その洗濯物の洗い方間違ってない?基本知識を分かりやすく紹介!

天気の良い日は絶好の洗濯日和♪
洗濯物もよく乾き、気分もスッキリサッパリですね!(・ω・)ノ
でもちょっと待って~Σ(・ω・ノ)ノ!

その洗濯方法、間違っていませんか???

「洗濯なんて簡単簡単!!洗濯は洗濯機がやってくれるし、
ただスイッチを押すだけでしょ~!(*‘∀‘)」

確かに今は洗濯機も、全自動洗濯機が主流ですし、
「洗い」「すすぎ」「脱水」機種によっては「乾燥」まで、
すべて自動でやってくれるので、主婦にとっては大助かりですが、
さすがに洗濯物の汚れのチェックや、前処理・仕分けは、
やってくれませんよね~(^_^;)

しかしこの一手間が、とっても重要なんですよ!(`・ω・´)シャキーン

洗い方を間違えると、大切にしていた洋服が型崩れしたり、
色落ちやくすみの原因になる場合があります!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

最悪、洗濯で服が縮んでしまい、着られなくなってしまった!
なんて事にも・・・。(´Д⊂グスン

ここでは、そんな残念な事にならない為に洗濯物の基礎知識と、
洗い方のコツをご紹介しますよ~♪(/・ω・)/

スポンサーリンク

洗濯物でありがちな間違った洗い方とは?


まず、洗濯物を洗濯機に入れる時、
「一回で終わらせたいから、洗濯機に全部押し込んじゃおっと!」
な~んて事、していませんか?(/ω・\)チラッ

洗濯機の中が一杯になるまで、洗濯物を詰め込んで洗うと、
汚れ落ちが悪くなったり、脱水の際にムラが出来てしまいますよ。
それに洗濯物が絡みやすくなり、伸びや破れ色移り等の、
トラブルの原因になります。( ´゚д゚`)エー

洗濯機はメーカーにより、「○○キロで○○リットル」と、
洗濯物の量と水の量が決まっていますので、
洗濯機の容量を確認しておきましょう。
洗濯物は洗濯槽の7~8分目ぐらいを目安にしておくと良いですね。

次によくありがちなのが、既定の量より洗剤を多く入れてしまう事。
何となく沢山洗剤を入れた方が、汚れ落ちが良くなる気がしますが、
実は汚れの落ち具合は、ほとんど変わりません。(´・ω`・)エッ?

それどころか、すすぎが不十分になるので嫌な匂いの原因になったり、
すすぎの回数が増えるので、経済的ではないのですよ~(-ω-;)ウーン

かと言って、少なすぎても汚れ落ちが悪くなりますので、
洗剤に明記されている分量をきちんと守りましょうね!(・∀・)/ ハーイ

同様に柔軟剤も同じです。
良い香りや柔らかな洗い上がりを期待して柔軟剤を、
入れすぎてしまいがちになりますが、返って衣類の吸水性を弱め、
黒ずみの原因になる事もあるんです~。
こちらも適正な量を確認しておきましょう。(゚Д゚)ノ

忘れがちで失敗が多いのが、色物を洗濯する時です。
初めて洗濯する新品のジーンズや、濃い色の綿素材は、
ほとんど色落ちしますので、洗濯する際には注意が必要ですよ。

「お気に入りの白い服が、ブルーに染まっちゃった!」
と言う悲劇を防ぐためにも、少々面倒ですが色落ちしなくなるまでは、
単体で洗うのが無難です。
摩擦によっても色落ちするので、裏返しにして洗うのがおすすめ!
また色の濃い衣料は、目の細かい洗濯ネットに入れて洗うのも、
色移り防止に効果的ですよ。(*^_^*)

それでは、こう言ったポイントをおさえた上で洗濯物の、
基本的な洗い方を見ていきましょう~。(・ω・)ノ

スポンサーリンク

洗濯の基本知識を学ぼう!基本の洗い方やコツをご紹介!


では、洗濯機に洗濯物を入れる前に衣類の仕分けをします。
まずは、衣類の裏側についているタグを確認してみて下さい。

水洗い出来るか?塩素漂白出来るか?ドライクリーニングOKか?等、
その衣類の洗濯方法が表示されています。
場合によっては、クリーニングに出さなくてはいけない物もあるので、
家庭で洗濯可能かどうか、事前に調べておきましょうね( ゚Д゚)ゞ リョーカイ!!

次に洗濯物を汚れが酷い物と、軽い汚れの物に分けましょう。
一緒に洗うと軽い汚れのものまで、汚してしまいますよ!
お気に入りの洋服等は、出来るだけ洗濯による繊維の傷みも、
少なくしたいですしね!(゚д゚)(。_。)ウン

また、汚れが酷いものはあらかじめ下洗いしておくと良いですよ。
靴下の頑固な汚れや襟の皮脂汚れ、食べこぼしのシミ等は、
洗濯機で洗っただけでは、なかなか落ちませんからね~(ヾノ・ω・`)ムリムリ

洗剤を直接汚れの酷い部分に塗り込み、しっかり洗ってから、
洗濯機に入れましょう!
襟や袖口の皮脂汚れは、意外にも台所洗剤を使って、
つまみ洗いすると良く落ちますよ!( ̄ー ̄)bグッ!
下洗いした後は、普通に洗濯しましょう。

酷い汚れは、温かい湯で洗うと落ちやすいので、
下洗いはお風呂後の残り湯で、まとめて洗っておく!
と言う手もあります。
経済的にも◎でおすすめですよ~♪

衣類のデザインや形状に合わせて、洗濯ネット等も、
上手く利用していきましょう。
ワイヤーの付いた下着や、ビーズやリボンが付いたデザインのものは、
ネットに入れて洗濯する方が安心ですね。ε-(´∀`*)ホッ

ネットに入れる際は、ボタンやファスナーは閉めて、
汚れが外側にくるように畳んで入れます。
色が濃い目の衣料や、プリント・装飾のあるデザインは、
裏返して入れるのがコツですよ!

何かと便利な洗濯ネットですが、詰め込み過ぎには要注意!!
汚れ落ちが悪くなったり、シワの原因になりますからね~。

準備が整ったら洗濯機に洗濯物を入れます。
大体、通常コースで洗う事が多いと思いますが、
衣類の汚れ具合や、生地の種類によって洗い分けるのが、
洗濯上手ですよ♪(・∀・)イイネ!!

なるべく衣類にダメージを与えないように、
汚れの軽い物やデリケート衣類等は、短時間コースや、
手洗いコース等も使い分けてみましょう。

沢山時間をかけて洗えば、キレイになると思われがちですが、
実は10分も洗えば十分汚れは落ちるんです!
それ以上は衣類を傷めたり、洗濯の水で逆に衣類を、
汚してしまう事もあるんですよ~。Σ(゚Д゚;エーッ!

衣類への負担が減れば、お気に入りの服も、
長持ちさせる事が出来ますね♪( *´艸`)

すすぎの回数は、エコを意識して1回でOKと言う、
洗剤も多いですが、1回では十分にすすぎが出来なかったり、
洗濯槽の黒カビやヌメリの原因になる事もあります。
出来れば、すすぎ2回がおすすめです!( ゚д゚)ウム

洗濯が終了したら、洗濯機に洗濯物を長時間放置せず、
すぐに干しましょう。
長く放置すると雑菌が繁殖し、臭いの元になりますからね!

洗濯の基本的な洗い方、いかがでしたか?
普段何気なくする洗濯でも、ちょっと気を付けるだけで、
洗い上がりや、衣類の傷み具合にも随分差が出てくるんですよ♪
是非明日からの、お洗濯の参考にしてみて下さいね♪(*^_^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ