洗濯洗剤の粉と液体のコスパ&洗浄力を徹底比較!知らなきゃ絶対損!

衣類が清潔に洗い上がり、綺麗で良い香りに仕上がると気分もスッキリ!

爽やかな気持ちになれますよね~♪

日々当たり前の様にしているお洗濯ですが、ちょっとした疑問や悩みなんかも出てくるものです。

「何だか思ったより綺麗にならないのよね~」

「いつも同じ洗剤を使っているけどこれでいいのかな?」

そんな時は今使っている洗濯洗剤を見直してみませんか?

代表的な洗濯洗剤には

●粉洗剤

●液体洗剤

の2種類がありますが、同じメーカーのものであってもそれぞれ違いや特徴があります。

スポンサーリンク

衣類に合った洗剤を選ぶ事で毎日のお洗濯が楽になり、ストレスフリーで家事もはかどるかもしれませんよ♪

それでは、

●「粉末タイプ」と「液体タイプ」の違い

●お勧め・人気の洗濯洗剤

をご紹介いたします♪

洗濯洗剤の液体と粉末の比較。一体何がどう違うの?

お店の洗濯洗剤売り場では、主に「粉末」と「液体」の2種類の洗濯洗剤が並んでいますよね。

最近は液体タイプの洗剤が主流の様ですが、私が学生の頃は洗濯洗剤と言えば「粉末」しかありませんでした。

2000年以降にどんどんメジャーになっていた感じですね。

液体タイプの洗剤の特徴として

・コンパクトで収納しやすいものが多い
・詰め替えが出来る
・すすぎが一回で済む

というものが多いです。

節水や時短が出来ると言う点でも人気ですね。

それに粉末タイプの様に「洗剤の溶け残りや洗剤カスが出る」という心配がありません。

「せっかく綺麗に洗濯したのに洗剤の粉が服に残っている!」

なんて失敗もないですからね~。

液体洗剤には界面活性剤が多く含まれていて、「油汚れ」や「皮脂汚れ」をよく落としてくれます。

では、

「やっぱり液体タイプの方が良いのね!」

と思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

粉末タイプの洗剤は「弱アルカリ性」の成分で出来ています。

汚れの多くは酸性なので、アルカリ性の洗剤の方が中和作用で汚れが落ちやすく洗浄力がとても高いんですよ!

汗をかく機会が多い仕事やスポーツをしている場合に適していますね。

泥汚れのユニホームや作業着も綺麗に洗い上げてくれるんです♪

一方、液体タイプは主に「中性」もしくは「弱アルカリ性」なので粉末タイプより洗浄力は少々劣ります。

頑固汚れは粉末タイプの洗剤の方に軍配が上がるのです。

しかし粉末タイプはその洗浄力ゆえ、色落ちが心配な色柄物やデリケートな衣料にも高い洗浄力を発揮してしまいます。

大切な衣料には液体タイプの洗剤を使う方が無難ですね!

結局のところどちらを選ぶかではなく、「粉末タイプ」と「液体タイプ」を上手く使い分ける事が洗濯上手と言えます。

コスト的にはどっちが安い?

コスト面では「粉末」「液体」ともにそれ程大きく変わりませんが、全般的に粉末の方が価格は安いですね。

セール等でも安くなる機会が多いので、やはり粉末タイプはお得感があります♪

その分、液体タイプの方はすすぎが1回で済むものが多く、節水・時短に繋がるのでコスパは悪くありません。

しかし毎回すすぎ1回で終わらせると、洗剤が残ってしまってすすぎきれなかったり、洗濯槽の汚れの原因になったりもするので少々悩むところです。

一番良いのはお買い得な時に「粉末タイプ」と「液体タイプ」を買って常備しておき、

●汚れが酷いものは粉末タイプ

●普通の洗濯物は液体タイプ

と、使い分けていく事ですね!

おすすめの洗濯洗剤はコレだ!シチュエーション別人気ランキングをご紹介

さて、洗濯洗剤の「粉末タイプ」と「液体タイプ」の特徴が分かったところで、人気の洗濯洗剤をご紹介していきましょう!

まずは液体洗剤から♪(`・ω・´)

1位 花王:アタックNeo抗菌EX Wパワー

シトラスグリーンの微香タイプ。

弱酸性で長時間消臭効果を保つ働きをしてくれます。

生乾き臭や汗の臭い等の原因になる菌の抑制、洗濯槽のカビ臭も防いでくれる優れもの。

ため込んでしまった洗濯物の臭いも消臭してくれます。

漂白剤が配合されているので、食べこぼしのシミや汗じみもスッキリ落としてくれますよ。

漂白剤効果はありますが、色柄物にも使えますので安心。

洗濯物や洗濯槽の臭いが気になり、日々のお洗濯で時短・節約を意識している人にお勧めです!

スポンサーリンク
2位 P&G:アリエールイオンパワージェルサイエンスプラス

弱アルカリ性で優れた洗浄力を発揮します。

洗濯後も衣類をこすると「消臭マイクロカプセル」がはじけ、長時間消臭効果を維持します。

衣類についた臭いが気になる人に最適。

頑固な皮脂汚れや食べこぼし、泥汚れ等を強力洗浄し、脂臭菌・生乾菌をしっかりと抑えてくれます。

洗濯槽のカビも防いでくれますよ♪

3位 ライオン:SURER NANOX

液性は中性でクリスタルソープの香り。

洗濯中の再汚染を防ぎ、ナノレベルで汚れを分解。

衣類の繊維1本1本から徹底クレンジングします!

襟や袖口の皮脂汚れ、衣類の黄ばみや黒ずみだけでなく、抗菌・消臭効果もあり臭いも落としてくれますよ。

コンパクトな濃縮液体洗剤で置く場所も取りません。

次は粉末洗剤!

1位 花王:アタック高活性バイオEX

弱アルカリ性、フローラルソープの香り。

バイオ酵素配合で繊維の奥から汚れを落とし、頑固な汚れや臭いもしっかりと除去。

粉末洗剤ですが水に溶けやすく、ドラム式洗濯機にも適していますよ。

抜群の洗浄力で酷い汚れにお勧め!

2位 ライオン:トッププラチナクリア

弱アルカリ性、フルーティフローラルの香り。

まとめ洗いでも白く洗い上げる強力な洗浄力。

プラチナクリア洗浄で、一度落とした汚れが再び衣類にうつるのを防ぎます。

新アクティブクリア処方で汗による黄ばみを防止。

たんぱく質を分解する新酵素を配合しているので、頑固な襟袖汚れをすっきり白くしてくれますよ!

3位 P&G:アリエールサイエンスプラス7

弱アルカリ性、清潔感のある香り。

W漂白剤配合で超頑固汚れに最適。

落としにくい皮脂汚れや泥汚れ・黄ばみ、食べ物のシミも優れた洗浄力で白く洗い上げます。

24時間抗菌防臭効果で生乾き臭も抑えてくれるので、部屋干しが多い人にもお勧めです。

洗濯槽のカビも防止してくれますよ♪

まとめ

いかがでしたか?

どれも同じ様に思える洗濯洗剤にも、得意不得意があります。

いつも同じ液体洗剤ばかり使い続けていては勿体ないですよ!

何となく洗濯機に洗濯物と洗剤を入れるのではなく、

「このシャツは真っ白に洗い上げたい!」

「お気に入りの服だから、優しく洗いたい♪」

という様に、どういう風に洗いたいか考えてみる事も必要ですね。

スポンサーリンク

衣類の種類や汚れ具合もきちんと把握して、その効果を十分発揮してくれる洗剤を選んでいけば理想の洗い上がりになるはずですよ♪(*^_^*)

綺麗に洗い上がった洗濯物を取り込むのはとても嬉しいもの。

毎日のお洗濯を楽しい時間にしちゃいましょう~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ