。

防水性の靴

「いっその事、水が染みてこない革靴ない?」

それならゴアテックス素材を使った革靴がおすすめですよ♪

ゴアテックスには水滴よりも微細な気泡があり、水分は通しませんが水蒸気は通すと言う特殊素材で防水性と透湿性にとても優れています。

ゴアテックスを靴の内部に使用する事で、雨の日でも靴の内部まで水が染みてくる事がなくしかも靴の中が蒸れない!

何ともビジネスマンの雨の日のお悩みを吹き飛ばしてくれそうな靴なんですよ~。

ゴアテックスの革靴なら「リーガル」が人気です!

日本製で、日本人の足の形状によく合い品質も安心♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

靴 GORE-TEX ゴアテックスリーガル GORETEX REGAL ストレー…
価格:21000円(税込、送料無料) (2018/3/22時点)

デザインもビジネス用のレインシューズにありがちな安っぽい感じではなく、さすがに日本が誇るリーガルだけあって見た目も質も良いです♪

長く履き続けられそうな上品なデザインも人気の秘密ですね。

他のレイングッズと比べると値段は張りますが、雨の日のビジネスシーンで活躍する事間違いなしなので一足は持っておきたいところです。

皮革には撥水加工が施されていますが、お手入れは普通の革靴と一緒。

お手入れを怠るとゴアテックスの効果も期待できませんのでしっかりとケアしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

雨で足元が濡れない様にする対策や雨具グッズのご紹介、参考にして頂けましたでしょうか?

梅雨の時期は気分も暗くなりがちですが、雨対策や雨具グッズを上手に利用し、雨の日の通勤ストレスを軽減して明るく快適に過ごしていきましょう~♪

ジメジメした梅雨の季節。 しとしと雨が降り続き、外出時は雨に濡れないように準備するのも大変ですよね~。 なん...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ