結婚式の断り方はどうしたら良いの?ベストな欠席理由や返信をご紹介!

結婚式は新郎新婦にとって、おめでたい晴れの舞台。

結婚式に招待されたら、心から二人の門出を祝福してあげたいものです。

しかし、
「何年も会わず疎遠になっている友人から、いきなり結婚式の招待状が届いた・・・。」

なんて経験はありませんか?( ´゚д゚`)エー

これは一番戸惑ってしまうパターンですよね~(-ω-;)ウーン

「友人とは疎遠だったけど、お祝い事は大好きだし、もしかしたら新しい出会いも期待できるかもしれないし♪(。・ω・。)ノ♡」
なんて感じの人は、出席してお祝いしてあげても良いですね。

でもいざ出席となると洋服やら靴やら、何かと準備も大変ですし
ご祝儀だって必要になります。

「そもそも何で私?もしかして人数合わせ?」

と言う思いがふと頭をよぎる事もあるでしょう。

一般的に結婚式の招待状は、2か月前位には発送されます。

招待状が送られてきたのが、1か月前だったよと言う場合は
人数合わせと言う可能性が高いかもしれませんね~(* ̄- ̄)ふ~ん

今後、お付き合いの予定がなく顔を合わす機会もほとんどないなら、
欠席しても問題ないと思います。

とは言うものの結婚式はおめでたい事ですから、
なるべく先方の気持ちに配慮して上手にお断りしたいものですよね。

ここでは、結婚式を欠席する際の上手な断り方と
招待状を返信する時のマナーをご紹介したいと思いますよ(・∀・)/ ハーイ

スポンサーリンク

結婚式、どう断る?上手く理由をつけて欠席したい!

「そんなに親しい訳でもないし、正直行きたくないな~(´・ω・`)」

そう言う相手から、結婚式のお誘いもあるでしょう。

いくら招待を受けたからと言って、心からお祝いしたいと言う
気持ちになれなければ、無理して出席する必要はないんですよ。

しかしお祝い事を断る場合には、やはり理由を伝えなくてはいけませんね。

ストレートに行きたくない旨を言ってしまうと、相手を傷つけてしまいますし、
お祝い事に水を差す事になりかねません。(´・ω・)スマソ

お断りする時は、仕事で忙しいからとかお金がないから不参加、
と言う理由はNG
ですよ。

また、身内に不幸があった場合等は、一般的に喪が明けるまで
慶事を避けるのが慣わしです。

友人との関係性によっては、電話やメールで正直に伝えてもいのですが、
返信はがきには忌み言葉はNGですので、
「やむを得ない事情により」等の一文を入れておきましょうね。

結婚式の上手な断り方の理由としては、

「どうしても都合がつかなくて・・・。」

「予定が重なっていて、残念だけど参加できない・・・。」

等と欠席理由をぼかして伝えると角が立ちませんよ。(。-人-。) ゴメンネ

あくまで「やむを得ない事情があって」と言う事を強調しましょう!

「法事と重なってしまって」「親戚の結婚式と重なった」等も、
欠席の理由にあげる人が多いです。

法事・親戚の結婚式、これはもう結婚式を断る理由の鉄板ですね!
どちらの理由も無難なところだと思います。

余程、詳しい事情などは追及されないでしょう。シーッ! d( ゚ε゚;)

招待状の返信のタイミングやマナーは?

さて、結婚式の招待状を受け取って、欠席する事を決めたら
早目に電話連絡しておきましょう。

スポンサーリンク

曖昧な返事をしたり、返信が遅くなったりするといつの間にか
出席するものと思われ、正式な招待状が届いてしまったなんて事にも
なりかねません・・・。

まずは招待してくれた事へのお礼を言い、欠席の理由を伝えます。

そして数日、日にちを空けてから返信はがきを送ります。

実は招待状を受け取ってすぐ欠席の返信をするのは、
最初から出席するつもりがなかった、という事を思わせるので
失礼にあたってしまうんですよ~。( ゚Å゚)ホゥ

だからと言って、あまりに遅すぎてもいけないので
1週間以内には返信するのがベストですね!’`ィ (゚д゚)/

それでは、招待状の返信はがきの書き方を簡単にご説明しますね。

ペンは、黒の毛筆(筆ペンなんかもOK)か万年筆で書くのが、
本来のマナーですが、使い慣れないとなかなか上手く書けないもの。

丁寧で綺麗に書く事を心掛ければ、ボールペンでも大丈夫です。

ボールペンでも、細字のサインペンや水性ペンを選ぶと良いですね。

字を書く時に、一番気を付けたいのは黒色で書くと言う事です。

不祝儀を表すグレーや、カラフルな色は避けましょう。( ゚Д゚)ゞ リョーカイ!!

次に欠席する場合のはがきの表面・裏面を見ていきますね。(・ω・)ノ

郵便はがき(表側)の宛名で、○○○行と書かれている「行」の部分を、
二重線で消し「様」に書きかえます。

郵便はがき(裏側)の「御欠席」部分の「欠席」だけを丸で囲み、
「御」の部分を二重線で消します。

同様に「御出席」を二重線で消し、「御住所」の「御」の部分と、
「御芳名」の「御芳」の部分を二重線で消します。

また、二重線で消すかわりに、赤や朱色のペンで「寿」と言う字を、
上から被せる様に書いて、消しても良いんですよ!

「寿消し」と言われていますが、相手にお祝いの気持ちを、
伝えるために使われます。

「寿」の文字が綺麗に書ければ、ちょっとワンランクアップの
返信はがきに見えますよね♪( *´艸`)

はがきの空きスペースには、結婚のお祝いの言葉と
欠席の理由を書き添えて下さい。….φ(・ω・` )

法事や病気等、不幸を連想させるような欠席理由の場合は
あえて言葉をぼかして書きましょう!

「あいにく都合が付かず・やむを得ない事情により」ですね。

出席したいのだけど、どうしてもいけない・・・と言う事を
感じさせるのがポイント!

また、文中にはお祝い事にはふさわしくない「忌み言葉」や「重ね言葉」
を使わない様に注意しましょう。(´゚д゚` )アラマァ

忌み言葉は

「別れる」「切れる」「終わる」「壊れる」「おしまい」

重ね言葉は

「再び」「重ねて」「たびたび」「くれぐれ」「次々」

ここにあげた言葉は一例なので、メッセージを書く時は十分、
気を付けて下さいね。

そしてもう一つ、文字を書く時に大切なのが句読点を使わない事です。

「結婚に終止符を打たない様に」と言う理由から
お祝い事には句読点を打たないんですよ。

なんとまあ、日本人の心配りの細やかさが表れていますよね♪(・∀・)イイネ!!

結婚式の上手な断り方と欠席の返信マナー、参考になりましたでしょうか?

欠席する場合でも大人のマナーとして礼儀は尽くしたいもの。

・電話での返事は迅速に

・欠席理由は言葉をぼかして

・お祝いの気持ちを忘れず伝える

これが円満に結婚式の招待をお断りするコツですよ!

きちんとマナーを守ってお断わりする事が出来れば、
欠席する事になってもお互い不快な思いをせずに済みますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ